50歳女性 兄姉との縁を切りました

50歳の独身女性です。

結婚歴もなく、もちろん子供もいません。

何度か転職歴もあり、現在はアルバイトで一人で暮らしています。

これだけ見ると、孤独で寂しい人生と思われるかもしれませんが、自分のお金は全て自分の為だけに遣えて、友人もおり、それなりに楽しくやっているのです。

私は4人兄姉の4番目、末っ子です。

高校までは随分、兄姉にイジメられて、同級生の友人が兄弟と一緒に仲良く下校する様子を見て、「ありえない」「兄や姉が優しいとか、そんな事ある訳ない」と思い続けていました。

高校を卒業して就職しましたが、給料の半分は姉に持っていかれました。

量生活でしたから、どうにかやってゆけましたが、同僚が「飲みに行こう」と誘ってきても、断るばかりでした。

20歳の時に母親が病気で亡くなり、これで兄姉とは付き合わなくて済むかなと思っていましたが、「血は水より濃し」、そう簡単には行かず、「お父さんが寂しそうだから、旅行に連れていってあげたい」「お父さんが弱ってお風呂をリフォームしたい」等など、毎月の給料の大半を実家に持って行かれました。

今の年齢なら、別の対応ができたと思いますが、まだ20歳そこそこの私は、言われるままに従う術しか持たず、毎月、寮までお金を取りにくる兄姉に私続けました。

父親が亡くなったのは33歳の時。

それまで私の状況を見ていた会社の方が、アドバイスをしてくれました。

「離籍届というのがあるよ」。

戸籍を生まれた家から外して、自分個人の戸籍を作る事ができると話してくれました。

会社の方は、それまで自分が口出しする事ではないと見て見ぬふりをしていたのですが、ご両親も亡くなったのだし、もういい加減、縁を切った方が良いよ、と言ってくれました。

実は、それまでにも度々、縁を切りたいと思い、踏ん切りがつかないまま、ずるずると来てしまった感があり、誰かに背中を押して貰えたら、と、その時を待っていたような気がします。

戸籍を外しても兄姉と完全に他人になる訳ではなく、一応、横の繋がりは残るという事でしたが、それでも「親の法事のお金」「実家のリフォーム」などを言われても全くの無関係という事でした。

少し人に道に反しているのかなという後悔はありますが、それでも縁が切れた事にはほっとしています。

世の中には、同じように兄弟間の金銭トラブル、兄弟の素行不良などで迷惑を被っている方がいると思います。

戸籍情、法律上、縁を切る事は可能です。

自分自身の人生が蝕まれる前に必要だと思います。