28歳女 18歳の頃親友が姉の旦那と不倫をして縁切り

初めまして。

28歳既婚者妊婦です。

もうかれこれ10年前の話にはなりますが、未だに煮え切らない怒りを未成年時代に経験しましたのでご紹介します。

こんなにも昼ドラか!とまで思うような経験をひたのは初めてです。

その子(以下、Aとします)との出会いは、幼少期。

小学校の頃からバスケットをしていたので、顔見知りでした。

Aの父親は教師で私の中学の頃のクラスや部活動の恩師でした。

そんなこともあってか、Aとは深く関わるようになり、高校で初めて同じ学校になり、もちろん同じ部活。

何でも相談できる親友としていつも一緒にいました。

試合の打ち上げや宴会の出し物では2人で余興をしたり、楽しいことを一緒に過ごし、高校生活ってこんなに楽しいんだ!と謳歌している自分がすごく嬉しかったのを覚えています。

大切な友人は家族と同様だし、自分の家族とも仲良くなってほしい。

そんな思いから、私の姉家族と一緒にご飯を食べたり、近所の体育館でスポーツをしに行ったりなど、家族と関わる時間が増えました。

姉の旦那さんはひょうきん者で、面白いこと、楽しいことが大好き。

Aもイジられキャラだし、フィーリングが合うんじゃないかと思っていました。

Aも姉の旦那も意気投合し、会う度にお互いふざけあって楽しんでいました。

そんなある時、姉旦那から「Aにブラックメールしてみんや?」とのお誘い。

当時、某番組での人気企画。

名前を伏せていきなりメールを送って驚かせるみたいなドッキリ企画。

私も当時はその番組も好きだったし、何よりAの反応が楽しみすぎてノッてしまいました。

結局、「は?誰!?」みたいになって、その場は「私の姉の旦那でした~」チャンチャン!で終わったんです。

終わったはずだったんです。

私が甘かった。

安易すぎました。

数日後、姉から「Aと縁切りな。

あいつと旦那、デキとるけん!」と。

いきなり姉からの衝撃告白を受けて、思考がフリーズしました。

でも、なぜかその時はAを信じて「何かあれば言ってきてくれるはず。

」とAからの言葉を待っていたのと、親友の家族を壊すようなことはしない!となぜか前向きに考えていて、全く姉の忠告を信じませんでした。

姉は、寝てる旦那の手元にあった携帯が開いたままで、Aからのメールが表示されており、ハート付きの文章が送られていたのをみてしまった、と。

姉は直接Aに電話して、真相を聞いたらしいけど、「ふざけてしました。

すみません。

」と言われた様子でした。

それを聞いて完全に安心しきってしまいました。

それが運の尽き。

それから高校を卒業した頃、姉から連絡がありました。

「Aからのラブレター見つけた。

あんた、ホントにあの2人デキとらんと思ってたの?」と。

旦那の車内からAからのラブレターを発見した姉。

その内容を見れば、「今日で6ヶ月記念日だね。

」と、交際していたことも判明。

旦那は、時々夜運動しに行くから、と出て行ったりしていたらしいですが、その時Aに会いに行って体の関係を持っていたそうです。

しかも、2人が出会ったのは高校2年の冬。

関係を持ったのは高校3年の夏。

私は1年以上、全然わからずAにも旦那にも接していたんです。

しかも、当時高校生の時からそれを知っていた周りの友人。

みんな、私に言えず、学校でもずっと可哀想な目で見ていたそうです。

全然知らなかった。

そんな目で見られていたことも。

むしろ、そんなこと周りに一番知られてほしくなかった。

ただ、後悔しかしませんでした。

家族に合わせなければ。

既婚者に易々と連絡先を教えるなんて、バカすぎる!高校を卒業してからAは県外に行ったし、私は県内外の専門学校へ進学。

なかなか会えなかったのでまずはメールで「姉の旦那と関係あったのってホント?」と、送りました。

どうか嘘であってほしい。

の願いは叶わず、「ごめん。

」の一言。

灰になりました。

心はズタボロ。

こんなにも裏切られたことがショックすぎて、その日の記憶なんてない。

学校から帰って夕方姉に電話してワケを話して、同時刻に私はA、姉は旦那とバトることに。

「まず何も言わないから、ホントの事言え。

」冷たくあしらいました。

「だんだん接していくうちに、お姉さんの旦那さんという存在から、好きな人に変わりました。

」と。

「は?それで?どこまでいったと?」この時の私は、好きになるのもいけないけど、そこまでならまだ許せるかな。

と寛大な心でいようと決心していました。

どうか、どうか気持ちだけであってほしい。

そんな願いでAの答えを待ちました。

「体の関係までいきました。

」はい、もうここで私の糸がプツりと切れました。

「お前まじナメんなよ!どんだけこっちは最後まで信用しとると思いよっとや!殴りたい!てか、もう気持ち悪いけん縁切るから!」ブチっと電話を切ってそのままAとの縁を断ちました。

その事を姉に報告すると、旦那は「体の関係はない」としらを切っていたそうです。

どっちもクソだなと思いました。

結局、それから10年経った今、姉は旦那と離婚して子供3人を連れてシングルマザーとして過ごしています。

旦那はあの後も不倫を繰り返し、不倫相手を妊娠させたんだとか。

それが決定打で離婚したんですけどね。

やっぱ、繰り返す人は繰り返すんですね。

私はAとは何の接点もないですが、高校の集まりとか結婚式とかでは会います。

この前なんて、「久しぶり」と普通に話しかけてきたのにはおどろきました。

私にはこの件に時効なんてありません。

一生許さない。

やっぱり、家族内でもトラブルがある時代なんです。

自分が信じる人はとことん信じてあげるべきだとは思います。

信じてほしければ、まずは自分から信じなさいということですよね。

けど、人は嘘を付ける生き物。

ということは心の片隅に置いて生きて行くこともオススメします。