28歳女 だらしがない父と縁切り

私は28歳の女です。

現在はエンジニアとして働いています。

今年になって実の父親と縁を切ることに成功しました。

縁を切った理由は父のだらしの無さに愛想が尽きたからです。

元々お金と女性関係にだらしがなかった父だったので、母はいつも大きなストレスを抱えていました。

子供ながらに「お父さんってどうしようもない人だな…」と思ったことは一度や二度ではありません。

しかし、去年頃から私の方にも直接的な被害が及ぶようになっていきました。

「5万円でいいから貸して欲しい」、「借りたお金はすぐに返す」などといったLINEが頻繁に送られてくるようになったのです。

はじめは渋々お金を貸していた私ではありましたが、どうやら父は私が貸したお金を娯楽に費やしていたようでした。

一度私の方から父に対してきつい言葉を浴びせたこともありましたが、父は開き直ってしまって反省の色が見られませんでした。

しまいには、「家族なんだから困ったときはお互い様だろ!」という始末です。

そのときから私は父と縁を切ることを決心し始めました。

とはいえ、私は父に対して感謝の気持ちもあります。

私が当時付き合っていた彼氏とトラブルになったときに間に入って問題を解決してくれたり、私が病気になって入院したときは仕事から真っ先に駆けつけてくれたこともありました。

父は私の名付け親でもあります。

今の私がいるのは父のおかげでもあることは間違いありません。

なので縁を切ることについては多くの葛藤がありました。

しかし、いつまでも私が父を甘やかしてしまうのは本人のためにもなりません。

私は心を鬼にして父から距離を置くことにしました。

とはいえ、父には何もいいませんでした。

父を目の前にしてしまうと決心が揺らいでしまうと思ったからです。

なので私は行き先を告げずに引越しをして、消息がわからないように連絡先を消すことにしました。

今父がどうしているのかはわかりません。

ただ、後悔は不思議とありません。

お互いのためにも良い選択だったと心から思っています。