体験談

34歳 男 急な免許費用の借り入れで親に無利子で借用

■私が実践した急な出費をどのようにして工面したかによる体験談につきまして

私が、実践しました急な出費を工面した方法についてですが、私は、急な出費としましては、やはり免許費用でした。これまで私は、機械分野の技術職で従事してきましたが、やはり転職を考えました際に、急な出費としまして、免許費用が必要な状況になる形でありました。その費用としましては、大型特殊免許に係る費用や大型一種免許でありましたり、大型二種免許の費用でありました。どれも、高額で特に二種免許につきましては、もう一度教習所に入り直す形で一から資格を取得しなければならない形でありましたので、一から入校するという形で非常に費用がかかる形でありました。そこで私が急な費用を工面する方法として活用した内容としましては、一番有効的な方法としましては、親に頼れるのであれば、一時期に親に頼らさせてもらう形で、大型免許に対する費用を一時的に負担してもらうと言う形でありました。やはり、カードローンや金融機関で借りますと金利が非常に高い形であり、更に返済に困る形になるのは明白でありましたので、親から借りることを優先させる形で動くような形にしました。親子同士でもやはり、高額な金銭の貸し借りになりますと、さすがに親もうんとわ言いづらかったらしいので、親に返済すると明記した形で借用証明書を親に提出する形で、運転免許費用を借りることができました。私は大型二種免許を必要としていたのですが、普通自動車免許のみしか取得していない形でありましたので、大型一種免許費用の20万円と更に大型一種免許が合格したと言う形になる上での大型二種免許の費用と言う形で、更に30万円を借りる形になりました。また検定料や諸手続きのこともありましたので、更に10万円借用する形で合計で、60万円親に借金する形になりました。やはり無利子であり、免許を取得後につきましては、計画立てて親に返済することができましたので、非常に良い形で、借り入れから返済までスムーズにできました。