体験談

41歳、女、カードキャッシング

 仙台市に住む主人と子供2人の主婦です。
 市内のそれほど離れていない所に実家があり母親が1人で住んでいました。その母がちょっと前ですが、目を悪くし、入院して手術をすることになりました。そしてその費用を出して欲しいと電話がきました。本当に急な話でした。当時パートを始めたばかりで蓄えもなく断りたかったのですが、私しかいないと泣きつかれなんとか工面するしかないなとあきらめました。本人もまとまったお金はなかったようです。
 本当にどうしようかと思いました。入院、手術でいくらかかるのか全く分かりません。親にも腹が立ち、なぜ少しでもいざという時のために貯金しておかなかったのか、と問い詰めても「こんなことが起きるとは思わなかった」の一点張りで話になりませんでした。
 結局、トータルで50万ほど用立てたでしょうか。カードで借りました。キャッシングです。主人にもいえないので、これしかありません。すごく気が重くいやだったです。親のせいで借金しなければならないなんて。月々2万5千円の返済です。これがギリギリ、やっとです。幸い、パートの時間とかも増やすことができ、親からも毎月少し返してもらうことが出来たので、何とか返済できました。
 今思うと、やはりこういう場面では自分が借金するべきではないなと思います。他人になんと言われようが、親の事は親本人が解決するべきだったのではないかと思います。あのお金があったらなあと今でも思いますし、お金のうらみで(?)親に対する見方が全く変わりました。それに私も安易にキャッシングしないで、どこかに相談すればよかったのだと思います。それもとても重要だったと思います。これからもし、どうにもならない理由とかが出来て、お金を工面しなければならなくなった方には安易に借金をせず、どこか相談するところがあればそこにまず相談するべきだと思います。またカードでお金を借りるのはものすごく簡単ですが、利子がすごいです。
 ちなみに余談なのですが、親は高額医療費の申請を後日出してたらしく、お金はかなり戻ってきたようでしたが、ちゃっかり自分の物にしていました。