縁を切った体験談

目次

47歳 女性 ダメ夫と縁を切ってスッキリ

バツ2子持ち女です。1歳10ヶ月の子供を抱えた状態で縁を切った話です。
今から16年前のまだまだ雪が残る寒い時期、ダメ夫と縁を切るため離婚届を人質に夫を家から追い出しました。結婚して一ヶ月目のある日のことでした。

いつものように仕事から帰ってきて突然、「今日で会社を辞めてきたから」と。あまりに突然のことで絶句したまま何も言えないし詳しい理由を聞くことが出来ませんでした。家事をしながら出来る限りの冷静さを装いながら夫に突然会社を辞めた理由を聞いてみました。

すると、前々から自営業をやってみたかったと思っていたこと。そのためにどうすればいいのか調べて事前準備をしていた事など、今思えばかなり饒舌に語られたなぁと。夫はお世辞にも話し上手ではなく普段はどちらかと言うと静かな感じなのでこれからの自営業へのプランを聞いたときは圧倒され反対することも出来ませんでした。しかし、現実は甘くなく夫のプラン通りには上手く事は進みませんでした。

なかなか売り上げも上がらず、たまにちょっと良いと売り上げを使い込みしたり。結局業者への支払日には赤字で支払いが出来ず借金したり私が会社勤めして稼いだ給料から支払ったり。そんな状態が数ヶ月続いて私の気持ちもお金も限界を迎えてしまい夫に自営業を辞めて新しい別の仕事をするよう頼みました。

夫も理解してくれて色々な会社に面接に行ったりして就職活動をしてくれました。でもなかなか就職が決まらず夫の気持ちもふて腐れて家でダラダラ過ごし始めました。私は出産後1ヶ月で仕事に復帰しました。まだ子供は産まれたばかりで預ける所もなかったのでしばらくの間私に代わって夫が育児をしました。

子供の世話もわりと頑張ってやってくれていたので、私が働き夫が育児でもいいかと思いました。しかし、女の私一人の収入では限界があるので子供が託児所に入れる1歳になったとき思いきって託児所に預けて夫にも再度就職をしてもらうようにしました。何社か面接に行きましたがどこも採用にならず。

またふて腐れ。私は夫と子供との生活を守るため必死で働きました。私は必死で働いているのに夫はパチンコに行ったり、たまに就職が決まって行き初めても自分には合わないと3日位でせっかく決まった仕事を辞めてきたり。夫を支えたい、生活を守りたい、もう別れた方が楽なのかも、色々な想いが毎日ぐるぐる回っていました。

辛くてしんどくて、そんな毎日のある日事件が起きました。家賃を払う予定で家に置いてあったお金を全部パチンコで夫が使ってしまったことです。

この件で私の中で我慢し続けたものが一瞬で弾けとんでしまいました。夫を許す事が出来ず、夫に家を出るよう告げました。私は最後の賭けのつもりで夫に、家を出る時は住み込みで働ける仕事を決めてから行って、そこできちんと働けたらまたやり直そうって。だから念のため離婚届を書いてから行って、きちんと出来なかったら私が離婚届を提出しますと。

頑張って貰うために書いてもらいましたが…やっぱり予想通りすぐに仕事を辞めて、転々とし始めました。夫に電話して約束通り離婚届を提出しました。

夫は私が離婚届を提出してからも何度かやり直してもらいたいから頑張ると電話して来ていましたが、そのうち連絡が来なくなり私から電話しても携帯も使われてないの案内にかわり連絡が取れなくなりました。

夫を支えたいと、生活を守りたいと一生懸命働いた私、あの時私が頑張り過ぎず夫が頑張れるよう頼っていたら、違った結果になっていたかも知れません。子供は私が育て、もう17歳になりました。父親の顔も何にも覚えてないそうです。会いたいとも思わないそうです、理由は今、幸せだから必要ないと。子供のこの言葉を聞けて私も今、とっても幸せです。

32歳女 古くからの知り合いと距離を取った話

あなたには古くからの知り合いはいますか。

私は今30代の主婦なのですが、小学校くらいからの知り合いがいます。

小学生から中学生までは同じ学校で、高校は別でしたが、よく駅で顔を合わせていたので、時々話したりする仲でした。

私としては、その頃は仲がいい友達というように思ってはいたのですが、高校卒業してからは滅多に会うことがなくなったので、疎遠になってしまった人というように思っていました。

社会人になって、その人と共通の友人から遊びの誘いが来ました。

久しぶりに中学時代の同級生で集まらないかというもので、予定もなかったのですぐにOKしました。

そして、久しぶりに同級生と顔を合わせたその場に例の人がいて、この時久しぶりに話をしました。

お互いに新卒で入った会社は退職して、転職した経験を持っていたので、いろいろと話が合い、懐かしさもありまた今度食事にでも行こうという話になりました。

この時は彼女と話をしていて昔に戻ったような感覚がありました。

しばらくして食事の誘いがあり、夕飯を一緒にしました。

この時に、彼女と話をしていて、なんとなく「嫌」だなと思ってしまいました。

昔のノリで話をされていたので、私としてはそこに違和感がとても強く感じてしまったのです。

また今度遊ぼうと言われ、あまり気乗りしませんでしたが、遊びに行くことになりました。

食事の時に感じた違和感は気のせいだったかもしれないと思ったからです。

でも、やはり二人でショッピングをしていても、彼女が昔のまま変わらないノリで接してくることに違和感を覚えました。

理不尽かもしれませんが、結局この違和感がどうしてもぬぐえ切れず、彼女からどんどん距離を取るようになりました。

この頃は、何て私は悪い奴なんだろうと思っていました。

一方的に距離を離して、相手はどう思っているだろう?と感じました。

ただ、昔のノリで話をしないでほしい、接しないでほしいと言ってもおそらく伝わらないだろうなと思い、少しずつ関わる機会を失くしていくことしか私にはできませんでした。

今はもう全く連絡を取らないので、相手のことは分かりませんが、無理に昔の知り合いに合わせることがなくなり本当にすっきりしています。

確かに昔は友人と思えましたが、大人になったら関係性は変わるものだと思います。

残念ながら距離を取ることになりましたが、結果としては私は良かったと思っています。

もしもあのまま違和感を抱えながら遊びに行ったり、食事をしたり過ごしていても楽しいと思えないし、無理に合わせていることで相手のこと嫌いになっていたと思います。

昔から知っているからこそ罪悪感もあり、距離を取ることは躊躇しましたが、思い切って距離を取って良かったです。

33歳 女 義妹との疎遠でほぼ絶縁

縁を切ったというところまでいっていないかもしれなのですが、個人的にはもう縁がないな、と感じる話です。

まず縁を切ってしまったと思う相手なのですが、それは夫の妹さんです。

もともと、夫と結婚したとき、妹さんは独身で、20~30分程度離れたところに住んでいました。

結婚した当初と言うこともあって、年も近かったため、仲良くなれたらいいな、という気持ちはすごくありました。

その当時は、家に招いて、晩ご飯を食べたり、何か事情があって家に帰れなくなった際には泊めてあげることもありました。

その妹さんも、少したって結婚することになり、結婚式にも呼ばれました。

また、妹さんの旦那さんとも出かけたいね、とかメールで話したり、夫の両親との食事会や、妹さんの旦那さんのご両親も含めての食事会にも年に一度ほど誘われ、数年は仲良くさせていただいていたと思います。

ただ、子供が生まれてからは、あれ、変だな、おかしいぞ、と思うことが増えました。

きっかけに過ぎないのかもしれませんが、まずは、私たち夫婦に初めての子供が出来たときのことです。

夕方、妹さんが突然電話をくれ、お祝いを持ってきたから受けとってっと言うのです。

妹さんだけ出来たのかな?、と聞いてみると旦那さんと来たといいます。

そこで、旦那さんは来ないの?、と聞くと旦那さんは車で待っているそうで、こじれてしまう前なのでそこまで変には思わなく、そこは納得したのですが、後々思うとここも変なんです。

縁切りでしたら、こちらの縁切り体験談も参考になります。

普通、義理の家族にもなるので子供が生まれたら会えるなら顔を見てお祝いを言ってもいいと思います。

そこを機に段々と妹さん、含め妹さん夫婦と不仲になっていきます。

そうはいっても、こちらとしては、まだ仲がいいと思っていましたので、妹さん夫婦に子供が生まれた際にはお祝いを持って会いにいったり、何でもない日に子供の成長を見に行ったりもしました。

そんな風にこちらからはアクションを起こして、なるべく会おうとしていたのですが、私たち夫婦に二人目が生まれた歳のことです。

生まれたら会おうね、というような話になっていたのですが、お祝いは現金の郵送で終わりました。

その時に、ああ、価値観が違うな、しんどいな、と感じるようになりました。

そこから、もう疎遠というか絶縁のような関係です。

夫が連絡しても返事がないこともありますし、妹さん夫婦の二人目が生まれた歳のお祝いも手渡しできず、結局宅配です。

いつか会った日がどんな風になるのか見当もつきませんが、まあ、しばらくは絶縁継続で、それぞれの生活で頑張ればいいか、と思っています。

31歳 慰謝料などもういらない!縁を切ることでスッキリ!

これからする話は、嘘のような本当の話。

私が24歳から31歳になるまで、7年間付き合っていた男性に、実は奥さんが居たということが別れてから発覚したという大事件が起きたの半年前。

この時点で結構パンチの効いた話だとは思いますが、実はこれには続きがあります。

奥様が居たということは風の噂で聞いたのは、前述したとおり彼と別れてからすぐでした。

遠距離恋愛だった彼とは、会う頻度も二週間に一度ほど。

確かにお互い浮気相手だったとしても、どうにか頑張れば嘘をつける付き合い方だったかもしれません。

しかし、不器用そうに見えた彼にまさかそんな大きな嘘がつけるわけない!と、その噂話に対しても半信半疑は私。

しかし、後々彼の周りの友好関係を掘り下げるほどに、それが真実だという確信を得ることになりました。

その後、「別れた後だからといって泣き寝入りするのはおかしいよ!」「いかなる形かできちんと謝罪させた方が良い!」とたくさんの人に焚き付けられた私は、真実を知っても尚口を閉ざしているあいつにとって都合の良い女にはなりたくない!と思い、真実のほどを暴露させ、そしてきちんと謝ってもらおうと行動しました。

弁護士曰く、法律上、いくら自分が知らなかったからといってやはり私は単なる浮気相手。

奥様の立場のほうが確実に強いし、裁判などおこしても費用をペイできないだろうとのこと。

正攻法で攻めると損をすると踏んだ私は、彼の周りの知り合いに協力してもらい、彼をギャフンと言わせることに。

しかし結果は意外にあっけらかんとしたものでした。

別れて1ヶ月が経った頃、彼に直接電話をかけ、その様子を全て録音しました。

意図的に奥様の存在を隠し、私をだまし続けて付き合っていたこと、おまけに指輪まで渡してきたり、プロポーズまでしてきたこと。

全部どういうつもりだったのか説明させました。

そして「今さら情も何もないのでお金で解決してください」と言い放ちました。

彼も、この事態がまわりにバレるのが怖く、ましてや奥様にバレるのも怖かったのでしょう。

毎月10万円ずつ慰謝料として私に振り込むと宣言。

最初の2ヶ月は、約束通り振り込まれていました。

しかし、私としては新たな問題が。

通帳に振り込まれることで、彼の名前を毎月確認するという作業が増えました。

2ヶ月目に突入し、きちんと名前の刻まれた通帳をみて、ふと「いつまでこうやって彼の名前をみる羽目になるのか」と不安になりました。

お金を振り込まれることで、何だか彼に縛られているような気にもなる。

そんな10万円に、何だか損しか感じなくなったんです。

馬鹿馬鹿しい!もう次の恋愛をしよう!全部忘れよう!そう決心し、彼に「今後振込は結構です。

これで本当に縁が切れます。

さようなら。

」と連絡しました。

その瞬間ふと肩の荷が下り、新しい恋への意欲がわいた気分がしました。

不必要な縁を切るって、こんなに気持ちいいんだと実感したエピソードです。

50歳女性 兄姉との縁を切りました

50歳の独身女性です。

結婚歴もなく、もちろん子供もいません。

何度か転職歴もあり、現在はアルバイトで一人で暮らしています。

これだけ見ると、孤独で寂しい人生と思われるかもしれませんが、自分のお金は全て自分の為だけに遣えて、友人もおり、それなりに楽しくやっているのです。

私は4人兄姉の4番目、末っ子です。

高校までは随分、兄姉にイジメられて、同級生の友人が兄弟と一緒に仲良く下校する様子を見て、「ありえない」「兄や姉が優しいとか、そんな事ある訳ない」と思い続けていました。

高校を卒業して就職しましたが、給料の半分は姉に持っていかれました。

量生活でしたから、どうにかやってゆけましたが、同僚が「飲みに行こう」と誘ってきても、断るばかりでした。

20歳の時に母親が病気で亡くなり、これで兄姉とは付き合わなくて済むかなと思っていましたが、「血は水より濃し」、そう簡単には行かず、「お父さんが寂しそうだから、旅行に連れていってあげたい」「お父さんが弱ってお風呂をリフォームしたい」等など、毎月の給料の大半を実家に持って行かれました。

今の年齢なら、別の対応ができたと思いますが、まだ20歳そこそこの私は、言われるままに従う術しか持たず、毎月、寮までお金を取りにくる兄姉に私続けました。

父親が亡くなったのは33歳の時。

それまで私の状況を見ていた会社の方が、アドバイスをしてくれました。

「離籍届というのがあるよ」。

戸籍を生まれた家から外して、自分個人の戸籍を作る事ができると話してくれました。

会社の方は、それまで自分が口出しする事ではないと見て見ぬふりをしていたのですが、ご両親も亡くなったのだし、もういい加減、縁を切った方が良いよ、と言ってくれました。

実は、それまでにも度々、縁を切りたいと思い、踏ん切りがつかないまま、ずるずると来てしまった感があり、誰かに背中を押して貰えたら、と、その時を待っていたような気がします。

戸籍を外しても兄姉と完全に他人になる訳ではなく、一応、横の繋がりは残るという事でしたが、それでも「親の法事のお金」「実家のリフォーム」などを言われても全くの無関係という事でした。

少し人に道に反しているのかなという後悔はありますが、それでも縁が切れた事にはほっとしています。

世の中には、同じように兄弟間の金銭トラブル、兄弟の素行不良などで迷惑を被っている方がいると思います。

戸籍情、法律上、縁を切る事は可能です。

自分自身の人生が蝕まれる前に必要だと思います。

50代 女性 兄夫婦と縁を切ってスッキリ

50代の主婦です。

結婚した当初から主人の兄夫婦と、上手くいっていませんでした。

そのうちに、兄夫婦が知らないうちに引っ越しており他の親戚だけ呼んで新しい家のお祝いを行ったことを知りました。

兄夫婦は、住所を教えてもくらず主人の親も引っ越したことは知っていましたが、どにに引っ越したか住所も知らないという状態が続きました。

それでも兄夫婦は、親とだけは連絡を取り合っていましたが我が家とは偶然スーパーなどで出会っても無視されるという状態が続いていました。

そのことが原因で主人とも何度も喧嘩になりましたが、何が原因で兄夫婦から無視されているのかも分かりませんでした。

そんな時に、主人の祖母から何故嫌われてしまったのかの理由を聞くことが出来ました。

兄夫婦には、女の子の子供しかおらず義父から跡継ぎがいないと言われたことがあったそうです。

その言葉で兄夫婦はかなり傷付いていたようです。

それなのに、我が家に生まれて来た子供が男の子でその子が生まれた時に、義父が跡取りが出来たと喜んだことでさらに傷ついたようです。

結局、うちに男の子が生まれたことが許せないのが原因だと聞かされて多少は、気持ちは分かる気がしましたがそれが原因で恨まれていると知り正直言ってショックでした。

結局、仲が悪いままの状態が何年も続き義父が亡くなって久しぶりに顔を合わせた時には少しは話が出来たのでこれで仲直りが出来るかと思いました。

しかし、今度は義父の遺産のことで我が家に男の子がいるから財産を狙っているんだろうと言われてしまい、それから大ゲンカになりました。

結局、均等に遺産は分割出来ましたがお互いに言いたいこと言い合って縁を切ろうと兄夫婦に言われてこちらも了承しました。

それ以来、兄夫婦とは二度と会っていませんが、ずっと仲の悪い状態でいた時よりも縁を切って気持ちは楽になりました。

例え、親や兄弟でも仲良くやっていけるとは限りません。

そんな時には、縁を切るのも一つの手段です。

無理をして付き合うよりも、楽になれます。

57歳 女性 親友と縁をきった

一年弱前に熟年離婚をした57歳女性です。

新しい生活のスタートにあたり、今年は様々なものと縁を切りまくってきました。

離婚によって、夫、そして夫の親兄弟と縁が切れたことは、本当にスッキリ爽やかで、こんなにも気分よく生活できるんだということを日々かみしめています。

未婚で子どもを産んだ娘と孫のサポートをしながら3人で同居していますが、娘も孫も、それぞれにいろいろなことがあったので、すべてリセットして、新しい土地で新しい生活を始めようということになりまして、数か月前に隣の県に引っ越しをしました。

30年近く暮らした場所を離れるにあたり、仲良くしていた友人関係も、ばっさりと縁を切ってきました。

一緒に旅行をしたり、ランチをしたり、愚痴を言いあう仲良しの友人が数人いたのですが、みんなそれぞれ年を重ねるにつれ、姑の立場になったり、ご主人と死別したり、いろいろな状況の変化によってものの考え方なども変わってきてしまって、私としては一緒にいても苦痛でしかない存在になっていました。

少しづつ距離を置くようにはしていましたが、その中の一人は、ものすごく世話になって、苦しい時にずいぶん助けてくれた人だったので、恩返しというわけではありませんが、感謝の気持ちをこめて、ずっと仲良く付き合ってきました。

もちろん、一緒にいてとても楽しい人だったから、20年以上友だち関係でいられ、唯一親友と呼べる人でした。

でも、その親友がご主人を病気で亡くしてからは、喪失感が強すぎたようで、心を病んでしまい、本人無自覚のうつ状態がずっと続いていました。

私は、世話になった人だし大好きな人だったから、出来るだけのことをしてきました。

でも、うつ状態の人と長く付き合うと、こちらも心が病みっぽくなってしまうので、元気でないと対応できません。

私が離婚で何かと大変な時期でも、毎日のように連絡して来て、彼女のことが負担になっていました。

なので、娘と孫も一緒に引っ越しという話が進んだ時は、これで自然に縁を切れると、嬉しい気持ちでした。

還暦まであと数年というこの年齢で、こんなに大規模な人間関係の断捨離をするとは、まったく予想だにしていませんでしたが、まったく後悔はなく、とても爽やかな気持ちで、心も軽くなったというのが正直な感想です。

親友という存在がなくなったけれど、寂しいとか、一切ないです。

離婚にしても、引っ越しによるリセットにしても、その場所で、その人たちのなかで、精一杯頑張ってきたという自信があるので、結果的には縁を切ったという表現になると思うのですが、私的には、卒業と捉えているので、次の新しいステージへ進むための区切り目という感じでしょうか。

逃げるための縁切りではなく、次へ進むための縁切りであると、考えています。

娘も職場を変え、孫も転校を初体験し、それぞれが今までの生活をリセットしての新たな生活は、大変なことも、もちろん山盛りあります。

でも、それぞれが縁を切って捨ててきた分、とても身軽になって、フットワークも軽い気がします。

新たなる良い縁を結べるように、前に進んでいきたいと思います。

23歳 女性 2人の好きだった人と縁を切った

私は現在パニック障害の治療に専念しながら、クラウドソーシングのお仕事をしている者です。

私の縁を切ってすっきりしたことは、私が短大生の頃の事です。

当時私は一人暮らしをしながら短大に通っており、アルバイトも頑張っていました。

そのアルバイト先にいた他の大学に通う男の先輩が、色々と優しくして下さっていて、私はその先輩が好きでした。

先輩から家に会いに来てくれたり、毎日LINEをしたりと、私もチャンスがあるかもと勘違いをしてしまう程でした。

ですが、ある日先輩には彼女がいると言われたのです。

とてもショックでした。

思わせ振りな態度取らないで欲しかったと、怒りさえ湧いてくるほどでした。

それ以来先輩から連絡が来ることは無くなりました。

とても寂しかったです。

その時期にたまたま近くの大学に通っていた中高の同級生の男子から連絡が来たのです。

最初はバンドという共通の趣味の連絡で、一緒にライブに行こうというものでした。

とりあえず1度会おうと言われて会ったところ、また次も会いたい、その次も…となり、頻繁に私の家に出入りし、身体の関係とまではいきませんが、恋人のようなことをすることもありました。

私ではなく相手から会いたいから家に行くと言われることがほとんどで、好意を持たれていると思いました。

私も会っていくうちにだんだん本気で好きになってしまって、会いに来てくれるのが嬉しくて仕方なかったです。

ですが、この彼も他に好きな人が居たのです。

なかなか会えない距離に居たようで、私は身代わりのようなものなんだなとその時察しました。

でも私は好きだったので諦めずに猛アタックしましたが、ある日突然彼の態度が180度変わり、LINEもとても冷たく、もう会いたくない行かない連絡も取らないと突き放されたのです。

私はわけがわからなくて、パニックになって嫌だ嫌だと連絡をしましたがもうブロックされてしまって手遅れでした。

2人も連続で相手のいる人を好きになって、都合良く利用されて、突然突き放されて…それでも好きな気持ちはすぐに消せなくて長い間毎日泣いて過ごしましたが、こんな男のために泣いてる時間がもったいないと思い、LINEもSNSもこちらからも全てブロックをし、2人との縁を完全に切りました。

縁を切って後悔したことはないです。

むしろ本当に良かったと思っています。

後に現在の恋人である彼に出会えたからです。

とても真面目で誠実で、私を大切にしてくれて愛情を注いでくれます。

今になって思うことは、あの時あの2人のどちらかとお付き合いをすることになっていたとしても、結局最後は傷つくことになっていたのだろうなと、そう考えるとそこまでの関係にならなくて良かったなと思います。

40歳 男性 母と縁をきりました

幼少のころから理屈の通じない母親に、父が他界してからは距離をとっていましたが、いよいよ縁を切る事に一昨年なりました。

問題行動を起こしますし、何より自分に都合よく記憶を作り変えてくるという人間性でした。

人間物事については道理を通したり、筋を通すというのは争いを避ける為にも必要ですし、肉親であろうともそうでなかろうともこれは大事な事です。

自分はやってもいいけど他人は駄目。

証拠を証明しても、身勝手な理屈でなかったことにするなどの行動は、周囲からすると迷惑ですし、納得など出来る筈もありません。

実は私はそうした事もあり20代で家をでましたが、これまで私に向いてきたそうした素行が、叔母にも向くようになったらしく決別した状態になりました。

実はこうした悩みを叔母にも相談していましたが、いよいよ自分の身に降りかかりとにかく相手にしないとか、距離を取るという事をするようになりました。

父が他界してようやく会う機会がありましたが、その後も距離を取り続けているようです。

確かに私からすると懸命な判断ですが、叔母からすると私になんとかしてほしいという事のようです。

母は自分の立場を正当化する為に、本人には全く認識がない事を回りに喧伝し回り、その人から叱責を受けるなどの話になっているようです。

聞いていてあーなるほどなと思いましたが、それは私が散々されてきたことです。

高校の学費もほとんど私がアルバイトで捻出しましたが、それを自分が出したと言い切りました。

証拠がないなどの理屈は、自分にとって都合よく解釈しているので、もうこれは一線を越えたと思い縁を切りました。

もっと早く切ってもいいとは思いましたが。

どうも相当甘やかされて育てられたらしく、わがままが大人になっても通ると思っているようです。

それを指摘すると、とにかく自分は素晴らしいのでそこを否定されると、癇癪を起し発狂し暴れるのです。

それが年老いても治りません。

もう関わりたくないのです。

48歳女性 自慢するママ友と縁を切りました

ママ友と縁を切ってスッキリしました。

A子さんは、子どもの自慢をする事、私と話した事を、別グループのママ友達に、私の情報を話してしまう所が嫌になり、縁を切りました。

A子さんとの出会いは、保健所の母子学級で知り合いました。

私とA子さんは家が近く、A子さんが運転する自動車で、保健所まで一緒に通っていたので、仲良くなりました。

A子さんは、その時、他の母子学級にも通っていて、別グループのママ達とも仲良しでした。

私の長女と、A子さんの長男は誕生日も近く、性格も似ていて内向的だった為、同じ幼稚園に通うようになり、益々仲良くなりました。

小学校の学区は違いますが、A子さんに女の子が誕生した為、私の子供のお下がりの洋服、A子さんの実家で取れた野菜など、やり取りをしていました。

そして、中学校は同じになりました。

しかし、中学生になったA子さんの長男は、幼稚園の時の可愛さはなくなっていました。

反対に物にこだわりが強く、プライドも高かったため、学年の嫌われ者になっていました。

私の子供も、A子さんの子供と関わる事をなかったです。

その頃から、A子さんの子供自慢がひどくなっていきました。

「テストで〇〇点取った」「成績は〇〇だった」「高校の志望校は〇〇」という会話が多くなってきて、私も段々苦痛になっていきました。

A子さんとしては、自慢しているつもりは、全くなく無意識だったと思います。

後ほどわかった事は、A子さんと仲が良かったママ友グループの会話が、子供の自慢ばかりしていたそうで、A子さんも自然と変わってしまったようでした。

私とA子さんの子供は別々の高校へ進学し、接点がなくなり、会う機会もなくなりました。

しかし、年1回の年賀状は届きます。

その年賀状には、A子さんと息子が都内有名私立大学の校門でほほ笑む写真がありました。

このような変わった年賀状を見た事が、初めてでした。

それを見た時、「A子さんは本当に変わってしまったのだなあ」と感じました。

ほどなくして、私は隣の市に引っ越し、電話番号も変更し、携帯のメールアドレスも変更した為、連絡を取る手段をA子は知りません。

こちらから、縁を切らせて頂きました。

44歳、女性、友人と縁切りしてスッキリ!

40代の主婦です。

高校の同窓会があったとき、かなり久しぶりに会ったクラスメイトがいて、話しをしていると、わりと我が家から近いところに住んでいるのがわかったので、連絡先を交換してからLINEで連絡をたまにとるようになりました。

その子は仕事をしていないですし、お子さんもいないので自分の時間がたっぷりあるので、頻繁にLINEがくるようになりました。

けっこう外食も好きなようで、色々と見つけてはホテルの食べ放題へ行きたい。

デザートバイキングへ行きたいなど、食べることが大好きな方で、かなりの量をいつも食べるので、一緒に出かけるとバイキングへ行くので、困っていました。

何度かバイキングではなく、他のレストランでお茶しない?と聞いたことがありますが、全く聞き耳持たず、いつもホテルのバイキングなどチェックしているので、一緒に出かけるのが億劫に感じるようになっていました。

もうアラフォーで太りやすい体質になっていますし、バイキングで沢山食べて太るのは嫌なので、バイキングは苦手だと友人に伝えましたが、全く聞き耳持ってくれないので一緒に行動するのが苦痛に感じるようになるなど、日常生活の中でストレスをだいぶ感じていたので大変でした。

友人はあまり人のことを考えず、自分本位で行動するような方だとわかり、そして共通の友人が最近結婚したことにたいし、旦那さんの収入の話しをして自己満足しているので、とてもこちらとしては聞きたくないことを平気で話すので嫌だなぁと感じるようになり、もう一緒に遊んだりするのは辞めたほうがほうがよいと判断したので、その友人とは縁を切ることにしました。

高校時代の友人だし、県外に住んでいるため昔方知っている友人に親近感をもっていたけど、学生の頃とは違う性格担っているのを肌身で感じたので、もう縁を切ってスッキリしたほうがお互いのためにもなるし、嫌な気持ちのまま友人関係を続けていくのは辞めたほうがよいなと思ったので、縁を切ってよかったと実感しています。

38歳女性 情報通のママ友と縁をきった

私が縁を切った人はママ友です。

人見知りだった私が初めて仲良くなった人がその人でした。

すごく気さくで話しやすく子供同士が同じ年だったので遊ぶようになりました。

いつも彼女の方から誘ってくれて支援センター等に行っていました。

支援センターに行くといつも彼女は他のママから挨拶されていてとても知り合いが多い印象を持っていました。

私と自分の知り合いを会わせて初めて会った者同士で二人っきりにされる事もありました。

それに彼女は連絡がマメで、毎週遊ぶ約束をしてくるようになりました。

けれどいつもランチ付で外でご飯を食べなくてはならず、金銭的にも余裕がない我が家にとって毎週のランチのお誘いは大変でした。

気さくで連絡がマメな様に初めは思っていましたが、だんだん彼女の連絡の多さに嫌気がさし、その頃から少しずつ変だなと思う様になった事がありました。

それはいつも会話の内容が他のママさんがこういう話をしていたよというママさん情報でした。

普通の幼稚園や保育園の情報の場合は役に立つのでありがたいのですが、その内容はほぼプライベートの内容や他のママの悪口に近い内容でした。

いつも他のママの情報を教えられるうちに私はだんだんと自分の情報も他のママに伝わっているのではないかと思う様になりました。

そしてそれは的中していて他のママに会った時に私の家族の情報を知っていて驚いた事がありました。

私は誰から聞いたのか聞くと、私が仲良くしていたママさんでした。

顔が広いだけならまだしも、情報を垂れ流すママ友に嫌気がさしてきて距離を置こうと思う様になりました。

ママ友からの誘いも都合が悪いと毎回断る様にして、支援センターにも一人で行くようにしました。

すると支援センターに行くときは声を掛けてと言ってくるようになりました。

私はなぜ一緒に行動しないといけないのか、自分の都合で行動した方が楽だと思う様になり、一切の連絡を絶つようにしました。

ママ友が行きそうな場所には行かなくなったし、ママ友が行きそうな公園にもいかず、少し離れた公園で子供と遊ぶようになりました。

彼女と縁を切ってから他のママとの交流が増えて気楽に楽しめるようになりました。

つかず離れずのママ友は本当に楽で変な悪口も全然ありません。

初めてのママ友の息苦しさから解放されて本当に良かったと思いました。

32歳 幼馴染と縁を切って幸せな毎日を手に入れた

私には、幼稚園の頃からの幼馴染がいました。

現在30代前半ですが、先日この幼馴染と縁を切りました。

中学生になった頃からこの子とは価値観や考え方が合わないなと感じていたものの、自分の気持ちを正直に言い出すことはできませんでした。

彼女は、とにかく威圧的なのです。

上から目線で物事を言うだけでなく、機嫌が悪いと口も聞いてくれません。

何か私が悪いことをしたのであれば素直に謝りますが、怒らせたと思うような出来事も一切なく怒り始めるので、こちらもストレスが溜まる日々でした。

そして何よりも嫌だったのは、人の悪口ばかりを言うことです。

私は、人の悪口を言うのも聞くのも大嫌いです。

また、自身も仕事や家族のことで悩んでいても他人に愚痴をこぼすことがないので、幼馴染の言動は私には理解しがたいものでした。

家族や会社の悪口だけでなく共通の友人の悪口を聞かされた時には、もうこのままこの幼馴染と付き合っていくのは無理だと確信しました。

面と向かって話をしてもわかり合うことは難しいと思ったので、メールで自分の気持ちを伝え、その後は連絡を取っていません。

あちらから弁解のメールが届きましたが、もう不快な思いをしてまで関係を続けたくなかったので絶縁しました。

その結果、今ではとても楽しい毎日を過ごせています。

優しく思いやりのある友人達に囲まれ楽しい日々を過ごすことができているので、私が幼馴染と縁を切った決断は間違いではなかったと確信しています。

きっと多くの方が友人関係で何かしらの悩みを抱えていると思います。

長い付き合いのある友人だと言いたいことも言えず、ただ我慢するだけという方もいるかもしれませんが、自分が無理をして心や体のバランスを崩してしまうくらいなら早めにケジメをつけたほうがいいと思います。

特に理不尽な理由で自分を追い詰める友人であれば親友とは言えません。

充実した日々を過ごせるように自分の気持ちに正直になることをおすすめします。

60代女性 会社員時代の友人と縁を切った

15年前に、会社支部間でお仕事を通してMさんと知り合いました。

私が、A支部に中途入社しMさんは20年勤続のベテラン職員で
支部間の電話・FA連絡網や本部会議では、リーダーシップをとりテキパキと行動されているのが印象的でした。

月一の会議の合間に10支部の職員でランチ、年末年始には会食の機会も恒例となりました。

年月が経過し時代の流れで支部が統廃合する事になり、私もMさんも退職する事になりました。

お互い退職しても、支部職員で希望参加と云う会食が何度か有りましたが
ほぼ2人だけの交友関係が継続していきました。

しかし、2人で連絡し合いって居るとM さんなりのこだわりが全面的に表に出て、強要では有りませんが、スマホの絵文字は意味が分からず
一切しない、年賀状を出そうとも個人情報なので一切誰にでも教えていない。

約束は、突然勤務のシフトと家庭諸事情を考慮した日程がラインで挨拶文や私の様子を尋ねる事なく〝◯日、◯日、◯日が仕事が休みです。

いつ会えますか?〝みたいな文面はいつもの事でした。

月の2、3日しか選択肢が無いも、私はいつでも自由で気ままな生活を送っており柔軟に対処出来たのです。

私の自宅に招き手料理でおもてなしもした事も何度もあり、約束の時間を決めていても、30分も早く到着して連絡が来たり、慌てて約束の場所に行き、時には台風が来ているので〝今日、会うのは中止にします〝と約束の3時間前に突然電話でもないラインで一方的でした。

その待ち合わせ場所は、Mさんは土地勘がなくと云う事で、ランチ予約もして急遽予約もキャンセル。

次回会った時に、私からキリださいなと言いださない人でも有りました。

そんな事が有っても、Mさんは私に対して会話も楽しく、会うととても良い時間を過ごせ、他の元支部の方と会う事もなくなったけれど、唯一のお友達だと聞いた時はとても有難く嬉しいくも有り、救いともなって繋がっては行きました。

次回会う日の凡そを聞いていたので、今までは受け身でしたが
初めてラインで会える予定を聞きましたが、全く既読にならず
最終手段でスマホに電話も入れましたが、一切不出。

ラインを、気にしては覗きますが3日経過しても未読のまま。

数年にわたり自己中な行動を繰り返された事に、もうトコトン疲れ振り回される事に飽き飽きしていていました。

そして、ラインを削除し付き合いを断ち切りました。

年に数回会う約束が突然で、ストレスがあった事を実感しています。

今は、清々しています。

47歳男 大学時代のウザイバイト先輩と縁を切ってスッキリ

私は47歳の男性です。

今まで人間関係で悩んだ事が多々あります。

中でも一番大変だったのが、大学時代に知りあったバイト先の先輩(一つ年上の男性)でした。

当時私がバイトしていたのはコンビニエンストアで、週末の夜22~翌8時まで勤務してました。

週末勤務で+50円、夜勤で+200という手当てがついたので給与面は良かったんですよね。

ただネックとなったのが、バイト先輩です。

このバイト先輩、口先ばかりで仕事をしないんです。

私からすると一応仕事を教えてもらった人です。

ですので基本的に先輩の言葉には従いますし、先輩がサボっていても口出ししたりはしません。

だからか先輩はドンドン付け上がり、最終的には仕事を最低限しかしなくなりました。

その分の皺寄せが私に来たので、この先輩と勤務する時は普段の倍疲れました。

これがバイト先だけなら良かったんですが、この先輩はフリーターでバイト以外は暇してる人。

ですのでバイトを終えてから遊びに行こうとしきりに誘ってくるんです。

なんで勤務時間以外にこの人と一緒にいなきゃならない?と私は感じたので、即断ります。

でもこの先輩はしつこく誘ってくるんです。

当時は先輩からのお誘いを後輩が断るなんてとんでもない!みたいな風潮が当たり前でしたから、結局お付き合いすることに。

プライベートでも先輩風をふかし、マウンティングしてきたので先輩と一緒にいるのは本当にイヤでしたね。

そうこうしてるうち、私の友人達とも先輩は仲良くなります。

こうしてバイト先だけでなくプライベートでも絡んでくるようになったんです。

結果私も先輩もバイトを辞めてからも関係が続き、付きまとわれました。

結局この先輩とは就職を機に縁を切れたんですけどね。

私は大学まで自宅から通っており、バイトも地元でした。

ですので先輩も地元の人。

幸い私が就職したのは大学近くの会社でしたので、これを機に一人暮らしをする事に。

実際通学と違って通勤となると自宅から通うのは大変でしたから、先輩と縁を切る為だけに一人暮らしをはじめたわけではないんですけどね。

でも一人暮らしをした事で先輩と会うことはなくなり、スッキリと縁が切れました。

友人達も、私の知り合いだから邪険には出来ないという感じで付き合っていたようで、私が去ってからは友人達と先輩の関係も疎遠に。

もしあのまま地元で就職してたらずっと先輩につきまとわれていただろうな~と思うとゾっとします。

46歳男性 高校時代の友人と縁を切ってスッキリ

都内で自営業をしている46歳男性です。

この話は今から15年位以上前に、高校生時代の友人(Tとしましょう)が、郷里に引っ越ししたことから始まります。

Tはアニソンやゲームミュージックが大好きで、それらのCDを自分から毎回借りてカセットテープに録音していました。

それから時を経て10年後、インターネットも普及し始めそれと同時にCDはカセットテープで録音ではなく、PCに取り込める様になりました。

この頃にはTは郷里に越して、頻繁に会えるような状況ではなく、連休に都合が合えば会おうという感じでした。

その時にTに「お前の持ってるCDを此方に送ってくれないか?PCにお前の持ってるCDを取り込みたいんだ」と言われて、自分はそれを素直に承諾しました。

それで、CDをTの元に送ってたのですが、ある時ふとした疑問が浮かび上がる「何で、此方が送料を払って送らないといけないのか?」と言う事。

今度から送料は其方が負担するその旨をTに伝えたら、一応了承はしてたけど、本来なら自身が言うべき筈のモノを最初からしらばっくれてた節があり、この件からTの人間性に対して不信感を抱くようになりました。

そんな状況でもCDを送り続けていましたが、ある事をを切欠にTに対する不信感が爆発します。

ある時、自分がPCのシステムの事で電話相談してたのですが、電話越しで本人の説明通りに操作しても、全く改善されず、電話越しでTはイラついて此方に罵倒に近い発言をしてきて、此方は教えて貰ってる立場だったので、腹立ちながらも反論せずに我慢して聞いて、相談は険悪な状態で打ち切りとなりました。

この件で彼に対する不信感が爆発し、貸してたCD今すぐに返せとメールで連絡するも、のらりくらりとした内容のいい加減なメールが戻ってくるだけでした。

Tって結局こういう人間だったんだなあ、と言うことが分かり、コレを機に絶交する事に決めました。

貸したCDは借りパクされたままで、暫くは此方が嫌な気分を抱いていましたが、いい授業料になったと思えばまあ良いかと思う様にしました。

友達でも、不誠実な人間とは交友関係を築くべきではないです。

その人間と長く付き合っても、いつか何らかの形で自分に害を与える存在になり得るだけ。

アラサー女子、ナンパ男と縁を切ってスッキリ

YUKAです。

アラサー女性です。

今回は、街で出会ったナンパ男と縁を切ってすっきりした話をしたいと思います。

3年くらいの夏の終わりの事ですが、カフェでコーヒーを一人で飲んでいました。

飲みながら読書かなんかしていたと思うのですが、不意に視線を感じたので、そちらの方を見てみました。

その時にカフェに座っていたのは、私とその男とあと一人くらいだったと思うのですが、やけにその男が私の方を見ているのです。

誰か知り合いかしら、と思って目を凝らして見てみたのですが、どうやら違う様子でした。

気味が悪いので、しばらく放っておいたのですが、ついにカフェに二人きりになった時、その男が話しかけてきました。

「お姉さんさ、きれいな顔してどうしてそんなに怖い顔してるの?人間不信なの?最近失恋でもした?僕とお話ししない?」と唐突に言ってきました。

「褒められてるのだかけなされてるのか、全然分からないんですけど。

」当時の私は怖いもの知らずだったので、しばらく相手してやることにしました。

見た目はすごく若いので、私よりだいぶ年下の男だと思っていたら、40代前半の人でした。

最初は何言ってんだコイツ、と思って軽くあしらってやろうと思ったのですが、時間もあったし面白いので、しばらくお話しして、LINEを交換してその日は別れました。

その日から、毎日毎日ラブメールを送ってきました。

恋人でもなんでもないのに、変わった人だな、と思ってましたが、面白がってそのメッセージに付き合っていました。

後日、また出会ったカフェで会いました。

今回は質問攻めに遭いました。

これまでどんな男性とお付き合いしてきたのか、とか最後に付き合った人はいつか、とかどんなセックスが好きなのか、とか愛について、とかあまり答えたくないような内容ばかりでした。

途中から私の方がイライラしてきて、思い出さなくていい人や思い出まで思い出したせいか、ものすごく疲れました。

彼に2回目に会った後、3,4日謎な微熱に侵されて、なんだか具合が悪くなりました。

「たぶん、俺は君にハマるよ。

」と言ったきり、好きとも言われないので、そのまま放置していました。

何度か連絡が来たけれど、会うとすごくエネルギーを取られるので、こちらから連絡することを止めました。

あの後何回も会っていたら、きっと精神的に疲れていたのだろうな、と思います。

上半身タトゥーまみれで、少年のような姿の謎な人だったな、という記憶だけがたまに戻ります。

46歳女性 過去の知りあいと縁を切った

40代既婚の女性です。

私は、いわゆるママ友付き合いが大変苦手で、人付き合いには本当に苦労しました。

独身であれば、自分が好きな人とだけ付き合うことができますし、職場での関係も色々あれどまあまあなんとかやれました。

しかし、学校関係の付き合いは全くダメで、自信を無くすこともよくありました。

そんな私が、子供が中学校を卒業すると同時に縁を切ったもの。

それは、これまで付き合ってきたママ友との関係です。

まず私がやったこと。

それは、携帯の電話番号を変えたことです。

そして、本当に好きな人だけにアドレスを教えました。

おかげで、私の携帯には、現在30人くらいのアドレスしかありません。

しかも、そのほとんどが家族と仕事関係者です。

携帯番号と携帯を変えた瞬間、想像以上にホッとして軽くなりました。

そして、なぜか私の内側から、エネルギーみたいなものが溢れてくるように感じたのです。

涙もこぼれました。

携帯を変えたら、不思議なことが起こりました。

なぜか、イメチェンをしたくなったのです。

もともと安物の洋服しか持っていませんでしたが、捨てるのはやはり忍びない。

でも、思い切って全部捨ててしまいました。

そして、やはり安物ではありますが、新しい洋服でタンスを埋め尽くしたのです。

髪の毛を明るめにカラーリングし、ピアスの穴をあけました。

そして、メイクも変更。

気が付けば、今までの私はもうそこにはいませんでした。

私が本当に縁を切ったもの。

それは、かつての情けなかった私自身なのかもしれません。

嫌な思い出がある方は、さっさと手放すことに限ります。

本当に幸せになりたかったら、自分が好きなものと嫌なものをはっきりさせることなのかもしれません。

必要なもの、不要なものをはっきり分けることなのかもしれません。

それには、少し勇気がいるかもしれないけど、えいや!ってやってしまえば、心は本当に軽くなります。

これから、本当にほしいものだけで人生を埋めていきたいです。

40歳女性 プライドの高い友人Aと縁を切ったきっかけ

40代在宅ライター兼主婦です。

現在幼稚園に通う子供が双子の女の子が2人います。

最近中学生時代からの部活の友人Aと縁を切りました。

友人Aは2人の女の子がおり、中学卒業後も仲間内でランチに行ったり、お互いの結婚式にも出席したり、2人で飲みに行くような仲でした。

プライドの高い友人Aでしたが、困った時は助けてくれる存在だったり、相談事も割と良いアドバイスをくれたりするので、卒業後もつかず離れるずの感じでお付き合いをしていました。

縁を切ったきっかけは、私の出産直後の態度と言葉です。

双子妊娠でしたので、赤ちゃんがお腹にいる時に、先生から多胎児は産後異常が見つかることもあるから慎重に見ていきましょうと言われており、非常に神経質になっていてごく一部の人にしか、双子妊娠を知らせていませんでした。

また双子出産だったので、帝王切開での出産でした。

出産後しばらく入院していた赤ちゃんが元気に退院してから、友人たちに出産報告をしました。

他の友人たちからは「おめでとう」や「頑張ったね」など嬉しい言葉が並んでいましたが、友人AからきたLINEには、おめでとうの文字はなく、「二人いっぺんになんて大変だねってみんなで話していたんだ、ところで帝王切開?陣痛無くて良かったね」でした。

また、まだまだ赤ちゃんたちが退院してら3か月位で寝不足でフラフラだった頃、連休の度に私の家の近くの実家へ帰ってきており、頻繁に赤ちゃんが見たいと言うLINEが頻繁にあり、まだまだ寝不足で体調が悪い事、人と会うのが疲れてしまうので、訪問は半年くらい待ってほしいことを何度も伝えていました。

でもなかなかわかってもらえず、それどころか忙しいからLINEの返事は夜7時までに欲しいとか、突然当日に近くまできたから赤ちゃん見せてと言われたりと、こちらの都合を考えない態度にだんだんと違和感を覚え、思い切ってLINEの返事を一切やめ縁を切りました。

同じ仲間には事前に相談し、事情を理解してもらいまいした。

友人Aは結婚生活がうまくいってなかったようで、仲にはいろいろ意地悪されていた友人もいました。

今では、他の学生時代の友人たちとランチしたり、ママ友も出来て楽しく生活しています。

これからは、嫌なことははっきり言う事、ストレスになる友人とは距離を置くことが大切だなと感じています。

50代女性 散々苦しまされた人たちとの縁を切って、すっきり

煩わしい親族と縁が切れたことにスッキリしています。

父は長男で祖母の面倒を見ていたのですが、病気のために早くに亡くなり、その後、血のつながらない母がずっと祖母の面倒を見ていました。

その子供たちが祖母の所に来てはお金をせびり、しまいには私たちに金を貸せというような厚かましい人たちでした。

祖母の具合が悪くなっても、お見舞いに来たと言ってはどんちゃん騒ぎをしていくことも当たり前で、還暦を過ぎたような人たちが何をしているんだろうと、あきれてもいました。

その叔母たちが帰った後の祖母の体調不良と言ったら半端なかったです。

自分の親を殺す気かと思いました。

どんな育て方をされたらこんな風に育つんだろうと、自分の叔母ながら不思議に思っていました。

祖母は私たちにはすごく厳しい人でした。

母とそりが合わなかったという事もあるんだと思うのですが、優しい祖母とは言えませんでした。

それなのに母に祖母を押し付けるという叔母たちの気持ちが今でもわかりません。

祖母が母を馬鹿にするので叔母たちも当然、母を馬鹿にしてこき使っていました。

私たちは家を出ようと母に行ったのですが、子供を路頭迷わすことはできないと思ったのか、自分が家のローンを払い続けているのに、出ていくのが嫌だったのか、結局家を出ることはありませんでした。

そうして耐えることが続き、とうとう祖母が亡くなりました。

案の定、遺産の問題でもめることになり、泥沼になりましたが、それが解決したと同時に二度と家に来ることはありませんでした。

もうあの人たちと付き合わないで済むと思うと、本当に楽な気持ちになり、今は心から幸せを感じています。

今でもたまに夢に出て来ては、うなされて泣きながら目が覚めることがあります。

それだけ自分の中では大変なことだったのだと思います。

結局、祖母がかわいそうな気がしますが、そういう子供に育ててしまったので仕方ないのかなと思います。

今でも母が仏壇の面倒を見ています。

父方の親族との縁は、ほぼ切れてしまいましたが、寂しい気持ちはなく、本当にほっとしています。

41歳女、姑と縁を切ってサッパリしました

40代の主婦です。

最近、縁を切った人がいます。

それは姑です。

姑は、結婚する前からすごく威圧的な人でした。

「嫁は何も言わず夫、夫の両親に尽くしなさい」と言うような人です。

でも夫のことが好きだから、結婚しました。

結婚して妊娠した時に、「絶対に男の子よ!産んでね」と言われたことが忘れられません。

男の子を産んでと言われても、自分で子供の性別を選んで産むことなんてできませんし、すごく嫌な気持ちになりました。

生まれた子は男の子だったので良かったのですが、それ以来週に3回は突然家に遊びに来るようになり、必ずご飯を食べていくようになったんです。

私は子供の夜泣きや初めての育児でクタクタになっていたのですが、姑はあれが食べたいこれが食べたいと我儘を言い、食べた後の皿も片付けずに帰っていきます。

次に女の子を産んだのですが、長女には全く見向きもしません。

息子にはお祝い、プレゼントなど色々としてくれるのですが、娘にはなしです。

信じられないなと思いました。

娘は、大きくなってくると自分はおばあちゃんに可愛がられていない、嫌われていると気づいてしまい落ち込むようになりました。

どこか買い物や病院へ行く時は平気で私に送迎を頼んできますし、私の外見についてひどいことも言われました。

でも夫の母だからずっと我慢していたんですよね。

夫に相談しても姑には強く言ってくれませんし、まったく頼りにならずイライラしていました。

ある日姑から「同居したい」と言われたんです。

私は絶対に無理だと思いました。

今までたくさん姑の我儘を聞いてきましたが、同居は無理だとハッキリと伝えたんです。

するとものすごく怒ってしまって、私や娘を傷つけるようなことを沢山言われました。

それがきっかけで私のなかで限界がきて、縁を切ることにしたんです。

今は姑の電話には出ませんし家にも入れません。

正月もお盆も姑には絶対に会いません。

もっと早くからこうすればよかったと思いました。

すごくスッキリしています。

28歳 女 嫌いな幼馴染と関わるのをやめてストレス軽減

今年に入ってから、腐れ縁だった20年以上の付き合いだった幼馴染との関係を切りました。

もともとものすごく仲がいいわけでもなく平坦な関係で、私は幼馴染の人の真似ばかりするところが嫌いでよく反発しあっていました。

着る服や学校の進路まで真似されたときは自主性はもちろん相手に対する不快感を確実に感じ、高校を卒業してからはなるべく接触しないようにしていました。

学校に関しては地元から電車に乗って小一時間掛けて通うところだったのでさすがに真似はしてこないだろうと思ったらしてきたので、せめて学科だけでも…と願ったのを覚えています。

人の真似をするのは好意の現れと聞きますが、いくら何でも進路まで真似されたら気持ち悪さを覚えます。

その結果、学科は幸い全く違うところで校舎も別れたのでほぼ3年間顔を合わせることはありませんでした。

幼馴染とは4歳からの付き合いで今も続いていたら24年の付き合いになるのですが、お互いの環境が変わってから話が徐々に合わなくなっていきました。

成人後に別の子と遊ぶ約束をしたときもどこから聞きつけたのか幼馴染が乱入してきたりすることがあってそれがとても嫌でした。

2人とも社会人をやっている年齢ですが、幼馴染のほうは体が健康で精神状態だって全く問題ないのに一切働かないのがはなはだ疑問でした。

その状態では収入がゼロなので納税もできず、親御さんに働くように言われても働かないので役所で税金に関する手続きをさせたとのことです。

その事を知ってから、私は幼馴染のことを嫌いになっていきました。

話は合わないし、働きもしないし。

毎年私に年賀状を送ってきたのですが、私が全く興味がない趣味についての感想をダラダラと書いて送ってくるのでその手の年賀状はすべてこちらで捨てていました。

今年に入ってからラインの電話番号検索を使ったのか私の携帯番号をどこかから聞き出してきて(お互いに関連する友人が1人いたので、多分聞き出したようです)メッセージとともに勝手に友だちに追加されましたが、仲良くしたくなかったのでブロックしました。

それから家に来たり、電話をしてきたりするなんてこともなく随分日が経ちましたがずっと合わないと思っていた幼馴染と関わらないことによってストレスが減りました。

27歳、男性、どうしようもない姉と疎遠に

 私は、長崎県在住のランサーです。

昨年までは、東京消防庁に勤務していましたが、現在は家業を手伝いながらフリーランスをしています。

 突然ですが、私にはどうしようもない姉がいます。

私の姉は、現在28歳ですが、いまだに経済的に自立をしていない状態です。

毎月実家から数万円の仕送りを受け、過去2回程通った専門学校の奨学金を全て実家の家族に負担させています。

私は、社会人になってから、家族に対して金銭的な負担をかけたことがありませんでしたので、このような姉に憤りしか覚えません。

姉は金銭的に自立していない状態を自覚していないので、結婚してすぐに子供を2人も作り、ペットの猫も2匹描い始めました。

私の予想通り、姉が実家に要求してくる金銭や食品等は、今までの倍近くになりました。

そんな時に、実家の祖母が心臓の病気を患い、大学病院で手術をすることになりました。

そして、祖母の手術代のために、祖父は借金をすることになったのです。

 私は、憤りのあまり姉に電話をし、これ以上家族に金銭面で迷惑をかけないように呼びかけました。

するとどうでしょう、姉は逆上し、汚い言葉や罵声を飛ばし、金輪際関わってくるなと言ってきたのです。

私は、以前姉にお金を貸したこともありますし、育児の手伝いもしたころがあります。

恩を仇で返すとはこのことです。

因みに、貸したお金は二度と返ってはきませんでした。

こうして、私は姉と関わることをやめたのです。

 姉との連絡を絶ってもう1年が経過しましたが、相変わらず姉は実家の祖母や祖父に金銭等を要求している状態です。

しかし、祖母や祖父はこれまでとは違う対応で、特別な理由がないと金銭を送らないときっぱり言うようになりました。

私は、これは祖父や祖母だけではなく、姉のためにもなると思います。

お金とは、薬物と同じような中毒性があります。

姉が実家からの仕送りという薬物を服用し続ければ、近い未来、必ず多額の負債を抱え、私に助けを求めてくることでしょう。

 このように、私が姉に金銭的自立を促し、その後連絡を絶ったことで、我が家は平穏を取り戻しつつあります。

私は、姉と疎遠になったことを全く後悔していません。

これからも、適切な距離感で接していこうと思っています。

34歳女_両親と縁を切った

 私が縁を切ってすっきりしたのは両親でした。

私の家庭は飲食関係の自営業を営んでいました。

私が小さかった時には非常に裕福だったのですが、リーマンショックがあった2008年頃から一気に経営が悪化しました。

私は通っていた大学をやめ、働くことになったのですが、手取り12万円のうちの10万は問答無用でとられていました。

感謝されたことは1度もありません。

家族だから当然だろうというようなニュアンスでした。

しかも、景気が良かった時の生活水準を落とせずに、開けっ放しの部屋でエアコンをガンガン効かせるなど、浪費癖は直っていませんでした。

 私は細々と残った2万円を貯めていましたが、貯めていたお金もある程度の金額になったときに黙ってとられました。

両親は経営のためには信じられないようなことも平気でしていました。

私は一生独身だ、両親を支えて生きていくんだと思っていました。

私がいなくなったら、両親は路頭に迷うしかない。

私は幸せにはなってはいけないと思っていました。

 しかし、私も結婚を考える人ができましたが、当然両親のお金の件は話せません。

両親も「お前が結婚したら、当然お前には頼らない」と、言っていたため私は今の旦那と結婚をしました。

旦那は交際時からとても頼りになる昔ながらの体育会系といった感じの男性です。

私は両親の事から解放されたと心の中でほっとしていました。

 しかしながら、恐れていたことが起こりました。

両親が、私達夫婦に100万円ものお金を貸してくれと頼んできたのです。

社会保険料や税金を払うためなので貸してもおそらく返してはくれません。

私は子育てのため、専業主婦だったのでそのようなお金を旦那に内緒で用意することはできません。

本当に恥ずかしく、情けなかったですが旦那に相談しました。

旦那は温かみのある性格ですが、「貸すべきだろうか?」と自問自答していましたが、しばらくして旦那は「貸さない」とポツリと言いました。

その理由は過去に大事な友人2人にそれぞれお金を貸してくれと頼まれて2人とも返済の気配がなく連絡が取れなくなったからだそうです。

「大切な人達だからこそお金は貸せません」と旦那は私の両親に面と向かって伝えました。

私の両親は多少むっとしたものの、「そうか、仕方ないな」とだけ言いました。

それから、私は両親と一気に疎遠になりましたが、私はどこか心がすっきりとして晴れ晴れとした気持ちでした。

私はこの旦那を選んで良かったと心の底から思いました。

52歳女性 パワハラがなくなったら仕事が楽しくなった

50代の主婦パートで働いています。

ずっとパワハラ経営者に悩んでました。

仕事に行く前も仕事に行ったあともイライラもやもあしストレスで過食気味。

自分の顔つきも暗く怖くなり辞めた方がいいかなと、でも50代になると新しく仕事を覚える能力も昔より低下し条件も悪くなり、その経営者以外のパートメンバーは良かったので我慢の日々でした。

その経営者は自分のお気に入りには時給高くし嫌な仕事はさせず、気に食わない事があると私のようなパートに当たり散らかす厄介な人でした。

パート同士話していると自分の悪口を吹き込んでると思いこみ、周りにわかるように自分のお気に入りと気に入らない人を差別し職場の雰囲気を悪くしていました。

単独経営者だから皆従うしかなく、気に入らないパートの悪口を平気で皆の前で言うし誰にも止められない典型的パワハラ親父でした。

私もなるべく関わらないようにしていましたが、何かと自分が気に食わないとトバッチリがくるので、少し不眠気味になった時はもうやめようと決心しました。

普通に仕事を穏やかにしたいだけなのにこういう人ってどこにでもいるとは思いますが、経営者なので嫌ならやめるしかなかったのです。

しかし3年たったあるとき転機がやってきました。

経営権をうって引退し引き続きパートはそのまま新しい経営者の元で続けることができると言われました。

どんな経営者が来るか不安ではありましたが、この人以上のパワハラする人ではなければいいなと。

結果新しい方はとても理解がある心が広い方で今は仕事を行くのが楽しくなりました。

差別をしないので職場の雰囲気もとても明るくなりました。

経営者によってこんなにも雰囲気が変わるんですね。

前の経営者と縁が切れスッキリ。

後悔してる事はありません。

もし経営者ではなく普通のおじさんだったらこんなにも嫌いにはなっていなかったと思います。

今はぐっすり眠れ過食もないし笑顔で働けるようになりました。

もしパワハラで悩んでいる方がいたら周りに相談し解決できるなら良いですが、若い方は転職も良いと思いますよ。

暗く悩んで仕事をするより明るく仕事ができた方が精神的に一番ですし自分の身体は自分しか守れません。

20代女性 知り合ってすぐは気をつけろ??

現在20代後半になる女性です。

私の縁を切ってすっきりしてエピソードを紹介したいと思います。

私が縁を切ってすっきりしたことは女友達です。

彼女と知り合ったのは友達と待ち合わせしているときに上京をしたばかりでこの辺りに何か良い飲食店はありますかといった内容で声をかけられて友達となりました。

女性だったので、ナンパ目的などもありえないと考えてそのまま自分のオススメのお店を紹介するとその流れで連絡先も交換しました。

知り合った当時は社会人で、社会人になると学生のときと異なって同期はいるけれど友達は全く増えなかったので話しかけられて友達が増えたことに純粋に嬉しかったです。

数日後にその友達からせっかく仲良くなったからご飯でもどうですかと連絡がきました。

断る理由もなかったので、二つ返事をしました。

改めてその友達のことを聞いていくと仕事で上京をしてきたのと、自分も社会人になってから友達が出来て嬉しいなどといったことを話しました。

とても話しやすく、久しぶりに良い友達が出来たとそのときまでは思っていました。

別れ際に今度飲み会があるからよかったら友達も一緒に来てよと誘われて、それも行くことにしました。

飲み会は色んな繋がりの人を集めたといった大勢人数の特にまとまりのない飲み会でした。

飲み会で色んな人と話していくとある特定の人の名前が頻繁に出てきました。

どうやらその人は顔が広く、お金持ちでみんなから師匠と呼ばれているようでした。

そのことがちょっとひっかかり始めました。

そして、ある本を読むといいよ、もし持っていないなら貸すよと言われました。

ここで、んっ??と思い何かこれ聞いたことあるなぁと疑惑が確かなものに変わっていました。

とりあえず飲み会はそれとなくこなし、一緒に飲み会に参加した友達に変じゃないと帰り道に言いました。

ネットでそれらに関することを調べると流行りのマルチでした。

これは速攻で縁を切った方がいいなと考えて連絡先を消しました。

程なくしてまたその人から連絡が来ましたが、もう関わりたくないと思いましたので一向に返信はしませんでした。

今回の飲み会には長い付き合いの友達も連れて行ったので、その友達には申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

これからは知り合って日が浅く、何か釈然としないことがあった場合は気をつけようと思いました。

25歳女性、苦手だった友人と縁を切った

私は20代の専業主婦です。

大学時代、同じグループにいた女友達と縁を切って正解だったという経験があります。

その女友達はとてもかわいくて、顔も広く、常に男の子からの誘いが絶えないような女子でした。

初めは、そんな彼女と一緒にいられることが嬉しかったのですが、次第に彼女の性格や発言に傷ついたり不快に感じたりすることが増えていきました。

単刀直入に言うと、彼女は「常に自分が一番じゃないと耐えられない性格」でした。

グループの中では会話の中心にいないと気が済まず、すぐ自分の話に転換してしまいます。

結果的に彼女の自慢話を聞くことが多くなり、グループのメンバーは疲れていきました。

また、男性関係の話が多く、誰に誘われた、誰と連絡をとっているなど、自分の魅力を男性関係の豊富さでアピールしてくるのも毎日聞いていると疲れました。

彼女と一緒にいても楽しくないなと感じていた時、縁を切ろうと思った決定的な事件が起こりました。

就職活動が始まり、グループのメンバーが次第に希望企業から内定をもらいはじめていたころ、彼女は就活がうまくいっていませんでした。

彼女からエントリーシートの添削をしてほしいと連絡があれば添削し、自己分析を一緒にしてほしいと言われれば手伝い、彼女が発するSOSにはメンバー全員が協力していたのですが、残念ながら彼女の就活は思うように進まなかったようです。

大学の授業で顔を合わせた際、就活を終えたメンバーが就職先を報告すると、彼女は最後までおめでとうということはなく、「え~でもそこ激務って聞いたよ!?」や「受けようと思ったけどやめたところだ~」など、マイナス発言を連発しました。

友達の成功を心から喜べない彼女を見て、あ~この子と一緒にいるのやめようと踏ん切りがつきました。

それ以来、連絡を取らず、一緒にいることもなくなりました。

人と縁を切るって結構な心理的ストレスがあります。

縁を切るということは、喧嘩ではないからです。

喧嘩ならばその先には話し合いがあり、解決がありますが、縁を切るということはシャットダウンです。

自分に覚悟がなければできません。

その後就活を終え、精神的にも安定した彼女から連絡が来ることがありましたが、私は覚悟を持ってその連絡を無視しました。

どんな風に言われようとももう彼女と関わりたくないという強い気持ちが必要でした。

でも結果的にこの決断は数年たった今本当に正解だったと思います。

コミュニティーはその時その時のライフスタイルに合わせて変化していきます。

一生続く友達なんてほんの一握りです。

一瞬しかないその時を、どうせなら楽しく前向きに過ごせる人と一緒にいたほうが絶対に楽しい人生になります。

縁を切るなんてことが頻発するのは悲しいですが、自分の人生をマイナス方向に引っ張っていく縁なら、覚悟を持って切ってしまいましょう。

その分きっと素敵な縁が新たに繋がるはずです。

36歳女、男好きな飲み友達と縁を切った

私はフリーランスをしている三十代の独身女です。

お酒や飲み会の雰囲気が好きで、よく飲みに出かけており、飲み仲間もいました。

その飲み仲間の一人ととても気があって、しょっちゅう出かけていたのですが、付き合っているとちょっと男性にだらしがない女だということが分かってきました。

その飲み仲間も独身で結婚願望が強いので、お互いに頑張ろうねと話しており、飲み会はいつの間にか出会いを求めるのみにと変わっていったのです。

私は飲みで知り合った人と付き合うつもりはなかったので、飲み友達に協力するつもりでバーなどに付き添っていたのですが、来るもの拒まずというよう感じで男性と消えていくのはしょっちゅうだったのです。

しかも、自分が狙った人が私のことを気に入っていたら具合が悪いふりをしたり、私が男嫌いだからと割り込んできたりと、何だか面倒な女だなと思い始めたのです。

それでも飲みに誘われると出かけて、帰りにはもやっとしながら帰途するということを続けており、楽しいはずのお酒の席もだんだんと嫌になってきたのです。

次第に飲みに誘われても三回に一回しか行かなくなり、距離を起きたいことを気がついて欲しいとも思っていましたが、同年代で独身というのはなかなかいないためか、誘いを断れない巧妙に声をかけてくるようになったのです。

彼女と飲むのが苦痛になっていたとき、彼氏ができて相手の両親にも会ったと話してきたため、これで男漁りも落ち着くだろうと思っていたのですが、その日も相席バーで知り合った男と夜の街に消えていき、こんな最低な女とは付き合いきれないと思い、それからは誘いを断り続け、最後には連絡もブロックして縁を切りました。

それからはバーなどではなく、居酒屋などで友達との飲みを楽しんでいます。

噂では結婚しても遊び続けているようで、同じような理由で彼女と縁を切った人は多数。

好きなお酒が彼女のせいで嫌いになりそうだったので、思いきって縁を切って良かったです。

26歳女 中途半端な恋人関係を断ち切ってスッキリ

私はAセク(異性にも同性にも恋愛感情を抱かない無性愛者)です。

しかし、そんな自分を受け入れることができず、なんとか異性を好きになろうと努力したことがあります。

その人と出会ったのは、友人が主催した合コンです。

ちょうど「何とか異性を好きになりたい」と苦しんでいた真っ最中だったので参加してみたものの、お酒の席や大人数がいる場が苦手だった私は、サラダや揚げ物をちびちびつまみながら席の端っこで愛想笑いをしていました。

そんなとき、ふと、向かいの席でも私と同じような所作をしている男性が目に留まりました。

お互いがお互いに対して、こういった場に慣れていないのだな、と感じたことが分かり、同時に好感を持ちました。

のちにお互い猫好きだと分かった私たちは、自然と連絡先を交換し、何度か食事に行く仲になりました。

しかし、相手が自分に抱いている感情と、自分が相手に抱いている感情の差が大きくなるにつれ、私はだんだんと辛くなっていきました。

私は彼のことが好きでしたが、やはりどうしても、異性として好きにはなれなかったのです。

しかし、当時は「それでも彼しかいない」とかたくなに信じ、何度目かの食事のあとに「付き合ってください」と言われた時も、喜んだふりをしながら受け入れてしまいました。

今思えば、相手にとってこんなに失礼なことはありません。

当たり前ですが、付き合い始めてから一層気持ちの差は開く一方で、相手の求める言葉や行為を返してあげられることが減り、私はどんどん疲れていきました。

そしてある時、限界を感じて、体調を理由にして彼に別れを切り出しました。

彼には「私に付き合って体調の回復を待つよりも、あなたに合う人を探してほしい」と告げました。

それはどれも本心でしたが、今となってはやはり、自分の本質と現状との齟齬が一番の理由だったように感じられます。

彼とすっぱり分かれたあとは、想像以上にスッキリして心に余裕ができ、崩しがちだった体調も少しずつ回復してきました。

やはり、人間関係は自分に嘘をついてまで続けるものではないなと感じました。

43歳 女性 会社のつきあいの縁を切って、同好の友を得る

縁を切ってすっきりしたのは、会社の人間関係です。

元々、自由に一人で旅行などが好きな私は型に縛られることが嫌いな人間でした。

ですが、どうしても収入がなければ人間は生きてはいけません。

仕事をしなくては、何とか働かなくては、大手に就職しなくてはという考え一辺倒で今まで働いてきました。

今まで働いてきた会社は、一応大手と言われるところで職務もさまざま。

経理、秘書、営業、インストラクターなど。

すべての会社で、数字や社外イメージ、顧客の確保などを重んじ、とにかく会社のイメージのためだけに働き、働く人のことなどおかまいなし、休日返上も当たり前という会社。

そんな会社の人間関係といえば、女性同士ならテレビ番組の話や芸能人のゴシップばかり。

時には会社の人のうわさ話と対して面白くもないことばかり話されます。

そのたびに私は顔に笑みを作り、そうだねと言いながら孤立していくのを感じました。

中には一人で読書にいそしみ、自分だけの時間を作る人がいますが、日々円満な会社生活を作るにはやはり日常のコミュニケーションが必要と思っていた私は少し無理をして相手の方たちに合わせていました。

しかし、ある日から私はこうやって死ぬまで生きていくのだろうかと思うようになりました。

仕事が嫌いというわけではないけれど、これを一生やっていくということになるのが少し疲れてきたのです。

どこか遠くに行きたい、自分の時間が欲しい。

そう思うようになりました。

そんな時、深夜のアニメ番組に目が留まりました。

ぼんやり見ていたそれが、なんとなく気になり私は久しぶりに紙とペンを取りました。

するとするすると絵が描けました。

私はとたんに涙が出てきました。

そして、そうなのだ、と確信したのです。

私は絵を描くのが好きでした。

物語を紡ぐのが好きでした。

でも家族から散々嫌がられ、中途半端に終わっていたのです。

数十年ぶりに見る自分の絵は稚拙で、笑ってしまうものでしたが、描きあげると憑き物が落ちたようにすっきりしました。

ああ、これが私のやりたいことだ。

私はやっと自分を取り戻した気持ちになり、早速その次の日から絵の道具を揃え始めました。

会社の友人との付き合いはそれからぴたりとやめ、会社が終わるとすぐに家に戻りました。

お昼休みは少しでも創作の時間に使いたかったので、近所のカフェでパンとコーヒーのみのランチを取り、独り黙々と絵を描きました。

作品が出来上がるとツィッターやピクシブなどに投稿し、そこから友人ができるようになりました。

今は、全国にいるツィートしてくれる人たちと毎日のように意見を交換し、楽しい創作活動の日を過ごしています。

会社の付き合いの縁を切ったことで、私は多くの自分の時間を得ました。

そして新しい仲間を見つけました。

もし、会社を中心に考え続けていたらこんな楽しい時間は過ごせなかったでしょう。

縁切りをしたあとは必ず新しいご縁ができることを体感した、そんな経験です。

30代女性 依存症の友人をバッサリ

   初めまして。

35歳女性です。

今から5年前になりますが、縁を切らせていただいた友人が一人いますので、そのお話をさせていただきます。

   彼女と出会ったのは7年前でした。

化粧が濃く派手な風貌の女性(仮名ゆうか)を別の友人を介して紹介されました。

彼女は以前ギャルだったことがわかるくらい派手な雰囲気なのにも関わらず、英語も北京語も堪能で、そのギャップが非常に面白い人柄でした。

オープンな性格だったのですぐに打ち解け、一緒に海外旅行まで行く中になりました。

私も英語は喋れるので、その辺気があって旅行に行こうということに。

   外出するのが好きで、お喋りが好きで、飲むのが好きで、誰かに出会うのが好きで、いかにもパーティーガールという感じで、最初は楽しく友人として付き合っていました。

   ある時から、私の仕事が忙しくなり、夜遅くまで残業をしたり、休日でも仕事に集中しなくてはいけない日々が続いたのですが、ゆうかは全く私の状況を理解してくれず、忙しいと行っても毎日のようにご飯や遊びの連絡が来ました。

彼女の大の欠点は、異様なほど寂しがり、人に依存してしまうというところだったのです。

しかも彼女は誰かと時間を過ごしたいがために、ろくに仕事もせず、唯一のバイトでさえよく仮病で休んでいました。

仕事に対する価値観も全く違っていたのです。

   付き合いが長くなるにつれ、価値観の違いに違和感を感じ、少し距離を置こうと思い始めたのですが、それでも毎日メールの嵐です。

遅くに仕事が終わり疲れた状態の私に、「今から〇〇に来て」と言うのです。

私が素直に事情を説明して断ると凄い剣幕で電話がかかってきて「仕事と友情どっちが大事なの?」というセリフが始まり、そこから延々と口汚く罵られました。

   それがきっかけでもう限界となり、30にもなって大人の付き合いのできない友人は私自身にも何の意味もないと思い、サクッと縁を切らせてもらいました。

私にとって友人はとても大切なものですが、尊敬できなければ意味がありません。

ためらわずに縁を切ってよかったなと思った出来事です。

29歳男 毒友と縁を切ってスッキリしました

 こんにちは。

僕は29歳の男性です。

職業としては現在、自営業(フリーランス)をしております。

 そんな僕は高校生の時に友達になった奴がいました。

最初はとても気さくであり、面白くて、何より冗談が好きな人でした。

 僕も彼の魅力に魅了されましたし、他の友達(主に男子)からも人気のある人でした。

 無事高校も卒業して大学へ行くやつ、就職するやつ、上京するやつ等色々な進路があり、面白く感じておりました。

 ところが彼は高校を卒業してから何故か「無法」を働くようになってしまったのです・・・
 
 例えばですが、スーパーに行って出来たの総菜をわざと下に落としたり、薬局へ行けば行ったでわざと2~3時間も薬剤師さんに絡み続け、挙句の果てには買わないという感じです。

 そして、この頃より「金の無心」をするようになりました。

僕も「15,000円貸してくれ!」というので、最初は貸しました。

ところが、半年・1年しても返ってこなかったです。

 まぁ。

お金を貸すということはあげるのと一緒という認識があったので、いいのですが、何かが違うと思いました。

 「こういう人もいるんだなぁ」と思う反面、「昔はああいうやつじゃなかったのになぁ」とも思いました。

 そして、友人から着信がありましたので、僕は「もしもし?久しぶり」というと、彼も「おう!あのさぁ。

金貸してくれね?100万くらいでいいや!」と、貸してもらって当たり前という口調だったのです。

 さすがに僕も「あのさ・・・何かお前ズレてないか?変だと思わない?」というと、「あぁ。

ズレてるよ。

分かってるけどいいのよ。

俺は金持ちだから」などと訳の分からない事をいうので、僕は電話を一方的に切りました。

 その後、着信拒否をして交流を一切断ちました。

 後悔していることは15,000円貸すもんじゃなかったとも思いましたし、「何であんな感じになってしまったのだ?」というのは、今でもあります。

 最後になりますが、アドバイスとしては自分が「ん?なんか変だぞ?こいつ」と思ったり、「あれれ?一言何かないのかな?」と思ったら、人間関係が破綻しているか、若しくは破綻しかかっております。

 こういう時は一切連絡をしてはいけませんし、優しさや情けをかけてはだめです。

 相手はつけあがります。

よって着信拒否をして交流一切断った方が、相手のためでもあるし自分のためでもあるのです。

34才女性 義母と縁を切ってすっきり

私が縁を切ったのは義理の母です。

私は結婚5年目、3才と1才の子供を育てる専業主婦です。

主人とは大学で知り合い、8年間の交際を経て結婚しました。

その間に何度も義母には会っていましたし、結婚前に何度か主人の実家に泊まらせてもらったこともありました。

初めから変わった人だとは思っていましたが、それでも結婚するまではなんとかうまくやっていました。

義母は普通の人が想像する義母ではありません。

何が違うかというと全てです。

初めて会った時、義母はフリフリのミニスカートに青いカラコン、金髪にメッシュのエクステを付けて当時流行っていた猫耳ヘアーでした。

私は一般的な家庭で育ったので、その出で立ちに度肝を抜かれましたが、話すと感じの良い義母だったので気にしないことにしました。

それがやはり結婚し家族になると話が違います。

両家の挨拶の時もやはりミニスカートで現れ、手土産には来る時にサービスエリアで購入したスナック菓子、私の両親はかなり驚いていました。

けれど私の両親は結婚を認めてくれました。

きっと本当はあんな家に嫁がせるのは嫌だったと思います。

また、義母は離婚しています。

私が結婚2年目に衝撃的な事実を打ち明けられました。

当時47才だった義母が再婚したのですが、なんと相手がネットで知り合った23才の若造。

私の義父は私より10才も年下でした。

それでうまくいくならいいのですが、義母は暴力を振るわれ警察沙汰になりました。

義母とさんざん揉めたあと、その若造は刑務所に入りました。

義母は仕事をしていました。

その仕事とはおっパブです。

しかも私を誘ってきたのですから驚きです。

一緒に働こうと、よく息子の嫁をそんな所で働かせようなどと考えるもんだと呆れました。

こうやってどんどん非常識で面倒な問題を起こす義母、私は距離を起きたいと思うようになりました。

子供も生まれ、私の家族に火の粉がふりかかってほしくなかったのです。

それでもしばらくは適度な距離を保ちながら関係を続けていました。

それが縁を切る決定打になる事件が起こりました。

二人目が生まれ、お食い初めをする際、イヤイヤ期真っ只中の上の子がいたため家で料理を作る余裕がなく主人と相談し外食することにしました。

お食い初めプランを実施している少し高級な店です。

私の両親に話すと、これから要りようだから各自で支払おうと言ってくれました。

それを義母に話すと急に泣き出し、「何でお食い初めを祝ってあげるのに自分の食事代を払わなきゃいけないのかわからない。

あなたたちにお金がないならあちらの両親が私の分を支払うべきだ。

」といってきたのです。

私はこれを聞いて、これ以上関係を続けることは無理だと判断しました。

その場できっぱりと、「私の両親の金を期待するような方とはお付きあいできません」と伝え、縁を切ることになりました。

今では冠婚葬祭、一切の連絡をとっていません。

孫の顔もみれず、老後の世話をしてくれるひともおらず義母にはデメリットしかなかったでしょう。

でも私は余計な心配や揉め事に巻き込まれることがなくなりすっきりしました。

34歳女 クライアントとの縁を2年掛けて切りました

私は在宅で細々とWeb関連の仕事をしているのですが、とある取引先との縁を思い切って切り、かなりスッキリしました。

初めて仕事を頂いてから約7年ほど、色々な仕事を任せてもらい、取引先にも「いざと言うときは絶対にあなたに頼る」とかなり信頼してもらっていました。

ですが、徐々に取引先が出してくる指示の内容が曖昧になり、仕事の期限など必要な情報もボロボロと抜けるように。

さらに、こちらが確認したことについて返事をよこさなかったにも関わらず、納品直前になって違う指示をしてくる。

自分の仕事が忙しいからといって全く連絡して来なかったり、こちらのスケジュールを無視して新しい仕事を突っ込んできたり…と、無理な対応が増えてきて、こちらも家で子育てをしながら合間を縫ってなんとか仕事をしている状態だったこともあり「そんな仕事無理に決まってるだろうが!!」と溜めていたものが爆発しました。

今思えば、顔も見た事がない相手なのにお互い気を許しすぎていたところがあったのだなぁと思いますが、当時は本当にその取引先の仕事を引き受けることすらストレスとなっていました。

結局、まずは「出来れば育児に専念したい(当時下の子が0歳)ので今引き受けている仕事のみでストップしたい」と初夏頃に通告し、後任を秋までには見つけてくれるという話に。

しかしいつまで経っても後任の話は出てこず、仕事も新規はほぼ来なくなった(それでも2件来て状況を加味して仕方なく引き受けた)ものの既存の案件がだらだらと続き状況は変わらず…「いつになったら後任が現れるんですか?早く新しい方を探して開放してください!!!」と2回目の爆発。

そこからは徐々に仕事がフェードアウトしていき、約1年後でようやく一旦区切り。

その約半年後1回だけ緊急対応でどうしても…という話が1件のみ来て、現在は全く音沙汰なくなりました。

縁が切れるまで、約2年かかりました。

育児を大切にしたいので仕事をストップする、と言いつつも、縁が切れた頃には下の子も保育園に行きだしたのであまりストップする必要も無くなってしまいました…。

後悔しているのはやはり収入面です。

私の超太客であり収入の多くを占めていた取引先だっただけに、現在の収入はがくんと落ち込み厳しい状態です。

収入面を考えればもう一度連絡して取引を…と一瞬考えてしまいますが、過去のトラブルを思い出し、心を鬼にして新しいご縁を見つけられるように頑張っているところです。

45歳女・ママ友との縁を切る

私は45歳の女性です。

7歳の双子の女の子の母親です。

子どもを持つと厄介なのが、「ママ友」というやつです。

7歳の子どもを持つ親としては、世代の高い方ですし、田舎ということもあって、私の小さいときに母がPTAや、近隣の人たちに無視されたり、いじめられていたのを知っていたので(引っ越してきた人間を受け入れない地域です。

現在もまだそんな風習が残っています。

未だにうちは「新参者」です)、ほかの親さんとは、挨拶程度で、仲良くする必要はないと考えていました。

しかしながら、双子の発達が遅かったりと、用語訓練施設に通ったこともあり、顔見知りができ、そして、同じ双子の母親、同じ園に通うということで、なんとなくそのママと話をする機会が増えました。

洋服の趣味も似ていることもあり、そのママから、マルシェなどに誘われたりして、思っていたような「ママ友」とは違うなと、良かったなと思っていました。

でも、やはり、「ママ友」は「ママ友」なのです。

私は張り合っているつもりはなかったのですが、おそらく彼女は私と張り合っていたのでしょう。

子どもの発達や、発育だけでなく、自分のおしゃれ、SNSでの発信など、私や子どもたちを意識していることがわかってきました。

例えば、SNSで、私が好きなパン屋さんのことを書くと、彼女も自分の好きなパン屋さんのことを書く、フレンチのお店を紹介すれば、ほかのフレンチのお店を「絶品」とアップする…。

卒園して、学校が変わったので、ほっとしていたのですが、SNSでつながっているため、いちいちまた張り合って記事をアップしてきたり、子どもが賞を取ったことなどを自慢する…というのに、限界を感じ、私は彼女のインスタに「いいね」をするのをやめました。

すると彼女は、私をフォロワーから外しました。

私の感じていた違和感は、妄想ではなく、現実だったんだなと実感すると同時に、彼女の縛り、彼女の見張りのないところで自由にアップしたり、子どもたちと向き合える自由さを手に入れました。

…とはいえ、中学校が同じなので、また一緒になるから、それはそれで怖いのですが、自分の心の普段の方がずっと大切です。

いろいろな人がいるから、自分に負担のある人とは、無理に関わらない方が良いと感じました。

49歳女、弟と縁を切ってスッキリ

私には二つ離れた弟がいますが、私とはぜんぜん性格が違っていて、まったく話がかみ合いません。

私たちが幼い時から弟はとても生意気で、年上の私に対してもいつも意地悪なことを言ってくる嫌な存在でした。

弟は頭が良くて学校の成績も良かったので、優秀な高校と大学に入ることが出来たのですが、そうなるとますます嫌味な人間になっていきました。

そしていつも私のことを見下した発言をするようになりました。

そんな弟は私にだけでなく、私たちの両親に対しても馬鹿にした態度や言動をとってきました。

ある時、両親から弟の言動によって傷つけられたと話を聞いたのですが、その話の内容があまりにも酷かったので、私は彼の姉として許せないと思って、弟に連絡を入れました。

すると彼はいつも以上に私のことを小ばかにした態度を取ってきて、私が傷つくような発言をしました。

それは本当にひどくて、私は本当に心底、腹が立ちました。

そしてそれ以来、弟とは縁を切りました。

幼い時からずっと我慢してきましたし、せっかくの兄弟なんだから仲良くしないといけないと思ってきたのですが、もう限界でした。

そしてそれ以来、弟とは一切、連絡を取り合っていません。

まだ若いなら、人生経験がないからしょうがないと思うことも出来ると思うのですが、弟ももう40代後半です。

それなのに人の気持ちをぜんぜん分かろうとしませんし、だれに対しても横柄な態度を取るので、もう救いようが無いと思います。

今まではそんな弟がある意味、かわいそうなので、姉としては何かあったら守ってあげたいと思ってきたのですが、もうそんな情けは必要ないと思うようになりました。

今でも両親から弟の言動などについて愚痴を聞くことはありますが、私自身は弟と一切の関りを断ちましたので、すっきりしました。

この先もよほどのことがないと連絡を取り合うことはないと思います。

多分、私たちの両親が亡くなってしまったら、その時にはさすがに顔を合わせることになるのかなと思っています。

もうそれで良いと思っています。

実の弟と縁を切るなんて悲しいことですが、今の私にはそうするしか選択肢はないと思っています。

68歳男性 会社のOB会との縁は切り、仲間との縁は大切にする

定年退職して、年金生活を送る70歳を前にした男性です。

長い人生の中で、様々な人と付き合い、接して今日を迎えています。

その経験の中から、縁を大切にすべき事と、縁を切ってスッキリすべき両面がある事をしみじみと感じています。

そんな中で、しがらみを捨て、縁を切ってスッキリとしたと言う最近の体験をお話ししたいと思います。

人は誰しも若い頃には友人や恋人などとの関係、就職すれば会社組織の中での様々な人間関係の軋轢等の中で生きています。

そして、その中でも長く在籍している会社との縁は、定年退職した後も続きます。

定年退職しても、色々な職場のOB会が開催され、そうした縁が続くのです。

OB会に参加すると、すでにOBとなっているので、本来は個人対個人の関係性での付き合いとなるべきなのですが、現役時代に経営層であった人の中には、未だに当時の権威をかさに着ている人が少なくないのです。

また、そうした人との接し方でも、偉いさんであったと言う事で、未だに持ち上げ続ける人もいるのです。

これでは、かつては上下の関係性であっても、現在は同じOBとして過去を懐かしむ事などできません。

ようやく解放された組織のしがらみが蘇る様では、何のためのOB会か分かりません。

何度かOB会に参加して、このいやらしい人間関係の中に自ら飛び込む事がバカバカしくなり、OB会とは縁を切りました。

縁を切る事で、一人の市民としてのびのびとした生活に波紋を投げかけられる事を失くしたのです。

もちろん、会社生活の中で気の合った同僚や先輩・後輩もいます。

OB会とは縁を切っても、こうした気の合う仲間との縁は大切に、個別に付き合いを続けています。

組織を引きづる付き合いは出来るだけ避け、そんな中で縁を得て親しくなった人との関係は大切にすると言うメリハリが大切だと強く感じます。

現役時代で組織と縁を切れないケースは、程度にあしらう付き合いをし、そんな中でも長く付き合える信頼できる仲間との人間関係はしっかりと構築していく事が大切だとも言えるでしょう。

30歳男性、会社も家庭も捨てて人生リセット!

50歳になる男性で、工場勤務の技術系会社員です。

縁を切ってすっきりした時期は、今からもう20年前になります。

その時期は、以前勤務していた会社から転職した時期であり、転職後、そのまま現在の工場に勤務しています。

経緯としましては、そもそも以前勤務していた総合電機最大手の子会社だった会社が、社長以下の管理職が天下りで、且つ、かなりのブラックだったので耐えられず、又、私が農家の長男で実家の近くで職場環境を変えたく、転職活動して、今に至ります。

同時に、27歳で地元の方とお見合い結婚したのですが、上手く行っておらず、離婚したのもこの時です。

それまでは、大学卒業後、電機機器設計者として、一生、前の会社で働くものばかりと思っていました。

最初は会社の独身寮で過ごし、結婚後は社宅で過ごし、まさに愛社精神いっぱいの純粋な技術系サラリーマンでした。

が、現実はバブル経済崩壊で会社が傾き、現場の優秀な先輩達が次から次へとリストラされて行くのを目の当たりにすると、会社にも社会などの権力者達にも不信感しか感じなくなり、このままここにいたら、いつか自分も都合よくリストラされると悟り、転職しました。

その後、予想していた通り、以前勤務していた会社は外資に買収され、元々の社員は全員一度クビにして、少人数のみ再雇用と言う形なったと聞きました。

とりあえず前の会社は辞めて正解と思いました。

あの時は、何もかもが嫌になり上手くいかず疲れ果てていたので、会社と家庭も全て捨てて、実家に戻りリセットできたので、気分は真っ白な状態で、もう一度、心機一転ゼロから出発となった30~31歳でした。

まさに、全ての縁を切ってすっきりした気分でした。

大体いつも全力疾走なので、我が人生に後悔はありません。

強いて言うなら、会社も結婚も、じっくりと本当に好きな相手とすべきだと思いました。

よかったのは、転職後の会社の職場環境も給与も良く、転職して良かったと言うこと。

更に、今の妻や子供達に巡り会えたことが、全てリセットしたけど、生きていて良かったと思うことです。

就職と結婚は長丁場、じっくり考えて決めましょう。

35歳女 ボスママと縁を切ってすっきり!

私の娘が幼稚園に在籍していたときの話です。

娘は同じクラスのRちゃんと仲良くなり、家も近所ということでRちゃんのママとも次第に仲良くなっていきました。

しかし、このRちゃんのママがくせ者で、幼稚園でも有名なボスママだったのです。

なんとなく第一印象が威圧的な態度で、声も大きい方だったのでボスママかなとは思っていましたが、案の定、そうでした。

私はRちゃんのママが苦手でお付き合いしたくなかったのですが、娘がRちゃんを大好きで、Rちゃんもまた娘のことを好意的にみており、娘のために仕方なくママ同士のお付き合いを続けていました。

Rちゃんのママとはランチに行ったり、Rちゃんのママ主催のホームパティ―を楽しんだりしながら、無難に過ごしていましたが、やはりいつもRちゃんのママの話を一番に聞いてあげなければならず、それはとても苦痛なことでした。

また頼み事もやたらと多く、例えば、Rちゃんのママが他の友達と飲み会に行くために託児所代わりに我が家へRちゃんを預けられたりすることもあり、次第にRちゃんのママとのお付き合いに煩わしさを感じていくようになりました。

1年が過ぎ、娘がRちゃんとクラスが離れてからのことです。

私はRちゃんのママと、距離を置いてお付き合いすることを決意していました。

Rちゃんのママからランチのお誘いがきても全て断り、LINEも自分からは打たないようにしていました。

Rちゃんのママも、私が距離を置いていることは察していたのだと思います。

距離を置いた私に対し、露骨に嫌な顔をするようになりましたが、私はお付き合いするよりは嫌われた方がマシだと思っていたので、どうってことはありませんでした。

距離を置いてしばらく経って、他のママ友達から、「最近、Rちゃんのママとは話していないの?」と聞かれました。

私は正直に「実はRちゃんのママが苦手なの。

」と答えました。

すると、驚いたことにそのママも「実は私も。

」と同調してくれ、仲良しのふりをしていたが、心の中では嫌っていたことを明かしてくれました。

ボスママは見た目は多くの人に囲まれていますが、本当に心から友達と言える人は案外少ないのかもしれません。

私はボスママを嫌い、ボスママから離れましたが、ボスママの周囲にいるママ達は私に対し、これといって何か仕返しをする訳でもなく、中には私の気持ちに同調してくれる人までいました。

今はボスママとは離れ、快適な人生を送っています。

まだズルズルとRちゃんのママとお付き合いしているママもいるようですが、そのような人とお付き合いしてもロクなことはありません。

今はRちゃんのママの顔色を伺う必要もなく、伸び伸びと暮らしていることが何よりも幸せです。

43歳男性 落ち着かない知人とやむを得ず縁を切った話

初めまして私は都内在住の男性です、私が縁を切ってスッキリした事のお話しをさせて頂きたいと思います、宜しければ最後までお付き合い下さい。

私が縁を切ってスッキリした事は、十代の学生時代からの付き合いがあった知人です、私も知人も現在は40代なのですがこの知人は十代の頃からヤンチャで年齢を重ねても一向に落ち着かなく困っていました、しかし私は長年付き合いがある知人でしたので長い目で彼を見ていました。

しかし‥やはり一緒に行動すると彼は十代の気持ちのままなのか飲食店に入っても大きな声で騒いだりワガママを言ったりと‥非常に疲れる人間性でした、私はさすがに年齢も年齢だから無理だなぁ‥と思っていましたが、なかなか彼と距離を置く事が出来ずに多少悩んでいました、しかしある日私がたまたま彼からの電話を出る事が出来なかった事でひらめきました、そうだ!彼と連絡を絶てば良いんだ!と。

しかし‥甘くはありませんでした、彼はしつこく私の携帯電話にかけてきて‥ついつい私も電話に出てしまい結局関係は絶つ事が出来ずに以前のように付き合う羽目になりました‥、しかし私はこのままでは自分の先の人生に不安を覚え‥一大決心をしました、その決心というのは住んでいた土地から引っ越しをして携帯電話の番号もメアドも全部替える事でした。

もちろん非常に面倒でしたが私は自分の為に頑張り引っ越しをして携帯電話も全て新しくしました、そして引っ越し先の住所やらも身内を含め誰一人にも教えないで暮らしました、その結果無事に十代の頃から変わらない彼と縁を完全に切る事が出来ました!、しかしそれまでにかかった月日は約3年間でした‥、正直引っ越し先の住居に知人や友人も呼べずに辛かったですが、結果的に彼と縁が切れたので一気に気分がスッキリしました。

最後になりますが2019現在では一切彼からの連絡は無く会う事ももちろんありません、私は彼に対して多少申し訳ない気持ちはありますが、私も彼も十代の頃とは違い中年期の大人なのでそれぞれの人生を考えて行動した事なので、私は自分がとった行動を一切後悔していません、心を鬼にして言いますが本当に彼と縁が切れてスッキリしました、以上で私が縁を切ってスッキリした事のお話しをさせて頂きました、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました、失礼致します。

30代女 ストーカー気質の女性を無視して縁切り

30代の女性です。

基本的にフレンドリーな性格なので誰とでもすぐにお話しできる性格です。

ボランティア活動をしていた時に出会った女性との話です。

同い年の女性と一緒にボランティア活動をすることになり、すぐに仲良くなりました。

お互い初対面で、ボランティアの人数も少なかったので自然とよく喋る中になりました。

最初は特に問題なく感じていたのですが、数か月が過ぎたころから彼女の行動がおかしいと感じるようになりました。

きっかけは、彼女の自宅に招かれた時に違和感を感じました。

出会ってまだそんなに期間が立っていないのに、彼女の両親から「いつも娘からお話は伺っています。

どうぞ今後ともどうぞよろしくお願いします」と、丁寧にもてなされました。

普通なら丁寧な対応をしていただき、好感度が高いと受け取れるかもしれませんが、逆に少し怖いと感じてしまいました。

彼女の部屋に入ると、私と一緒に撮った写真が飾ってありました。

一言でいうと、彼女は重い女だと思いました。

とにかく距離感が近すぎて、どう対応したらいいのか分からなくなってしまいました。

彼女が私に昔話を語ってくれたのですが、昔、酷い虐めにあったことで人と喋るのにとても抵抗があり、友達が全くいないんだと相談されました。

その話を聞いた時、あなたは離れていかないよね?というような空気が流れました。

その後も何度かボランティアで顔を合わせる機会が多かったのですが、彼女はグイグイ接近してきました。

友達だったら困っている人のお願いを聞いてくれるよねっていうスタンスなのか、とんでもない要求をされました。

「私、職場クビになってしまって辞めることになったんだけど、職場に置いてある私物を取りに行ってくれない?」と言われたり、私がとっくに就寝している時間に連絡をかけてきて「今、自宅の前にいるんだけどドライブ行かない?」などと、めちゃくちゃな要求をするようになりました。

深夜に自宅前にいるという行動がストーカー行為に思えたので、これ以上正直に耐えられないと思い、徐々に距離を置いてみましたが、遠回りな態度では相手が全く気が付かないので、露骨に避けるような態度に切り替えました。

彼女が一番嫌がる行為である、私はあなたの友達では無いという態度を取りました。

徹底無視をしました。

そのうちに彼女の方からボランティアをすぐに辞めてしまいました。

自分のしてしまった行動は、とても酷い態度だったとも思いますが、彼女の要求がどんどんエスカレートしていくのにはとても耐えられなかったので、早い段階で縁切りをして良かったと思います。

私の職場の前まで来たこともあったので、ストーカー気質でとても怖い女性だと感じました。

違和感を覚えたらすぐに縁切りすることをお勧めします。

22歳女性10歳年上のDVストーカー彼氏と縁切り

私が縁切りをしたのは22歳ごろのことでした。

まだ学生の20歳くらいの頃10歳年上の男性から付き合って欲しいと言われ付き合い始めたのですが、じつは既婚者ということがわかりました。

すぐに別れるつもりでしたが、相手が離婚するので待ってほしいというようなことを言い出し、私もまだ相手に気持ちも残っていたため、別れず待つことにしました。

すると数ヶ月後本当に離婚してきて、また正式に付き合うようになりました。

私のために離婚までしてくれて、とても嬉しく、時期が来たら結婚するんだろうなと思っていました。

ただ、やはり若い頃の恋愛です。

始めは周りや相手のことがよく見えていなくていところばかり目につき楽しく付き合えていたのですが、月日がながれていくうちにモラハラのような発言やDVまがいの事をされるようになってきました。

さすがにおかしいと気づき始め、別れたいと言うと、お前のために離婚までしたんだぞ、ぜったいに別れないの一点張りです。

私と付き合うために、離婚してくれたのは事実ですし、そこまでさせて別れてしまうと私が悪者になるような気がしてかなり、悩んでいました。

相手に、発言が怖いことや束縛が激しいこと、暴力を振るわれたくないということも伝えましたが、言ったその時は少しましになる程度で全く改善されませんでした。

なんとか別れたいと思い地元でゆうめいな縁切り神社にも行ってみましたが、やはりそれだけではダメでした。

連絡を返さないようにすると、家やバイト先などにも来るようになり、なかなか離れることが、できません。

でもどうしても、別れたかったため、当時一人暮らしをしていた部屋を引き払い、夜中にそっと引越しをしました。

ちょうど学校を卒業する時期でもあったので、バイトもやめました。

就職先も内定をとれたところは教えていなかったためバレないと思い思い切って、姿をくらましてみました。

するとさすがに、探せなかったのか、それ以来連絡はありません。

私はたまたま、学校を卒業するという環境の変化があるタイミングだったので、思い切って縁切りすることができましたが、そうでなければできていなかったと思います。

縁切りも思い切りとタイミングが重要だと思いますので、考えておられる方、タイミングを逃すことのないよう頑張って下さい。

20歳女 イケメン彼氏の豹変っぷりに身の危険を感じて縁切り

大学生の時に、気になる男性と遂に付き合うことができました。

積極的に私の方から告白し、ライバルたちをはねのけて見事ゲットした形です。

ちなみにですが、最初のうちは、なかなか相手にしてもらえませんでした。

そりゃそうですよね、相手は大学でも有名なイケメンで、彼に言い寄る女性は数えきれず。

ではなぜ私のような凡人が勝利できたかというと・・。

そこはほら、人間中身が大切って言うでしょ(笑)。

要は、性格的な部分でライバルたちに勝ったってわけ。

ただ、周りから言わせれば、美女と野獣の逆バージョンってな感じで(イケメンはブス専が多いなんて言われたこともありました)、結構手厳しいことを言われたんですけどね(トホホ)。

さて、そんな彼氏ですが、半年ほど付き合ったあたりから、態度が豹変してきます。

まず、私に対してやたらと執着するようになります。

他の男性と話をしていると、それだけで怒るようになりましたし、露出の高い(とはいっても、そこまで派手なモノではありません)洋服を着ると、それもまた、怒り出します。

なんだか居心地の悪さを感じるようになり、ケンカをする事も増えていきました。

なんでしょうね、イケメンならではのプライドみたいなものが傷つけられたのでしょうか。

私のような、凡人が、他の男性と話をしたり、色気を出したりしているのが、腹立たしいのでしょうか。

よくはわかりませんが、ある日を境にして、豹変した彼氏。

友人たちのサポートもあって、見事縁切りに成功しましたが・・。

最初は、軽めのストーカーチックなことをされました。

電話をしつこく鳴らしてきますし、自宅前で座り込んで待っていることもありました。

校内ですれ違えば、一切視線をそらさずに、こちらを凝視してきます。

ほんと、何かしらの事件に発展するんじゃないかと思われるほどでしたよ。

で、ちょっと身の危険を感じた私は、もう一度、しっかりと話し合うことにしたんです。

その際、友人には立ち会ってもらい、これにて、きっちりと分かれることに成功したのでした。

この経験を通じて思ったのは、イケメンというのは、思っている以上に扱いづらいということです。

妙にプライドが高いもんだから、いたるところに地雷が設置されています。

30歳男 ストーカー女性から元彼女で縁切り

40歳後半の男性でIT系の仕事をしているビジネスマンですが、もう10年以上も前に3歳上の女性にストーカーされたことがありました。

出会ったきっかけは、就職してから数年後に以前交際していたガールフレンドとばったり渋谷で再会したことからです。

この女性とは自然に離れてしまったのですが、年賀状のやり取りくらいはしていた人です。

その人と一緒にいたのら、前の仕事の同僚の女性のよつで、今回のストーカー女性でした。

私と元ガールフレンドと、この女性と3人で食事をしたのですが、その後は何事となく帰宅しました。

しかし、彼女は私をかなり気に入ったようで、元ガールフレンドから、携帯電話の番号を聞き出したらしく、1週間後に突然電話が鳴ったのです。

同時は、仕事とプライベートで1つのガラケーを使っていたので、見知らぬ電話番号でも、必ず一旦は取る習慣があり、実際に電話を着信すると、彼女の声。

「この前はお世話になりました。

とても楽しい時間が過ごせたので、またお会いすることができますか?」確かこんな挨拶で彼女が話始めた記憶があります。

それから1度だけ前にバッタリ会った渋谷で待ち合わせをして、食事をしたのですが、よくおしゃべりが好きな人で聞いているだけでも苦痛になるくらいの強引さと自己中心的な性格に押されっぱなしの私だったのです。

「早くこの場を切り上げて帰ろう。

」そんな心境でした。

外見はごく普通のルックスだったのですが、一方的な性格が嫌でも堪りませんでした。

そして、食事を終えて、なんとかカフェバーを出たのですが、彼女は私の後を尾行していたのでしょうか?自宅アパートの場所を知られてしまいました。

それに気付いたのは、翌日です。

アパートのコンビニで彼女がいるではありませんか?理由を尋ねると、偶然を装っていたのですが、とても恐ろしくなるくらいにしつこさが伝わってくるのです。

これをきっかけに私に交際を求めて来るように毎日、携帯に電話が来るようになったのです。

縛られることが嫌いな私にとっては、彼女は最も苦手なタイプ。

付き合ってもいないのに「私と別れたいの?」と勝手迫って来るしつこさです。

そんな時、元ガールフレンドから連絡があり、相談に乗ってくれたのです。

「あの先輩から付きまとわれているって、風の噂で聞こえて来たんだけど、大丈夫?」元カノに相談して、交際を復活させたようにしてくれたのです。

「僕には前の彼女と復縁したので、あなたとはムリ!」という、口実でなんとか逃げ切ることができたのです。

31歳男性 元彼女と強制的に連絡手段を断って縁切り

異性と縁をきるということは 簡単ではなかったと思います。

相手とは、6年ほど関係が続きました。

もともとは同じ学生時代の同級生だったのですが、親友だった関係から恋人関係になりました。

当時はお互いがお互いのことを愛し合っていたと思いますし、過去のことは過去のこととして、いまは本当によかったなと思います。

(別れて時間がたったいまだから思えることですが)別れを切り出したのはわたしです。

というのも、相手が浮気をしてほかの男性のことが好きだと告白されたからです。

相手はわたしも好きだといっており、週に数回泊りにきてました。

ただ、相手のことも好きだということでわたしとは「単なる身体の関係」になってしまったのです。

だめだと分かっていても。

ついつい、家に泊まりにくると身体を求めてしまう自分自身に嫌気がさして、それでも遊びに来てくれるうれしさには勝てなかった。

そんな反省が残っています。

どろどろした関係は半年ほど続きました。

その間も相手は今の相手のことを話してくる。

あっていても楽しくありませんでした。

なのに夜は身体を求めてしまい、朝に罪悪感を感じてしまったのです。

そんなわたしの最低最悪な生活をみていた友人から「お前さすがに頭くるっている。

」そういわれたときに目が覚めました。

相手に別れを改めて切り出し。

そしてさよならです。

当然、相手は私の友人やいろんな方法でわたしにコンタクトをとってきますが、一切スルーです。

いまとなっては相手の連絡先も知りませんし。

(別れを切り出したときに友人とすべての連絡先を消しました。

)こちらの連絡先も知りません。

(携帯も変えたので。

)ただ、縁を切るということは、こうした断固たる決意が重要で、気持ちを相手に改めて伝え。

行動しないと成功しないのだなと、身にしみて感じました。

当時はとても悲しかったことでも、今思えば行動に移してよかったなと。

そして、行動に移すきっかけを与えてくれた友人に感謝したいと思います。

25歳女 メンヘラ男と海外逃亡で縁切り

私は千葉県出身の女性、家庭環境も恋愛経験も友達付き合いも人並みでした。

そんな私の人生に大きく関わってくる人と出会ったのは大学に入学してすぐのことでした。

彼に出会ったのは興味があった手話サークルでした。

彼は背も高くトークも面白い、顔もイケメンの部類に入るタイプでした。

そして彼からの猛烈アタックもあり私たちは付き合うことに。

しかし、彼は女性にすごくモテるしそれを自身で理解しているせいか平気で浮気をする男でした。

何度も話し合い、許し合いましたが、私のメンタルは限界。

思い切って別れ話をし、彼も承諾するのですが、すぐに連絡がありズルズルと関係が続く日々。

最終的には元カノと会っていたことが発覚し、本当に別れようと決めました。

しかし、ただ別れると伝えたり連絡を無視するだけでは効果がありませんでした。

住んでいたアパートも知られていますし、学生のアルバイト代で新しいiPhoneを買う余裕も無し。

そこで私は覚悟を決めました。

彼が浮気しようが何をしようが文句は言わず、いつも楽しい雰囲気を作り出すよう心がけ、彼にとって私が必要だと思わせる演出をしました。

同時にかねてから考えていた海外留学の計画を練り始めます。

この期間は一年未満です。

案の定彼はだんだんと私に依存し始めます。

いつのまにか浮気もなくなり、元カノへの連絡もぱったりなくなりました。

私は演出を続けつつ、部屋はいつも通りを装い、しかし一日ですぐに部屋を開けられるよう準備しました。

いつでも彼に別れを告げられるよう整えていました。

ついに大学を卒業し家を出る日、彼が部屋に泊まらない日を狙って荷物を一掃、必要なものは実家へ、バッグ1つでお世話になったアパートを出ました。

そして携帯電話で「さよなら」を告げました。

彼は泣きそうな声で私を引きとめようとしましたが、そのうち罵詈雑言に変わり、さらに別れの気持ちを高めさせてくれました。

正直、情が移っていたので心苦しい気持ちもありました。

私自身、何度も涙を飲み込みました。

しかし、もう一緒にいるには恨みや苦しみや悲しみの気持ちの方が強く、一緒にいても上手くいかない未来しか見えませんでした。

電話を切った後もメッセージや電話が鬼のようにかかってきましたが全て無視。

一週間後には海外へ飛び立ちましたので、日本の電波は届きません。

LINEもブロックしました。

今は現地で出会った新たな人と結婚し楽しい毎日を過ごしています。

今思うと、やり方は一方的でしたが縁切りして良かったと心から感じています。

縁切りは自分自身も傷つく覚悟が必要です。

しかし、縁切りをしなければずっと傷つくのです。

一時の心の痛みを覚悟したら、時間が解決してくれます。

34歳男 高校時代からの親友と金銭問題で縁切り

34歳の男性です。

昨年縁切りした親友とのお話を書きます。

出会った経緯は高校3年の時に同じクラスになったのがきっかけです。

お互いに趣味も合い性格が似ていることもありすぐに仲良くなって、毎週のように遊んでいました。

高校を卒業して大学に入っても親友関係は続いていましたが、このころから彼が家庭の事情(家が自営業をしているがあまりうまくいっていない)からお金に困っている様子を見せ始めました。

飲みに行った際などは私が多めに払うなどの気遣いはしていましたが大した額ではないし、私はまったく気にしていませんでした。

お互いに就職してからも親友関係は続いていましたが、26歳ころから「お金に困っている。

いくらか貸してくれないか」と借金の話をするようになりました。

彼が無駄使いをしているわけではなく親の借金に苦しんでいるようだったので、出来る範囲でお金を貸していました。

大体1回に20万くらい貸していたのですが、返済はほとんどなく積もり積もって100万を越えてしまいました。

私は経済的に困っていたわけではないですがさすがに額が大きいので「これ以上は返済があるまで貸せない」と通告しました。

彼は「わかった。

なんとか返済する」といいましたが、毎月に帰ってくる額は1万円程度で「返済を開始したのだからお金を貸してくれないか?」言い出しました。

私は断りましたがもう貸した100万円は半分諦めて彼にあげた気持ちでいました。

それから半年後くらいに「実は結婚しようと思っている。

いくらか貸してくれないか?」と彼が言い出したのです。

」さすがに私も借金のあるみでどうして結婚しようという話になるんだ?そんな余裕があるなら返済したらどうなんだ?と問い詰めてしまいました。

完全に頭にきた私は親友との縁切りを決断し借金の借用書を元に返済を迫りましたがもちろんそんなお金はなく、私は弁護士に相談してしっかりとした返済計画を作らせて1年ほどで全て返済させて無事に縁切りをしました。

心情としてはずっと親友として接してきたがやはりお金が絡むと親友でいるのは難しいと強く感じました。

最初の借金を断っていれば今も親友で結婚も祝福できたのかな?と後悔もありますが、お金も回収できて縁切りできてほっとした気持ちもあります。

見ているかたへのアドバイスは「友人でいたければお金は借りるな、貸すな」です。

40歳女 浮気を繰り返す彼と縁切り神社でお参りして縁切り

40歳、事務員として働いています。

最近、3年間でくっついたり別れたりを繰り返していた彼とやっと縁を切ることができました。

彼は女性が大好きですぐに浮気をするんです。

私が浮気をする彼が嫌になり別れるのですが、出会いがないので寂しくなり、彼から「元に戻りたい」と言われて戻っていたんです。

それを5回ぐらい繰り返していました。

弱い自分が嫌でした。

元彼と縁を切りたいけれど、1人になるのが怖かったんです。

元彼に浮気されても許すなんて自分が情けないですし、腹が立って仕方がなかったんですけど、彼から「復縁したい」と言われたら許してしまっていました。

でも本当の意味では許せませんよね。

一緒にいても、また浮気をされているかもしれない、本当は愛されていないんだろうなと考えてしまい、不眠になってしまいました。

仕事中も寝不足のせいでミスをしたり、肌荒れや体重が減少し、復縁しても辛い毎日でした。

そんなある日、縁切り神社のことを友人から教えてもらったんです。

「悪縁を断ち切ったら良縁を呼び込むから」と、友人から元彼とキッパリ縁を切るようにすすめられました。

私もこの悪縁を切れるなら切って、幸せになりたいと思いお参りすることにしたんです。

ちょうどその頃、また彼が浮気をしました。

私はお参りをしたし絶対に今度こそ戻らないと強く思いました。

いつも一ヶ月もしないうちに彼から連絡があり、「復縁したい」と言ってくるのですが、二ヶ月過ぎても三ヶ月過ぎても彼から連絡がこないんです。

不思議に思って彼と共通の知り合いに連絡してみたら、どうやら事業に失敗して田舎に帰ったとのことでした。

ものすごくびっくりしました。

これは偶然なのか、お参りのおかげなのかわかりませんがすごくホっとしました。

きっとまた彼から連絡がきたら気持ちがグラグラしてしまい、元に戻っていたと思うんです。

彼が遠くの地へ行ってくれたら自分からは連絡はしません。

最初は彼がいなくて寂しい毎日でしたが、それを我慢して過ごしていたらだんだん楽になってきてもう元彼への未練はさっぱりなくなりました。

29歳女 結婚してモラハラ姉と縁切り

私が縁を切ったのは姉です。

29歳の時でした。

姉は昔から学年一位で、学級委員長、生徒会などをやるクラスの中心人物でした。

うちは母親一人の家庭でしたので遊んでいるわけでもなく、どちらかといえば真面目、キビキビ、しゃっきりしている人間です。

一方の私といえば、どちらかといえば呑気、おっとり、どんくさい、人見知り、八方美人と言われる性格で、特定の人としか仲良くできず、勉強もさほど好きじゃなかったのでさっさと働きに出たいと思うような人間です。

どちらかといえば私は母似、姉は父似でした。

姉としてはその向上心の無さが許せなかったみたいです。

なにかといえば「そんなだから貴方はそんなんなのよ」と在り方自体を昔から否定され続けてきました。

「妹だから甘えても許されていいわよね」だとか、「私は姉だから割を食っている」とか、「働きに出るなんて。

どうせ親の介護も私にしろっていうのでしょう、いいご身分だわね」……。

姉は今で言う、「意識の高い」モラハラ人間だったのです。

そんな姉でしたが、大学卒業後すぐに職場で恋愛結婚し、実家を離れました。

親の介護は私がやるんだからなんだという話はなんだったのか? と思いつつ、姉がいなくなるほうが私としては気が休まるのでむしろ万々歳でした。

が、結婚後落ち着くと、一週間に一回電話をしてきて、一ヶ月に一回、必ず帰省してくるのです。

電話の内容は「私がいた間私がしていた仕事を漏らさずやっているか」を尋ねるものです。

帰省するのは、「電話で話した内容が信じられないからちゃんとやっているか確認しに来た」だと言うのです。

なぜ嫁いだ姉から、働いている私が姑のような扱いを受けなければならないのかとやる方無い思いをしていましたが、決定的な決別は私が出張でいない間に起きました。

私がいないスキに、当時60を超えていた病弱な母に対して、私と同じ要求を真夏の盛りに言ったのです。

母も私と同じく、むしろ姉に対して「こんな甲斐性のない親でごめんね」と言うタイプの弱気な人だったので、断れなかったに違いありません。

帰宅したら母が顔色が悪そうだったため念の為病院に連れて行くと、熱中症と脳梗塞の初期症状。

今ではなんとかなる容態だったかもしれませんが、当時の医療技術では手術しても回復まではなりませんでした。

病院で母の介護をしていたら、姉が帰ってきて、私を呼び出し「貴方介護ちゃんとやれてるんでしょうね」と詰問してきたので、「誰のせいよ!」と初めて反抗し、母が亡くなってしばらくしてから母の墓を携えて(もし見つかったら母親を無縁仏にする気かと墓の管理に怒られそうだったため)私も嫁ぎ、連絡を経ちました。

私がもっと早く嫁ぎ、母を連れて逃げていれば、母とあんな別れ方をしないで済んだのにと思います。

善意や使命感の強要で死ぬ心や体もあるんです。

だから、なにをおいても逃げてください。

縁を切ればどんなになまけても許される世界があることが分かりますよ。

38歳男 短期間に別れと復縁を繰り返した女性と音信不通による縁切り

30代後半の営業職にある男です。

今まで何度か別れを経験してきましたが、その中でも一番印象に残っていたのが20代後半に1年間つきあっていた方でした。

恐らく今までの中で一番好きだった彼女でした。

当時、福岡に支店がある出版業界の会社で契約社員として働いていましたが、1年遅れて入ってきたのが彼女でした。

顔がタイプというわけでも特別美人だったわけでもない彼女になぜ惹かれたのか、たぶん生理的にガッチリハタったというのが表現的にあっています。

当時彼女には相手がいましたが、お互いに惹かれあった結果付き合いはじめました。

結局1年で別れてしまうことになりますが、その短い間でも別れとくっつきを何度か繰り返しました。

それぐらい大きくぶつかれる相手でした。

これはそれまでの人生でも、その後の人生でも感じたことがない感情でした。

最終的な別れの経緯は、私が実家の稼業を継ぐために福岡を離れなければならなかったことです。

短い間に何度も別れを経験していたことに飽き飽きしていたのかもしれません。

実家は隣の県でしたので、遠距離恋愛というほどの距離でもありません。

だからまた復縁ができたのかもしれません。

しかし当時の私にはそんな忙しい1年間をまた続ける覚悟がありませんでした。

スマホのデータを消し、一切の連絡を絶ちました。

あれから10年弱、後悔していることはいっぱいあります。

なぜあの時になどということは考えませんが、一生に一度の出会いだったかもしれないと思うことはしばしばあります。

過去を振り返ることは苦しくて、今の自分をないがしろにしがちです。

人生が思い通りにすべて経過するなんて人がいたら逆に気持ち悪いです。

人との出会いとなると自慢も後悔も十人十色で、年齢によって感じ方も違います。

20代や30代では人生の経験値が少ないので迷うことは多くなりますが、あの時の決断が本当に最適だったのか、後で振り返った時によく悩んだと思える過程が欲しいものです。

39歳男 遠距離彼女に電話で縁切り

30代の地方に住むい会社員男です。

これは大学生時代に付き合っていた方との話ですが、地方から関東の名前の知れた大学に入学した私が彼女と出会ったのは3年の時でした。

サークルの後輩として1年の時に入ってきた彼女とは出会ってそれほど時間をかけずに交際を始めました。

3年の時の1年ですが、浪人して大学に入った自分とは3つ歳の差があり、その差が妙に可愛さを引き立てていました。

彼女とは人生で一番長い交際期間で、恐らく5年ぐらい付き合っていました。

別れたきっかけは、就職先転勤で九州地方に住まいを移さなければならなくなったことでした。

大学卒業後社会人になっても付き合いは続けていたのですが、正直その頃にはマンネリでした。

そのタイミングで転勤になり、当時の自分の気持ちとして一番合うのはホッとです。

解放されるという意味合いが大きかったかもしれません。

それでも離れて3ヶ月ぐらいは遠距離もしていました。

しかし、あまり筆まめな方ではない私はメールでの連絡も億劫になり自分から連絡をしなくなってしまいました。

一番の別れのきっかけは関東に住んでいる彼女がある日突然訪ねてきたことでした。

普通なら感動してしまうでしょう。

しかし、私は引いてしまいました。

もちろん体裁は嬉しいフリをしましたが、心の中でもなんの抑揚もない自分に気づきました。

彼女が帰って2日ぐらいに別れを告げました。

かなり難航したのを覚えていますが、結果的に彼女の先輩にもあたる私の親友の説得もあり、完全な縁切りとなりました。

今にして後悔していることはいくらでもあります。

今の自分を見て、あの決断が良かったことなのか、自分と会う為だけに何も考えずに何時間もかけて来た彼女に、それまでの付き合いを振り返りもせずただ別れを告げたことが本当に正しいことだったのか、今でも考えずにはいられません。

人生の中で、精神的にも身体的にも本気でつきあうことはあまり何度もありません。

その出会いを大切にして欲しいです。

38歳男 自己中な友達(しつこい)との縁切り

はじめまして。

私は田舎暮らしをしている38歳の中年男です。

一応、働いておりますが…ほぼ隠居生活です。

【経緯】26歳で都会(地元)の会社を鬱病で辞め、環境を変える為に田舎暮らしをしようと決意し単身で何も考えず、現在の田舎へ旅立ちました。

その時に、仕事仲間として出会った人が「縁切りした人」です。

私のバカお人よしのせいで、かれこれ11年も引きずり…昨年やっと縁が切れた次第です。

【心情】知り合い~友人~親友?…友達って一体何なんだろうか?と、常に疑問に思っていました。

私が鬱病になったのも有りますが、こいつって自分の都合で俺を利用したいだけなんだろうなと。

縁を切った人は結構「自己中」で、それが多く見えだした時期でした。

うわべだけの親友…こんなのじゃ只の知り合いでしょうよ。

縁の切れ目とは、やはり我慢の限界(自分の許せる範囲)を超えた時です。

【後悔】鬱病の時は、その人に洗脳されていたのかもしれませんね。

電話番号やメールアドレスを変えて…フェードアウト作戦でも執拗に追いかけてくる始末。

これも私がバカで、自宅まで押しかけて来た時に教えてしまっていたのが縁切りを引きずった原因です。

【アドバイスというか感想】縁を切りたい人って中々「もうヤダ、うぜえから絶交ね」とは言えない筈です。

性格にもよるが私の場合は波風立てたくは無いので、なるべく音信不通を狙います。

嫌な人とは無駄に戦わず、逃げれば良いと思います。

フェードアウト作戦で今まで、それでもう縁が切れた人は全て切れていますし大体は切れる筈です。

どこかで会うかも…って心配も、心配してるほど会いません。

今回しんどかったのは、その作戦にもめげず自己中攻撃してきたウザさです。

普通は音信不通になれば「あ、連絡取りたくないのかな」と少なからず思うはずですが。

電話番号で着信拒否にして、メールアドレスも止めた、SNSも一切しないと伝え…自宅にも来て欲しくなかったので最終手段は「手書きの手紙」でした。

内容もシンプルに「もう2度と」「静かに暮らしたい」「放っておいて」「お願いします」それで今のところは自宅にも(やっと…)来なくなったので、縁が切れた状態ですが油断はできません。

もし来ても、もう居留守を貫き…最究極は引越し!です。

なんでこんな奴1人の為に…とは思いますが、縁を切りたいほどの人なら!という事です。

縁や運など神のみぞしる、人の心は読めないし変えられません。

如何か悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

読んで下さり、ありがとうございました。

それでは、失礼します。

38歳男 依存体質の彼女と連絡を一切取らないで縁切り

38歳の男性です。

以前付き合っていた彼女との縁切りについて紹介します。

前に付き合っていた彼女とは、アルバイト先が同じで知り合いました。

しかも所属していたチームも一緒で、お互いすぐにフレンドリーな関係になりました。

年齢がほぼ一緒だったので、話が合ったのも好感を抱いた理由です。

少しして自然と付き合うようになり、しばらくは良い関係を続けていました。

ですが付き合ってから、彼女の本質がわかってきて、私は付き合うことに疑問を持ち始めました。

その彼女の本質とは、強烈なまでの依存体質です。

付き合ってからは私に依存するようなところが頻繁に見受けられ、それが私はとても重く感じてしまいました。

デートをしても何かを決めるのはすべて私の役割でしたし、友人の代わりなのか愚痴を聞く機会もかなり多かったです。

仕事の場でも何でもかんでも私を頼るようになってしまい、だんだんと疲れてきてしまいました。

ある程度はしかたないと思っていたのですが、ついに我慢の限界に達してしまったのです。

それからしばらくてお互いにバイトを辞めたのですが、彼女との関係は何となく継続していました。

ですがこのままではずっと依存されてしまうと思った私は、思い切って縁切りすることにしました。

もう付き合っていけないことを彼女にハッキリと伝え、その後のメールや電話には一切応じませんでした。

最初のうちはやり過ぎたかなと思ったこともありましたが、彼女とコンタクトをとるとまた依存されてしまって振り出しに戻る可能性がありました。

ですからキッパリ別れられるように、心を鬼にして連絡を取りませんでした。

この方法が功を奏し、彼女から「別れて別の道を進みます」という内容のメールが届きました。

それにはさすがに返信しましたが、それで彼女との縁はブツリと切れました。

以後その時使っていた携帯を彼女が変えたこともあり、そのメール以降連絡は取っていません。

やや強引なやり方で縁切りしたので悪いと思う気持ちもありましたが結果的にはこれで良かったので、今でも後悔はしていないです。

時にはこういう縁切りのしかたも、お互いのためには必要だと思います。

35歳女 嫌なママ友達の性格を把握して縁切り

35歳の2児の母です。

私は人嫌いな方ではないのですが、以前、どうしても離れたいと思ったママ友達がおり、縁を切ったことがありました。

そのときの体験を話したいと思います。

彼女とは娘が幼稚園に入園してから知り合いになりました。

娘がそのママ友達の娘と仲良くなったことがきっかけで、LINEを交換し、頻繁に連絡を取るようになりました。

彼女は面倒見がよく、様々な幼稚園や近所の情報を常に持っており、頼りになるママ友達だと思っていました。

しかし、その信頼は徐々に崩壊していくことになります。

まず初めに彼女に不信感を抱いたのは、約束を破られたことでした。

彼女の方からランチを誘ってくれたにも関わらず、当日になってドタキャンをされたのです。

しかし、急用が入ったのなら仕方がないと納得していたのですが、その夜、彼女のインスタグラムを見てみると、他のママ友達とランチをしている写真が投稿されていました。

他のママ友達とランチをするのなら、私のことを誘ってもよいものを、誘わずに自分だけ楽しんでいる姿に腹が立ちました。

その上、私が彼女のインスタグラムをフォローしていることを知っているくせに、平気な顔をしてランチ会の写真を投稿してしまうデリカシーのなさに苛立ちを覚えました。

後日、彼女に「他のママ友達とランチしてたの?」と聞いてみたら「あ、うん。

そう。

」と軽く返されただけでした。

それから彼女に不信感を抱くようになり、少し距離を置いて付き合ってはいましたが、相変わらず彼女の方からは毎日のようにLINEが届き、なかなか距離を開けられずにいました。

娘と仲の良い友達のママという手前、はっきりと嫌がる素振りをとることは私にはできませんでした。

しかし、しばらくして、彼女と距離を置く、決定打になった出来事があって、私は彼女と距離を置くことに成功します。

それは、彼女に指摘をするということでした。

娘が幼稚園から「保育参観には保護者1名しか見学できません」というプリントを持ってきたのですが、彼女はそれを知ってか知らずか、「旦那と二人に見に行く予定」と私にLINEで報告してきました。

私は「あれ?保護者は一人しかダメだったはず。

もしかして彼女は知らないのかな?」と思い、「保護者は一人しかいけないみたいだよ。

」と教えてあげました。

すると、彼女から「私は幼稚園と交渉して二人で行ってもよいと言われたの。

そんなことをあなたに言われなくても、しっかりとプリントを見ているし、確認をとっている。

」といった、私に反論する、長文のLINEを送りつけてきました。

私は良かれと思って教えただけなのですが、どうやら、それが面倒見が良いと自負する彼女の自尊心を傷付けてしまったようでした。

彼女にとって、一番嫌なこととは、命令をされたり、指摘されることなんだとそこで初めて知りました。

そこで、私は彼女とズルズルと関係を続けたくはなかったので、彼女からLINEが来たときは、彼女に親切を装いながら指摘してあげたり、逆に面倒を見てあげますよといった風な文章を意識して送るようになりました。

やはり、その私の返信が気に食わなかったのでしょう。

彼女からのLINEは徐々に減っていき、今では全くこなくなりました。

私から彼女にLINEを送ることはないので、今は実質、同じ幼稚園にいながらも、全く連絡を取っていない状態です。

今思えば、私は彼女のことを仲良しのママ友達だと思っていましたが、彼女から見た私は、自分の支配下に置いておきたいママの一人だったのでしょう。

だから、自分より優位に立たれることを嫌ったのです。

私との約束をドタキャンし、悪気もなく涼し気な表情で過ごしているところからも、私を下に見下していたことがよく分かります。

もう彼女からLINEが届いても、無視を決め込むつもりです。

彼女と離れても後悔はありません。

彼女とお付き合いを続けても、イライラするだけですから。

人には誰にでも、どこか一つは良いところがあります。

しかし、縁を切りたい人がいるのなら、その優しさに目を向けてしまい、ためらってはいけません。

一度、嫌だと心で感じるものがあるのなら、きっとこのままお付き合いを続けても、厄介なことに巻き込まれるだけです。

自分の限りある人生を楽しく謳歌するために、縁をうまく切ることをおすすめします。

22歳女 親友だった2人に裏切られて縁切り

22歳/女性小学生からの付き合いの大親友であり、私の彼氏でもあった人と最近縁を切りました。

彼とは小学生のころから同じマンションに住んでいて、もう一人の女の子と3人組でいつも一緒に行動をしていました。

ですが、お互いバラバラの高校に行くことになり、女の子とはずっと連絡を取り合っていたものの、彼とは疎遠になってしまいました。

そして高校3年間は全く連絡を取らず、マンション内でも会うことなく、高校を卒業して自動車学校に通い始めた時、彼と3年ぶりに再会。

「久しぶり!あ~3年間も連絡なかったから死んだんかと思ったわ~」と彼らしい挨拶をしてきましたが、私の心の中では、「LINE返してくれなかったくせに。

」とちょっとイラっと来てしまいました。

そのあと、また彼と連絡を取り合うようになり、再会して1年後に告白されて付き合うことになりました。

ですが、不思議なことに、なんの予兆もなくもう一人の女の子と連絡が取れなくなって疎遠になってしまったんです…。

彼に「どうする?家に行ってみる?」と相談してみても、「もう子供じゃないんやし…。

」と素っ気なく返されるだけ。

そして最近彼と付き合い始めて3年が経ちました。

なぜか3年記念日の朝、疎遠になってた女の子からDM がきていて、「話がある。

今から下に降りられる?」と言われたので、なんでLINEじゃないのか不思議に思いながらロビーに行くと…。

明らかに何時間も泣きっぱなしで顔を赤くして、涙が止まらなくて困っているような表情の彼女を見つけました。

彼女と顔を合わせるのは3年ぶり。

慌てて駆けつけて「どうしたの?なんかあった?うちくる?」と言っても首を振るだけで、3分くらいの沈黙の後に喋り始めました。

衝撃すぎてもうその場で暴れたくなるくらいの内容でした。

なんと、彼女からLINEが返ってこなくなり、疎遠になったのは私が付き合っている彼のせいだったんです。

彼と疎遠になっていた3年間、そして自動車学校で再会して告白されるまでの1年間、合計4年間。

彼と彼女はずっと付き合っていたそうです。

高校は離ればなれになっても放課後よく遊んでいて、こんなにも近くにいた彼女が、私に嘘をついていたなんて。

なんで私に付き合っていることを黙っていたのかを聞いてみると、私が彼に好意を抱いていると勘違いしていたらしく、彼に連絡を取らないように伝えてたみたいなんです。

私が「やっぱり高校違うと疎遠になるんだなぁ。

寂しいね!」と言うと、「男の子だしそんなものでしょ~」と笑いかけてきた彼女の顔が今でも忘れられません。

親友2人に嘘をつかれながら普通に過ごしていたなんて、もうショックすぎてこの感情をどこにぶつけたらいいのかわかりませんでした。

そして彼女は泣きながら、「お願いだから別れてほしい。

3年間彼のことを思わなかった日はないし、彼も私への気持ちが少し残っているみたいだから…。

」と言われました。

彼とまだ連絡取ってたんだ…。

彼女と別れてすぐに、私を選んで付き合ったのはなんでだろう…。

もうその場で彼と別れることを決意しました。

こんなの親友なんて言えない。

2人して私の前から消えてほしい。

影で仲良ししてなよ。

家に帰って、寝ている彼を起こして、普通の顔して「下で○○が待ってるよ。

」と伝えると、何かを察したような顔をして出ていきました。

そして彼が彼女と会っている間、泣きながら急いで彼の荷物をまとめ、外の玄関に丁寧に置いておきました。

もう彼の寝顔を見ることができないなんて…。

3年記念日にこんな別れ方をするなんて…。

親友2人に裏切られてしまいましたが、やっぱり彼と付き合っていた3年間は忘れられません。

あの後彼はドアを叩きながらインターホンを連打してきましたが、心を鬼にして無視をしました。

それっきり2人とは連絡を取っていません。

もう二度とこんな胸が張り裂ける経験をしたくありません。

この件で学んだことは、「いきなり身近な人と疎遠になるには理由がある」ことです。

高校に入って連絡が取れなくなった彼の家に行き、LINEを返してくれない理由を聞くべきでした。

彼と付き合い始めて、いきなり連絡が取れなくなった親友の家に行って、直接話を聞くべきでした。

一つ一つ問題を解決しないとこんな結末になってしまうんです。

29歳男 頭の悪い父親と音信不通にして縁切り

こんにちは。

当方は29歳の男性で職業はフリーランスの者です。

 今回縁切りした者は、自分の父親です。

 父親ともいいたくないのですが。

出会った経緯は簡単にいいますと、親子関係だったということになりますね。

 別れた経緯や時期は、最初に経緯を書きます。

自分は高校を卒業してから東京に行って、何とか就職して一人で頑張っておりました。

 必死に頑張っている者に対して、こいつは電話で「お前の考えは浅はかだ」「頑張っている?まだまだじゃないの?」や「お前が死のうが生きようが関係ないからな」・「親でも子でもないからな」と、僕に対していってきました。

 内心「そうか。

そこまでいうなら」という感じになり、連絡を一切取らなくなったのです。

 そして、僕は地元に帰り東日本大震災に見舞われた年の暮れに、「なんとか年を越せるくらい稼いだな!」と思っていたら、突然電話がなりました。

僕は、電話番号を変えるのを忘れていたのです! わからない電話番号だったので出たら、なんとこのクソ野郎だったのです!結局、まとめると「さみしいから会いたい」「正月くらい帰ってこい」「俺とお前は親子だろ」等ならべたてました! そこで僕は猛反撃しましたね。

「あんたさ頑張っている人に対して数年前何て言ったか覚えているか?・・・」から始まりました。

 最後に僕は「僕もあなたが死のうが生きようが関係ないし。

たとえあなた死んでも葬式にも行かないし、行くつもりもないよ。

よって会うつもりなんか一切ない!」といったら、「そうか・・・じゃあ。

元気でな。

」という展開になりました。

 少し泣きそうだったかな。

あちらは。

この時の僕の心情としては、鬼といわれるかもしれませんが、もう生理的に受け付けませんので知ったことはないのです。

 約9年連絡を取り合っておりません。

取るつもりもないし。

そして、僕は電話番号を変えました。

 あまりいいたくはないのですが、この人は話している内容も通じないほど頭が悪いです。

本当に苦労しました。

話をしなくなって、どんなに精神的に楽になったか! 後悔していることは正直申しまして、不思議なくらい「カラッ!」とした気持ちで、何も「後悔していることはない」のです。

  最後になりますが、この記事を見て下さっている方で、僕と同じ様な境遇の方がいましたら、僕の音信不通戦法は絶対に活用するべきです。

 もう生理的に受け付けないものは、受け付けないのです。

人間ってそうそう変われませんよ。

 自分はこの音信不通戦法を活用して良かったし、後悔はしていません。

 ただ、親に対して少しでも躊躇すべき感情や、親子関係を修復する気がある方には、オススメはいたしません。

 そういう方はじっくりと話し合ってみるのも、いいのかもしれませんね。

 

30歳女 遠距離恋愛で束縛する彼と縁切り

現在40代のパート主婦です。

縁切りしたのは今から10年前。

仕事で出会い、飲み会でかなり仲良くなったので、けっこう休日などもデートするようになって自然の流れで付き合おうようになりました。

一人暮らしをしていた部屋にけっこう遊びに来たり、行き来していたの仲良くしていたなぁと思っていた矢先に、仕事で彼の方が転勤になり遠距離恋愛することになりました。

月1回ペースで会いに行くようにしたんですが、何だか次第に様子が変だなぁと感じるようになり、けっこう遠距離恋愛中は彼も自由に色々楽しんでいるように感じたので、私の方も振り回されるのは大変だと感じたので、縁切りすることにしました。

縁切りするかどうするか、モヤモヤした時期があったので、とてもスッキリすることができましたね!遠距離恋愛していると、けっこう旅費も必要になるし、何よりけっこうストレスもたまるので、もうこのまま過ごしてもお互いにとってマイナスになる部分が大きいなぁと感じ、私の携帯にしょちゅう遠距離している彼から電話があり、用事で外出していると色々と文句を言ってくるなど、かなり束縛するようになったので強くなり、縁切りしてそのまま過ごしていました。

縁切りしてから5年経った頃、私も別の男性とお付き合いするようになって、年齢的にも自然な流れで結婚しましたが、その後、元彼とばったり仕事で会って、ちょっと話した後に彼は私と縁切りした後、とても後悔しているとわかり、そしてその後もずっと独身という事がわかり、そのまま付き合っていたら元彼と結婚もありえたのかなぁと考えましたが、けっこう優柔不断なところもあるので、元彼は口だけの人かもしれないし、やっぱり今の旦那と知り合って結婚してよかったと思えるようになりました。

縁切りしてよかったのか。

別れた当初は色々と考える部分もあったけど、やっぱり今考えてみると、私もどんどん年を重ねていくし、やはり女性が結婚して出産できる年齢を考えると30代がギリギリだなぁと思って結婚することにしました。

40代になるとやはり30代とは違う何か大きな壁のようなものを感じるので、タイミングって大事だなぁと感じました。

35歳男 マルチ商法を勧めてきた地元の元カノは初動で連絡を絶ち縁切

袖振り合うも多生の縁という言葉のように良い縁というものはあるのでしょうが、自分は過去に付き合っていた彼女と久しぶりに合ったらトラブルに巻き込まれて、それで縁切りを考えて実行をしました。

男性の方が元カノに関する未練などが多いみたいですが、自分も地元で高校時代に付き合っていた彼女と同窓会で再開をして、それで後日話しをしたいという連絡をもらいました。

元鞘などはあまり考えてなかったのですが、久しぶりに出会った元カノは綺麗な雰囲気になっていたので少し有頂天にもなっていたのでしょう。

そしてある程度予想はできると思いますが、ファミレスで彼女と懐かしいトークをしていると不意にある商品を紹介されて、ぜひ試してみて欲しいという勧誘を受けました。

その名前は割とネット上でも有名なマルチ商法だったのでこれはヤバいのではと思ったのですが、ふと気がつくとその彼女が友人を呼んだそうで、これが割とガタイの良い男性だったので驚きました。

多分その元カノの現在の彼氏なのでしょうが、2人してマルチ商法の勧誘をしていると察したので、その場は何とか逃げおおせました。

その地元はもう家族も一緒に引っ越しをした場所なので、家族関係には悪影響は無いという点はまだ安心できました。

しかし最初の時点でLINEのアドレスを教えてしまったので、その後はしばらく元カノから何度も連絡が来て戸惑いました。

色々とマルチ商法の対策サイトなどを調べて、怪しいメールはスクショなどを取って万が一の時の証拠として保存をしておきました。

ボイスレコーダーなども新しく買ったのですがこれはあまり出番なく終了したのは幸いでした。

恐らくは最初のレストランでの会話で現在の住所や住まいの話をしなかったのが良かったのでしょうが、これで自宅まで押しかけられていたら大変なことになったかもしれません。

こういったマルチ商法やデート商法は初動で何とか縁切りをしておくと、かなりの確率で予防ができると思うので、危ないと思ったらすぐに連絡を断つことが大事だと思います。

40歳女 腐れ縁の元恋人と大喧嘩の末に縁切り

30代後半の頃の話です。

20代前半で交際していた人がいました。

恐らく私達はソウルメイトだと思うのですが、とにかく一緒にいると居心地が良い関係でした。

大好きでした。

お互いがお互いを必要としていました。

でも、本人達の意思とは反するところで、別れざるを得なければならなくなりました。

いわゆる家庭環境の相違による家族の反対です。

最後は引き離されたような形でしたので、きちんとお別れができませんでした。

そのような別れでしたので、お互いずっと引きずり続けました。

その後、新しい恋人は何人もできましたが、辛くなると思い出したり、心のどこかにいつも彼がいました。

相手も同じ気持ちだったと思います。

でも、家族を選んだ相手の気持ちは変わりませんでした。

数年に一度だけ電話をする関係が約15年続きました。

何度も会おうという話にもなりましたが、そこは何となく会うべきではないという思いが私にはあり、一度も会うことはありませんでしたが。

最後の電話は7年ぶり。

相手から連絡がありました。

しかし、あまりにも自己中な内容で、私の中で今までとは違う想いが生まれました。

相手のいい加減さに何かが吹っ切れたのです。

私自身がようやく成長したのかもしれません。

所謂悲恋でしたので、きっと思い出が美化されていたのもあるでしょう。

全く嫌いにはなれませんが、もうこれ以上中途半端に関わりたくないという想いが芽生えました。

今まではどうしても忘れられない、だったのに。

今度こそキレイさっぱり縁を切りたいと思いました。

でも、きっと同じことの繰り返しになるので、相手を怒らせて、私の事を嫌いになってもらおうと思いました。

十数年分の想いや不満、文句をここぞとばかりに言いました。

プライドの高い人なので、間違いなく怒るだろうと思いました。

それが狙いでした。

そして、その通りになり、相手は謝るどころか逆ギレ。

私に対して色々と暴言を吐きました。

そのまま電話は終わり、それ以降2年経ちますが一切連絡はありません。

あんなに忘れられなかったのに、最後の暴言で完全に冷めた私はビックリするくらい思い出すことがなくなりました。

結局二度も悲しい別れになりました。

最後に喧嘩をふっかけた私の本心に、もしかしたら相手も気付いたかもしれません。

この長い年月を引きずった事を後悔はしていません。

でも、縁が切れて本当に良かったと思います。

31歳男性 性生活に応じない妻と縁切り

私は現在31歳の男性で、神奈川県在住です。

同市内の会社に勤務しています。

 私は、今から4年前に婚活パーティーで知り合った3歳年下の女性と交際し、3年前に結婚しました。

私達は、家庭を第一にする主義だったので、当初は毎日楽しく生活していました。

 しかし、結婚してから3か月ほど経った頃から、私はあることに悩まされるようになりました。

それは、妻が全くSEXに応じてくれないという事でした。

妻は、私と結婚するまで全く男性経験が無く、SEXそのものへの恐怖が抜けないと打ち明けてきたのです。

私は、妻はまだSEXに慣れないだけで、いずれは私を受け入れてくれるだろうと考えていました。

そんな私に対し妻は、「決してあなたを愛していないわけではない」と話していました。

 しかし、妻はいつまで経っても私を拒み続けました。

私は、早く子供が欲しいと考えていましたし、このまま妻に拒み続けられながら夫婦生活を送るのは嫌でした。

妻との結婚生活が一年ほど過ぎた頃、私は妻に離婚を提案しました。

妻にとっては青天の霹靂であったのか、動揺を隠し切れないようでした。

そして、もう少し待って欲しいと言ってきました。

しかし、私の決意は固く、泣いてすがってくる妻を振り切って離婚しました。

 私は以前から、「もう一度良い人を見つけて、人並みに性生活を送りたい」と考えていました。

その為、妻と別れた後は、寂しさや後悔は全くなく、寧ろ清々しい気持ちになっていました。

 別れてからは、以前よりも積極的に婚活に励みました。

しかし、思うような結果は得られず、次第に一人での生活が嫌になっていきました。

そして、1年ほど経った頃には次第に元妻に酷い事をしたと、一方的に離婚を宣言した事を悔いるようになっていきました。

「たとえSEXが出来なくても人工的に子供は作れたのに」「なぜもっと妻の気持ちに寄り添えなかったのか…」などと自問自答する日々が続きました。

 既婚者の皆様の中でも、きっと夫婦生活での不満はあると思いますが、まずは相手の気持ちを慮ることを心掛けるべきだと思います。

30歳女 年下彼氏の意見を聞かず強制的に縁切り

初めまして。

タイトルの通りですが私は去年年下の彼氏が居ました。

大丈夫かな、と思って付き合ったのですが結局駄目でした。

思い出すだけで腹が立つような事ばかり…なのですがそれを全て書かせて頂こうと思います。

彼と出会った経緯はTwitterでした。

同じ趣味を通じて、彼の方から私をフォローして来てそれから毎日のように話をする仲になりました。

正直、彼と私の年の差は9歳有りました。

私は年上好きだしそれに彼の写真を見た事があったけど正直如何にもアニメが好きそうなおとなしそうな男の子で絶対付き合うことのない人だな、と思っていたのです。

彼と知り合ったのは2015年の冬。

それから毎日のように楽しく話をしていて、彼の方からLINE交換をしたいと言ってきたので私はLINEを教えました。

それからTwitterの方では話さなくなったけどLINEで毎日話をする日々…色々な話をしました。

その時は確かに話を聞いてくれたし、私には年下の兄弟が居ないので自分の本当の弟の様で可愛く思っていたのです。

そして彼と連絡を取り合っている間、私は彼氏も居たしその時の話も彼に沢山していました。

そして彼にも好きな女の子が居たとの事でその悩み相談も聞いていました。

職場で何度か彼の話題が上がっていましたが同僚達からは常に「それ絶対〇〇(私の事)好きだよ」と言われてました。

「だって彼には好きな人が居るのに?」と言うと「それは話を作るための口実だ」と言われ何となく気になってはいたもののそこまで深くは考えていませんでした。

そしてその時付き合っていた彼氏と別れ、彼にその旨を伝えると飲みに行こう、と話になって一緒に飲みに行く事になりました。

元々お酒に弱い彼(なんと、この時点で居酒屋に行くのもお酒を飲むのも初めてだったそうです)は酔った勢いで私に告白してきました。

職場の同僚達が言ってた事が頭を駆け巡りました。

彼に告白されたものの答えを出す事は無く、真面目に考えようと思い3か月程答えを保留しました。

勿論その間に彼と遊びにも行きました。

彼がどれだけ本気かを知りたかったのです。

そして3か月経ち、彼の私に対する思いが本当だと分かり始めてOKを出しました。

それから付き合うようにはなったのですが…。

若いから、なのか彼自身に本当に問題があるのかは今となっては分かりません。

彼はドタキャン癖が有り更に時間にルーズでした。

付き合ってからそれをされ、本気で怒った私は彼を呼び出し話し合いをしました。

彼も相当反省をしたらしくそれからはそういう事はしなくなりました。

他にも彼は私と互角に並びたいのか、合わせてるのかよく分かりませんが金銭感覚を私と同じにしたいのか無駄遣いばかりして帰りの頃にはお金が無い、と言い(数百円、千円の様なものでしたが)私が出してあげた事が何度かありました。

他にも小さな事で色々喧嘩がありました。

常識が無い所、甘えてばかり来る所、どれだけ言っても右から左に受け流して結局同じ間違えを永遠と繰り返し謝る→仲直り→又繰り返すのループ、等。

そのうちどんどん私が疲れてきました。

そして去年の夏、彼の言動に本気で私が怒り暫く連絡を取らなかった時期がありました。

仲直りはしましたが「今回で最後だ、又間違えをやらかしたら次は無いと思え」と私は言いました。

そして10月末、それは起こりました。

彼は再び無駄遣いをし、お金が無くなり私に払わせました。

流石に嫌になりました。

彼と付き合って一年目になる位の頃でした。

彼は初めてできた年上の彼女が好きなのではなく「年上の彼女が居る自分」に酔いしれてるだけの唯のナルシストだと分かりました。

そして最終日、私は彼を呼び出しました。

彼は謝ってきてお金を渡してきました。

カラオケで話し合うことになりました。

そこでも彼は謝ってきました。

何度もやり直させてください、二度としませんと言ってきましたが私はもうその言葉を何度も聞いてました。

「それ何回言った?もう無理だ」と私は言いました。

極めつけは「そんなにより戻したいなら戻して良いよ、でもこれから私お金一円も出さないからそっちで全部負担しろよ」と。

こうして私と彼は別れました。

漸く別れられた、と思いました。

でもどうせなら私の言う事なんでも聞くし奴隷にでもしとけば良かったとも思ってます(笑)登録していたカップル同士のSNSをすぐに削除し、LINEをブロックしTwitterもブロックしました。

唯、後悔している事としてやっぱり友達のままで居れば良かったんだなと。

付き合うのではなく、いつまでも友達のままで居ればこんな事にならなかったんだろうな…とそれは少し残念に思っています。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

金銭面や時間にルーズな人とは付き合わない方が良いです。

直ぐに別れましょう。

そして何度も同じ間違えを繰り返す奴はダメです。

反省しませんしそんな奴と付き合ったって時間の無駄です。

そしてみんなが私と同じような目に合いませんように。

皆様の幸せを心よりお祈り申し上げます。

36歳男 近隣住民たちの嫌がらせから避難の引っ越しで縁切り

こんにちは、30代の会社員をしている男性です。

仕事柄、転勤を言い渡されることが多くて、日本国中を飛び回っております。

頻繁に生活環境や人間関係が変化するため、こういうのも悪くないと思っております。

しかし、変化する時は多少の寂しさは芽生えるもの、もっとこの場に居続けたいなんてこともたくさん、ただ一箇所を除けばの話ですが。

それはとある地方都市への転勤が言い渡されたときのこと。

いつもならマンションを借りるのですが、結構な田舎の方で一軒家でも家賃が格安「のんびりした田舎暮らしを体験しよう」みたいに軽い気持ちで借りてしまったのがイケなかったのです。

一軒家が建つところの周辺には数軒の住宅がみられ、少ないながらも密集してたんです。

そんな場所によそ者が突然引っ越してきたという感覚だったのでしょうか。

初めの挨拶の時から、あまり良い感じでは迎えてくれませんでした。

後々思うと引っ越し作業中から、近所の人が集まって作業を遠目から見てヒソヒソってな雰囲気でしたね。

そして、まあ俗にゆう度を超えた監視からの嫌がらせアピールなんかが始まるのです。

例えば、出勤する10分くらい前から家前で立ったり作業を始めたりの見送り、帰宅時はお出迎えがてらに一斉帰宅や一斉で買い物へ出かけるなど。

また少し遅い時間の帰宅だと、こちらの家に後軸を合わせてライトを照射し帰宅した途端に消すなどなど、すごく意地悪なことが起こるんですね。

はじめは偶然と思って気にしなかったんですが、段々刷り込まれるかのように意識してしまうので、ビクビク・イライラという精神状況に、堪りませんでしたねホントに。

嫌がらせ自体は些細な意地悪行為ですから、相談するにも「だから?」というリアクションが怖いのと、この状況をどのように説明すればということで悩むのです。

したがって、相談はせずひとりでグッと耐えるのみ。

だけど、同じ耐えるなら歯を食いしばって引っ越すのが賢明と判断し、マンションへ引っ越しました。

いや~住民の行儀のいいこと、普通に暮らせることがこれほどまでに気持ちのいいことかと改めて思いました。

健全な生活って奇跡に近いかも。

28歳女 かつての不倫相手と音信不通にして縁切り

私は現在28歳で東京都内で一人暮らしをしながらOLをしているごく普通の女です。

私にとっては苦い思い出ではありますが、過去にかつて不倫相手と縁切りした経験をお話ししようと思います。

相手は既婚者男性で出会ったのは私がまだ19歳の時でした。

相手は29歳でちょうど10こ年上です。

実は出会った当初は相手の方はまだ結婚しておらず(正式に籍は入れてない)学生時代から長年同棲している婚約者がいるという状況でした。

出会いの場は職場でした。

友達の紹介で始めたアルバイト先で社員として勤務しているのが彼でした。

最初は歳も離れているし全く恋愛感情は抱いておらず、どちらかというと良い友達関係という感じでした。

最初の頃は職場で会ったり話したりする程度だったのが、ある日一緒に働いている友達が私の連絡先を彼に教えたみたいで、仕事終わりに長文のメールがきた事がありました。

内容は詳しく覚えてませんが、仕事のことだったりプライベートの事だったりが書き連ねてあった気がします。

しかしその文書を読んだ時にまず感じたのが意外に律儀で真面目で誠実な人だなという印象を持ったのは覚えています。

それ以降も彼とはたまに連絡するくらいで、もともと人間関係が良好な職場だった事もあり、職場のメンバーみんなで食事に行ったり飲みに行く機会はありました。

しかし結局その職場は半年ほどで私の都合により辞める事になり、辞めた後はほとんど誰とも連絡を取らず会う事も無くなりした。

そんな中で唯一彼とは変わらない頻度でメールを続けていて、ある日二人で会う事になり、久しぶりに彼と会いました。

今思うともうこの時点で不倫関係は始まっていたのかもしれません。

初めて二人で会った時に彼から彼女がいる事を聞かされました。

学生時代から付き合っていて、長年同棲している事や、いずれは結婚することなど…初めて彼が自分の話を沢山してくれたような気がします。

その時はまだ友達関係と思っていたので私はその話をただ頷きながら聞いていました。

彼はもともと薬学部卒業でとても頭が良く知識が豊富で話しているだけでも面白く飽きずに聞いてられます。

何というか流れに任せてしまい、二人で会ったその日にホテルへ行き体の関係を持ちました。

彼は罪悪感?からなのかいつもお金をくれました。

最初は受け取る事に抵抗があった私も回数を重ねるうちにそれがだんだんと当たり前になりました。

会えばホテル直行。

現地集合現地解散。

普通のデートなんてほとんどした事がありません。

そんな関係が2年ほど続いたある日彼の方からかねてから付き合っていた彼女と結婚したという報告を受けました。

いずれこの日は来ると覚悟していた私はもうこれでこの関係も終わりか、と思っていた矢先、なんと彼は結婚後も変わらず今の関係を続けていくという。

なんて都合の良い話、都合のよい男なんだと思いつつも、押しに弱い私ははっきりキッパリと断れずズルズルと関係を続けてしまい、結果的にそれからまた2年、計4年間ほど不倫関係を続けたのです。

4年で終止符を打ったのは私の方が耐えられなくなったからです。

4年も月日が経てば私は23歳。

彼はもう33歳。

その上彼の奥さんも同い年で33歳です。

もういつ子供が産まれてもおかしくありません。

自分の中にある良心がいたたまれない気持ちになっていったのでしょう。

このままだと最終的に誰も幸せになれないのではないかと思ったので、強制的に私の方から音信不通にし、別れを告げました。

もう絶対に誰からも足取りがつかめないよう、電話番号もメールアドレスも変えて、住民票も福岡から東京に移し、たった一人で単身上京したのです。

後悔している事を挙げるとすれば特に理由も言わずいきなり音信不通にしてしまった事は後悔というより申し訳ない気持ちにはなります。

しかし彼から教えてもらったことは沢山ありますし、この経験からもう二度と不倫はしないという固い決心もつきました。

今は一人暮らしで彼氏もおらず毎日仕事に忙しく充実した日々を送っていますが、いずれ私も結婚する日がくるかもしれません。

その時に過去の過ちから奥さん側の気持ちに心が痛むかもしれません。

アドバイスできるような事は何も言えないのですが、私は縁切りという形でだいぶ気が楽になれました。

人との縁、人脈はとても大事だと思います。

そこから思いもしないチャンス、助けがあるかもしれません。

これから縁切りしようとする方には後悔のないよう行ってもらいたいです。

39歳男 交際相手に秘密を知られ縁切り

私は39歳の男性で会社員しています。

今から20年ほど前の話なのですが、当時私は大学1年生でバイトで知り合った同じ年の女の子と交際していました。

交際のきっかけは、彼女がバイトを辞める日に告白された事で、私にとって初めての交際となりました。

アルバイト先は別になりましたが、2人で休みを合わせて、ショッピングや遊園地などでデートを重ね、交際は順調そのもの。

自分には彼女しかいない、将来的には結婚もしたいと真剣に考えていたのですが、ある事をきっかけに彼女と縁を切る事になりました。

それはある日のデートでの出来事。

いつものように彼女と繁華街で遊んでいると、突然彼女から「ねぇ?ちょっと聞きたい事あるんだけど。

」と言われました。

私は「ん?何かあったの?」と軽い気持ちで聞き返したのですが、彼女から質問は私にとってあまりにも衝撃的なものでした。

それは「もしかして整形してる?」との内容。

私は地方の大学進学をキッカケに一重から二重にプチ整形しており、彼女は何らかのキッカケで私の過去を知り得たようでした。

私は恥ずかしさとショックで言葉を失っていると、彼女は慌てて「ごめんごめん!私はそんなの気にしないから。

カッコよくなる事は悪い事じゃないもんね。

」フォローしていました。

結局その日のデートは終始上の空で、とにかく「言わなくてもいいのにデリカシーのないやつだ。

」「今後もそういう目で見られるのは嫌だ。

」と頭の中がいっぱいでした。

それから私は彼女の熱が一気に冷め、彼女からの連絡を一方的に無視し続けました。

彼女は私とどうしても別れたくなかった様子で、家に様子を見に来たり、手紙をドアの前に置いており、「私はあなたとの関係終わるの嫌だからね。

」という内容の置き手紙を最後に二度と会う事はありませんでした。

あれから20年経った今、私は結婚して幸せに暮らしていますが、頭の中には彼女が置いた最後の手紙がずっと引っかかっており、きちんと別れずに彼女に酷い事をしたと後悔し続けています。

24歳女 人に丸投げする友達と縁切り

私が縁を切ったのは友達だった人です。

彼女とは友達作りアプリで出会いました。

私は以前、そのようなアプリで出会った人にネットワークビジネスの勧誘をされたことがあり、非常に警戒していました。

しかし、アプリで彼女のプロフィールを見ていると、彼女も過去にそのような勧誘を受けて不快な想いをしたと分かり、この人は信用出来ると思いました。

また、彼女は車椅子に乗っていて、障害を馬鹿にしない人と出会いたいとのことで、きっと心優しい人なんだろうと思いました。

それから実際に会い、色々な所にお出かけするくらい仲良くなりました。

そんなある日のことです。

彼女から「一緒に旅行したい」と言われました。

既に友達になって半年が経っていたので、旅行でもっと仲良くなれるだろうなあとワクワクしました。

しかし、旅行でその期待は裏切られました。

まず、行きの新幹線でのことです。

どこ行こうかと話しながら、事前にスマホで調べてきた飲食店の食べログを見せました。

だけど彼女は「あ、ごめーん、何も調べてきてないw」と言いながらスマホでYouTubeを観ていました。

更に、「そのお店って車椅子で入れんの?調べて?」と丸投げでした。

あれ、これ大丈夫か?とちょっと不安になってきました。

更に、旅館に着いてから「温泉って車椅子で入れるのかな?」と聞いてきたのですが、自分のことなのに自分で確認してないの?とモヤモヤしました。

ちなみに旅館の予約は私がしたのですが、私は予約する前に彼女に「旅館に聞いときたいことない?」と何度も確認しました。

そして、何かあったら彼女も自分で問い合わせ出来るよう旅館の連絡先もLINEで送りました。

なので、車椅子乗ってたらより身体のこと気にかけなきゃいけないのに何も自分でしてないのか…と疲れてきました。

そして旅行二日目。

私はキレました。

観光している時に坂道がありました。

車椅子での坂は危ない為、私は後ろから支えていました。

その結果、腰に負担がかかり、疲れてきました。

そして坂の頂上にあった椅子を指さし「ちょっと疲れたから座らせて」と言いました。

しかし彼女は「えー、そこ虫いるじゃん」と言いました。

人に車椅子押させといてそれか…でも虫は嫌だよな…でも何かな…と色んな気持ちが込み上げてきていたその時です。

「ってか、後でこんな急な坂を車椅子で降りるの?危なくない?安全な道調べてよ」私の怒りは爆発しました。

「は?自分でやれよ」彼女の方を見ると呆気に取られた顔をしていました。

もうこの際どうでもいいと思い、ありとあらゆる不満を全部ぶつけました。

彼女はただ「…ごめん」としか言いませんでした。

その後空気は最悪でしたが、旅行から帰ってきてからも彼女からは何故か遊びに誘われました。

最初はやんわり断っていましたが、耐えきれず、ついに連絡先をブロックしました。

このことで後悔していることは、嫌なことを爆発するまで溜め込みすぎたことと、もっと彼女を知ってから旅行の計画を立てるべきだったなということです。

(半年じゃ早すぎた)この話を聞いた人にアドバイスをするとすれば、人の為に何かをするのは良いことだけど、自分ばかりが頑張り過ぎないでということです。

また、不満を言っても分かってくれない人は思い切って連絡先をブロックするのも有りだと思います。

28歳女 18歳の頃親友が姉の旦那と不倫をして縁切り

初めまして。

28歳既婚者妊婦です。

もうかれこれ10年前の話にはなりますが、未だに煮え切らない怒りを未成年時代に経験しましたのでご紹介します。

こんなにも昼ドラか!とまで思うような経験をひたのは初めてです。

その子(以下、Aとします)との出会いは、幼少期。

小学校の頃からバスケットをしていたので、顔見知りでした。

Aの父親は教師で私の中学の頃のクラスや部活動の恩師でした。

そんなこともあってか、Aとは深く関わるようになり、高校で初めて同じ学校になり、もちろん同じ部活。

何でも相談できる親友としていつも一緒にいました。

試合の打ち上げや宴会の出し物では2人で余興をしたり、楽しいことを一緒に過ごし、高校生活ってこんなに楽しいんだ!と謳歌している自分がすごく嬉しかったのを覚えています。

大切な友人は家族と同様だし、自分の家族とも仲良くなってほしい。

そんな思いから、私の姉家族と一緒にご飯を食べたり、近所の体育館でスポーツをしに行ったりなど、家族と関わる時間が増えました。

姉の旦那さんはひょうきん者で、面白いこと、楽しいことが大好き。

Aもイジられキャラだし、フィーリングが合うんじゃないかと思っていました。

Aも姉の旦那も意気投合し、会う度にお互いふざけあって楽しんでいました。

そんなある時、姉旦那から「Aにブラックメールしてみんや?」とのお誘い。

当時、某番組での人気企画。

名前を伏せていきなりメールを送って驚かせるみたいなドッキリ企画。

私も当時はその番組も好きだったし、何よりAの反応が楽しみすぎてノッてしまいました。

結局、「は?誰!?」みたいになって、その場は「私の姉の旦那でした~」チャンチャン!で終わったんです。

終わったはずだったんです。

私が甘かった。

安易すぎました。

数日後、姉から「Aと縁切りな。

あいつと旦那、デキとるけん!」と。

いきなり姉からの衝撃告白を受けて、思考がフリーズしました。

でも、なぜかその時はAを信じて「何かあれば言ってきてくれるはず。

」とAからの言葉を待っていたのと、親友の家族を壊すようなことはしない!となぜか前向きに考えていて、全く姉の忠告を信じませんでした。

姉は、寝てる旦那の手元にあった携帯が開いたままで、Aからのメールが表示されており、ハート付きの文章が送られていたのをみてしまった、と。

姉は直接Aに電話して、真相を聞いたらしいけど、「ふざけてしました。

すみません。

」と言われた様子でした。

それを聞いて完全に安心しきってしまいました。

それが運の尽き。

それから高校を卒業した頃、姉から連絡がありました。

「Aからのラブレター見つけた。

あんた、ホントにあの2人デキとらんと思ってたの?」と。

旦那の車内からAからのラブレターを発見した姉。

その内容を見れば、「今日で6ヶ月記念日だね。

」と、交際していたことも判明。

旦那は、時々夜運動しに行くから、と出て行ったりしていたらしいですが、その時Aに会いに行って体の関係を持っていたそうです。

しかも、2人が出会ったのは高校2年の冬。

関係を持ったのは高校3年の夏。

私は1年以上、全然わからずAにも旦那にも接していたんです。

しかも、当時高校生の時からそれを知っていた周りの友人。

みんな、私に言えず、学校でもずっと可哀想な目で見ていたそうです。

全然知らなかった。

そんな目で見られていたことも。

むしろ、そんなこと周りに一番知られてほしくなかった。

ただ、後悔しかしませんでした。

家族に合わせなければ。

既婚者に易々と連絡先を教えるなんて、バカすぎる!高校を卒業してからAは県外に行ったし、私は県内外の専門学校へ進学。

なかなか会えなかったのでまずはメールで「姉の旦那と関係あったのってホント?」と、送りました。

どうか嘘であってほしい。

の願いは叶わず、「ごめん。

」の一言。

灰になりました。

心はズタボロ。

こんなにも裏切られたことがショックすぎて、その日の記憶なんてない。

学校から帰って夕方姉に電話してワケを話して、同時刻に私はA、姉は旦那とバトることに。

「まず何も言わないから、ホントの事言え。

」冷たくあしらいました。

「だんだん接していくうちに、お姉さんの旦那さんという存在から、好きな人に変わりました。

」と。

「は?それで?どこまでいったと?」この時の私は、好きになるのもいけないけど、そこまでならまだ許せるかな。

と寛大な心でいようと決心していました。

どうか、どうか気持ちだけであってほしい。

そんな願いでAの答えを待ちました。

「体の関係までいきました。

」はい、もうここで私の糸がプツりと切れました。

「お前まじナメんなよ!どんだけこっちは最後まで信用しとると思いよっとや!殴りたい!てか、もう気持ち悪いけん縁切るから!」ブチっと電話を切ってそのままAとの縁を断ちました。

その事を姉に報告すると、旦那は「体の関係はない」としらを切っていたそうです。

どっちもクソだなと思いました。

結局、それから10年経った今、姉は旦那と離婚して子供3人を連れてシングルマザーとして過ごしています。

旦那はあの後も不倫を繰り返し、不倫相手を妊娠させたんだとか。

それが決定打で離婚したんですけどね。

やっぱ、繰り返す人は繰り返すんですね。

私はAとは何の接点もないですが、高校の集まりとか結婚式とかでは会います。

この前なんて、「久しぶり」と普通に話しかけてきたのにはおどろきました。

私にはこの件に時効なんてありません。

一生許さない。

やっぱり、家族内でもトラブルがある時代なんです。

自分が信じる人はとことん信じてあげるべきだとは思います。

信じてほしければ、まずは自分から信じなさいということですよね。

けど、人は嘘を付ける生き物。

ということは心の片隅に置いて生きて行くこともオススメします。

29歳の彼女と上手く男を紹介して縁切りできました

彼女と別れたいということがありました。

若干、ストーカー化してきたということもあり、上手く縁切りができるように、ということで色々と試してみたことがあります。

別に屑男になったりとか暴力を振るったりということはしませんでした。

そんな酷いことはできないです。

ですから、まずはとにかく普通に別れることを求めたわけですが、それなりに厳しいことにはなりました。

つまりは、なかなかわかれてくれない、ということです。

そこでやや卑怯なことではあるのですが、私に興味を持たないようにということで他の男性紹介するというような形で縁切りを目指したということもあります。

というよりは、こちらの男も彼女が欲しいと言っていたのでそちらの紹介するというような形をとったということになるのですがものすごくうまくいって私のことはもう目に入らないというような状況になりましたのである意味本当にうまく縁切りができたと思っています。

しかし、また、そちらのほうが別れた場合、こちらに寄ってくるということがなかったりするかもしれませんのでそれだけは避けるようにということで、すべての連絡してたのかということをやっていました。

こうすることによって、かなりしっかりと縁切りをすることができるようになりました。

縁切りのための別れさせ屋のようなものがあったりするのですがそちらに依頼するということは考えたのですがあまり費用をかけたくないということもありましたし、そもそもそこまではしなくてもどうにかなるだろうということは自分の中で思っていたのでそちらの方は使わないで自分で友達の友達くらいに男を紹介するというような形で縁切りに成功しました。

費用もかかることなく、しっかりと地雷女を押し付けることができましたから、個人的にはかなり成功できたと思っているくらいであり、アドバイスとしては友だちの友だちくらいの男を押し付けることがよいです。

それならば罪悪感も沸くことはないです。

29歳女 彼氏に長文メールを送り、機種変更し縁切り

29歳、調剤薬局事務員です。

私が縁を切ったのは、前職で付き合っていた男性でした。

出会った経緯は、前職で他社との合同お客様感謝祭のような催しをしたときにあります。

私は、かき氷を配る係でその男性は他社の職員の方で、お疲れのようだったので、職員の方々みなさんにかき氷を配ったところ、私に興味を持って出さったらしく、お友達としてお付き合いを始めました。

別れた時期は、お付き合いを初めて一か月過ぎた頃です。

その男性の方は非常に気遣いもして下さり、一緒に映画館や水族館にデートのような形でお出かけすることも何度かあったのですが、非常にこまめにメールを下さる方で、私がズボラでメールの返信をするのが面倒くさくなってしまったことが分れた原因です。

今思えば、こんなにコミュニケーションを取ろうとしてくださる男性は稀だと思うし、本当に、申し訳ないと思うのですが、当時、仕事以外に趣味で同人誌の制作を行っており、個人誌1冊とアンソロジーの原稿2つを抱え、てんてこ舞いの状態でメール返信する余裕が完全にありませんでした。

仕事中、食事、入浴、睡眠以外はパソコンか資料と向き合って集中してタイピングをしているときに、携帯電話が鳴ります。

今のスマートフォンと違い、誰からのメールか、どんな内容かというのが操作しないとわからない時代の頃です。

仕事関係だったらと思い、慌てて携帯電話を取ると「今何してる?」という内容だったり「テレビで面白い番組がやってるから見て」という内容だったりで、慌てて携帯電話を取る事に疲れ、段々、「そんな余裕は無い、今マジで忙しいから話したくない」と言う言葉をオブラートに包んだ表現が思いつかなくなってきました。

私のメール返信が素っ気なかったから、メールのやり取りが続かないからか、彼の方も不安に思ったのでしょう「もしかして、俺のこと嫌い?」と尋ねてきました。

そんなことは一切無いし、彼は非常に女性がどうすれば喜ぶか考えてくれるいい人だったと思います。

ただ、私は忙しかったので、可愛い返事のひとつも浮かばず、毎日毎日メールを送る余裕がある男に対して、感情的になってしまいました。

忙しいと自覚しているのに、わざわざ10000文字ぐらいの長文で、どうして今連絡出来ないのか、自分がいかに忙しいかという文章を打ち込み、送信し、その日のうちに携帯電話を他社に乗り換えしました。

この話を、婚活で出会った男性と別れたがっている後輩に話したところ「先輩それはあまりにも人の心がありませんよ」と言われたので、縁を切る方法としては確実ですが、辞めた方がいいかもしれません。

男性の友人にも同様の話をしたところ、「いつからいつまで忙しいということが分かっていれば男の方だって連絡を控えたんじゃないか」と冷静な意見を頂きました。

忙しくて連絡を返せない、または可愛く返すことが難しい状態の方は、私のように人の心がない縁の切り方はせず、冷静に、忙しい期間を伝え、やるべきことに集中しましょう。

また、それでも連絡をしてくるようでしたら、最終手段として相手が引くほどの文字数の文章で別れたい理由を述べ、その日のうちに携帯電話を変えましょう。

25歳男 ゲーセンで信頼していた男性から騙し取られ縁切りした体験談

私は、現在30代後半の男性です。

私は少年時代からゲームセンターに通うことが大好きで社会人となり、地元から離れて居住した市内のゲーセンで、非常に人懐っこい青年とゲームセンターで出会う形になりました。

互いの実家に泊まる関係まで発展した仲でどう言った経緯で、縁切りすることになったかご紹介させて頂きたいと思います。

私が就職した居住先の市内で生活することになってから、青年と出会うきっかけになりましたのは、勤務先職場から一番近いゲームセンターで遊んでおりました時に、私からよくいる常連の方だなーと思い気軽に声をかけさせて頂いたことがキッカケです。

その知り合った子が、「○○さんに、このブルガリの時計を身に付けてほしいんです。

凄く僕のお気に入りなんですけど、身に付けてくれるだけで本当に尊敬しているので、お願いします。

お貸ししますので」と言う形で受け取り、一週間後に返すと申し出たのですが、断られまして、何度も申し出たのですが、「僕が良いって思うまで付けといてほしいんです。

僕からのお願いです。

」と言う形で年数が経過して私は、転勤になってしまいました。

そして、その転勤先で生活しております時に、彼から電話がかかってきまして、「あの、僕の大切なブルガリの時計返して欲しいんですけど、東京まで持ってきてもらえますか?」と言う無理な要請があり、郵送で送らせてもらったのですが、後日再度電話がかかってくる形になり、「あの壊れてるんですけど、なんでこんなことになるんですか?弁償してもらって良いですか?」と言う形になり20万円を支払ってしまいました。

そこから縁切る形で向こうも私も一切連絡を取らなくなったと言う形です。

最初にどうしても身に付けて欲しいんです。

と言われた時に強く断るべきでした。

やはりゲーセンで知り合う人はロクな人がいないな。

刹那的な関係で十分だなと思いました。

物凄く良い人そうに見えてもそうじゃなかったりする人がいるので観察力を身につけてください。

34歳女性、夫を取ろうとする女性と徹底的に関わらないようにして縁切

私の名前はみか、30代の主婦です。

普段は事務職で働いています。

趣味は温泉、漫画を読むことです。

私が縁切りをした人と出会ったのは昔仕事をしていたアルバイト先です。

仕事をしていて相手の方が先輩だったので、良くしてもらっていました。

何か困ったことがあれば助けてくれて最初はとても親切な人だと思っていたので私もいろいろと相談をしていました。

ですが、あるときから私の夫について根掘り葉掘り聞いてくるようになったのです。

「何か変だな?」と思ったのですが、特に気にしないで何でも話してしまいました。

ですが、あるとき決定的なことがあったのです。

なんとその女性は私の夫だと分かっていて夫に近づいたのです。

夫を誘惑して携帯番号を教えてもらっていたのです。

私に近づいたのは私の夫に近づくためだったのです。

そして、この人は人の夫を取るのが趣味で過去に犠牲になった人がたくさんいたとのことでした。

夫は取られずにすみましたが、それを聞いてぞっとしました。

そして、すぐにその女性とは縁を切ることを決めました。

夫を取られかけたので、その後すぐに連絡を取るのはやめました。

そして、仕事場でも出来るだけかかわらないように接することにして、その後そのアルバイト先もやめました。

たまにその女性から今度遊ぼうと連絡が入ってきますが、なんだかんだ理由を言って避けていました。

アルバイトを辞めたらその女性を着信拒否をして徹底的に連絡を取らないようにしました。

夫にもちゃんと注意して連絡取らないようにして、着信拒否をさせました。

そのときの心情は本当に恐ろしいと思ったので、縁切りすることに対して特に罪悪感とか悲しい気持ちはなかったですね。

それよりもだまされていたことにショックでした。

縁切りは友達ならそこまで難しいことではありません。

縁を切るには徹底的にかかわらないことが一番ですね。

たとえ相手が甘い言葉を言ってきたとしても無視をして関わらないようにしてくださいね。

41歳男 悪態を行う部長から離れたく縁切り

私は41歳の会社員です。

しがない会社で役職に就き課長をしています。

先日、京都にある安井金比羅宮に行きました。

転職をして早3年経ちまして、会社でいろいろな事があり、ある人と縁を切れればという思いから行きたくて、やっと行く機会があり行くことができました。

ある人というのは、私の会社の上司で45歳の男性で部長をしている方です。

何かと人のせいにしては、自分が楽をするていたらくでした。

愛人を囲っており、その愛人が会社に来る始末、またネチネチと話したりセクハラ・モラハラは当たり前の人間とは思えないくらいの人でしたので、自分だけなら被害を被ってもよいと思っていましたが、私の部下にも被害が及び中には体調を崩して長期休暇をせざるを得ない部下がいまして、何とか縁を切れないものか?と思っていました。

人だけではなく色々と縁切りが出来ると言う事を知り、複数のお願いして来ました。

お参りをした1か月後、その部長が配置転換になり、私の所属する課や部と一切というかほとんど顔をあわさないようになりました。

部下も大喜びで、私に「どんな魔法をかけたんですか?」と聞かれるくらいですとりあえず良かったと思いましたが、本当に良かったのか?と思うこともあります部長にも家族がいてその人の人生を勝手にダメにしてしまったのではないか?と思う事があります上記のような悪態をしていたのは、何かしら理由があるのではないか?それを把握できなかった私にも責任があるのではないか?としかし新しくやってきた部長は前任者とは全く異なりますので、今度そこら辺を相談して気持ちの整理をしていこうと思います私も一歩間違えれば、人から嫌われることもあると思いますし、信頼をなくせば会社からは不要と判断されることもあるでしょうし、部下からも相手にされなくなることもあるかと思います襟を正して頑張っていくきっかけになったと思います来週、体調を崩していた部下が復帰することもうれしく思います必ず願いがかなうというわけではないかと思いますし、相手の不幸を願うのは気持ち的には良いものではありませんかっこよく言えば自分だけではなく部下を守る必要があって行った結果、部下を守る事ができたと思っております襟を正して、仕事を頑張っていくよいきっかけになったと思いました

45歳男 性病感染までした浮気女から転職と引越しで縁切り

現在私は45歳の男性で独身です。

今まで女性と交際する機会はありましたが、女性と結婚したいとまでは思わなかったんですよね。

実は以前交際した女性から酷い目に遭ったことがあり、それが今でも私の深層心理にトラウマを受け付けて女性不信に陥らせてます。

この体験は今から15年程前で、私がまだ30歳ぐらいの頃でした。

独身一人暮らしをしており、交際していたのは24歳の独身女性。

交際歴は4年目でした。

彼女が大学生の頃に私の会社へバイトしにきており、その時に知り合いました。

仕事を教えてるうちに仲良くなり、そのまま交際へ発展。

たまに言い争う程度の口喧嘩はするものの、大きな喧嘩もなく交際は続きました。

そうこうしてるうちに彼女は大学を卒業して就職します。

彼女の就職先は地元企業だったので、そのまま交際は続きました。

就職から3年目に彼女は異動で隣の市で働くことに。

隣の市なので異動前同様実家からの通勤とはいえ、残業と通勤時間が長くなったので逢うのは週末ぐらいになりました。

まあ異動後は職場の人間関係に慣れるのも大変ですし、平日の仕事帰りに会うのも大変だろうと思って誘わなかったんですよね。

それから三ヶ月程経過した頃、私の体調に異変がありました。

そう、性病感染です。

私は彼女以外と関係を持っていなかったので、感染源は彼女ということになります。

その事を彼女に告げると、異動先の先輩と男女の関係を持っていたと白状しました。

異動後しばらくしてから歓迎会が開かれ、その時にお持ち帰りされたんだとか。

しかもその先輩だけでなく他の同僚ともなし崩し的に関係を持ち、たった三ヶ月で複数プレイもしていたと。

これでヤリ癖がついたようで、ナンパ等で知り合った見知らぬ男性とワンナイトな関係を持ったりもして性病感染していたということでした。

ちなみに彼女本人に自覚症状はなく、私から告げられるまで性病感染してる事すら知りませんでした。

交際歴は4年目でしたし、そろそろ結婚もと考えていた女性に裏切られたのはとてもショックでした。

そのまま交際を続ける気にはなれず、別れを告げたんですよね。

彼女の方も自分自身に非があるのは認めているのですが、別れるのだけはイヤだと泣き喚きます。

まあ話し合ったばかりで冷静さを欠いてるでしょうし、とりあえず決定は保留ということで彼女を帰しました。

ある程度日数経過すれば私の気持ちも収まると思ったんですけど、まったく収まらず。

日を改めて彼女に別れを告げるも、彼女の方は相変わらず別れたくないの一点張り。

それどころか私の会社同僚に(彼女にとって都合の良い)事情を話し、取り直してもらおうとまでしてました。

彼女は大学生時代に私の会社でバイトしてましたから、同僚とも知り合いでしたから。

1vs1で私と話し合いをしてもダメなら、搦め手からって感じだったんでしょうね。

彼女から聞いた事情を鵜呑みにし、私と彼女の関係を取り持とうとする同僚達。

しかも何故か私が悪いことになってます。

向こうは年下なんだし浮気ぐらい大目にみてやれ、職場異動したばかりで不安だっただけだ、反省してるんだから~等を言われました。

彼女自身も私の自宅前で待ち伏せをしてたりしますし、正直私の精神の方が参ってしまいました。

引越しをすれば彼女の待ち伏せを防げるものの、一時的なものでしょう。

何しろ会社同僚が彼女の味方サイドなんですから。

それに職場では悪者扱いされてますし、転職+引越しするしか彼女から逃げられいと思ったんですよね。

幸い引越し費用や数ヶ月無職でも暮らしていけるだけの貯金はありましたし、逃げることにしました。

もちろん携帯電話も解約し、こういう事情で彼女と別れたし電話も変えたからと事情を話しておきました。

完全に彼女との繋がりを切ったことで、なんとか縁切り出来ました。

転職や引越しと色々面倒でしたが、あのまま職場にいても大変でしたし、彼女に付け狙われるのも怖かったですし思い切って正解でした。

30歳女性 不倫相手がしつこかったので会社を辞めて縁切り

はじめまして、私は現在都内在住のパート主婦です。

私が縁切りをしたのは30歳の時、当時は大手企業に勤めるOLでした。

彼は同じ会社に勤める先輩で既婚者、つまり不倫の関係だったのです。

私達が急激に親しくなったのは、会社のクリスマス・パーティーでした。

その会社ではパーティーの時には奥さんを同伴してきていたのですが、彼の奥さんは仕事を持っていて来られなかったのです。

そこで私が相手をしているうちに、段々と良い雰囲気になり、そのまま彼の自宅に誘われたのです。

そこから不倫関係が始まりましたが、相手が既婚者なのでまず成就する可能性はないと分かっていました。

彼の言葉はいつも「愛している」ではなく「好きだよ」で、奥さんと別れるつもりも全くなさそうだったのです。

デートは一方的に彼からアプローチがあるまで待つしかなく、毎日辛い思いをしていました。

自分の為にも彼と縁切りをしよう、そう思い、自分から別れを決意したのです。

ところが彼はそんな私の気持ちを全く理解してくれず、「何故?」としつこく私に迫ってきました。

どんなに「将来性がない」と言っても「もしかしたらそうなるかも知れない」「好きなんだから何の問題があるんだ」と意見が平行線だったのです。

そこで、縁切り寺に参拝したところ何故かスッキリした気持ちになり、彼から離れる為に仕事を辞める決心が付きました。

最後の日にはさすがに彼も怒ったのか、オフィスには顔をみせませんでした。

私は「これで終わった、でも私は自分で自分を守ることができた」とほっとする気持ちで一杯でした。

後悔していることと言えば、何であの時彼に夢中になってしまったのかということだけです。

もっと強い意志を持っていればこんなことにならず、会社を辞めずに済んだでしょう。

もしも現在不倫関係の縁切りをしたくて悩んでいる人がいるならば、とにかく早いうちがおすすめです。

どんどん深みに入ると周囲にバレる羽目になるし、自分が苦しむだでです。

一度縁切り寺に行ってみるのもおすすめです、同じ様に悩んでいる人達がいると思うと勇気が出ますよ。

30才女、馴れ馴れしい女友だちとの縁切り

40代の、専業主婦です。

縁切りした人と出会ったのは、仕事場で30才の時に出会いました。

初めからフレンドリーな人で、何かと教えてくるたり、話しかけてくれたりとてもいい人だと思っていました。

仕事場で初めて仲良くなった人でした。

でも馴れてくるとすごく馴れ馴れしくて、辛くなっていきました。

何にでも割り込んでくるし、やたらとメールしてきたりとさすがに仕事場が一緒だと無視したりは出来ませんでした。

しかし、仕事場もやめて会うこともなくなりましたが、たまにメールや電話があってたりしてそれもとてもストレスでしたが、性格的に無視できず。

情けないのですが、どうにも出来ませんでした。

そんなときにたまたま、携帯が壊れて変えることになりました。

いい機会だと思ってアドレスを変えました。

そのまま連絡せず、今に至ります。

微妙な感じで、自然になくなりましたが後味が悪いと言うかそういう気分でした。

後で思うと自分の気持ちをきちんと言えなかった自分が、悪いと感じています。

勝手に気づいてもらおうとか、そういうところがありました。

なので、どうしても合わない人で、付き合いたくないなら、きちんいう方が後々いいと思います。

言わないまでも、勝手に黙ってアドレスを変えるのはしない方がいいんじゃないかと思います。

すごく後味が悪いです。

ほとんどそういう感じで、人に連絡しなくなったことがなかったので、すごく心残りがあります。

嫌なことをしたなという、心残りです。

10年ぐらい経ちますが、なんとなく罪悪感みたいなものが、ずっと残っています。

気にしなければいいのですが、たまに思い出して、勝手にへこんでしまいます。

自分がしたことなのに。

いつまでも、忘れないのかなと思います。

付き合いがなくなっての後悔はないのですが、やり方に後悔しています。

なので、もし同じようなことがおきたら、どんなに縁切りしたいと思ってもアドレスを変えての縁切りはやめようと思います。

40歳女 借金を繰り返す弟と引越しをして音信不通にして縁切り

私は40歳で、事務員として働く女です。

10年前、弟と縁切りをしました。

血のつながった家族なので縁切りをすることにものすごく悩みましたが、もう弟とは関わりたくないと思ったので縁切りすることを決意したのです。

現在、縁切りしたことは後悔していません。

高校を卒業するまで、実家で弟と暮らしていました。

大学進学で一人暮らしをするようになり、弟と離れたんですよね。

一緒に暮らしている時はとても仲が良かったです。

5歳年が離れているので可愛いなと思っていましたし、両親も弟をかなり甘やかしていました。

弟はだらしない性格で何をしても続きません。

せっかく大学に入学しても半年で辞めてしまいました。

その後なんとか就職したのですがやはり続かず、フリーターになりました。

実家の両親はそんな弟に呆れてしまい、家を追い出したんです。

きっと一人暮らしをしたら、頑張って働くようになるだろうと思ったんだと思います。

でも弟は変わりませんでした。

私に定期的に連絡をしてきて、「お姉ちゃん、生活費がなくなって家賃が払えない。

お金貸して」と言ってきたり、ある時は「明日から食べるものがない・・助けてくれ」と泣いてお願いをしてきたり。

私はだめだと思いつつ、弟にお金を渡していました。

でもその後、弟がギャンブルにお金を使っていること、借金をしていることがわかったんです。

弟に「あなたのために、もうお金はあげないよ」と言うと、弟は私に暴言を吐きました。

私の気持ちは変わりませんでした。

実家の両親も弟とは一切連絡を取らず、弟が実家に来ても会わないようにしていました。

私や実家の両親など、弟を甘やかす存在がなくなれば、弟はしっかりと仕事をしてまともになってくれるだろうと思い、私は引っ越して転職もして、弟と音信不通にしました。

数年後、共通の知人から弟が会社を辞めずに働ているような話をチラっと聞きました。

本当かどうかわかりません。

弟は数年間実家にも顔を出していないです。

弟と縁切りをしましたが、そうすることで弟がしっかりと自立して誰にも迷惑をかけずに生きていってくれることを願っています。

ただ、嫌いだからという理由だけではなく、相手の事を思って縁切りをするということも世の中にはあると私は思っています。

48歳男、弁護士に相談してサイコパスと縁切り

私は現在は平穏に会社員として生活しておりますが、今から数年前、その平穏な生活が脅かされることがありました。

それは、小学校時代からの同級生との対人トラブルがあり、もしも彼の本当の狙いに気づかずにいたらと思うと、今でもぞっとします。

もともと彼とは、小学校時代、近所同士の間柄で、当初は仲が良かったのですが、中学時代に、彼の本当の一面を知って以来、一度は縁遠くなりました。

30歳をすぎて、たまたま小中学校時代の仲間たちと集まる機会があったときに、彼と再会しました。

そのとき彼は、その本性も全く見せることがなく、「大人になったんだな」と彼に対して警戒心は薄らいでいました。

会社を経営してバリバリと働いていて、知り合った彼女ともゴールイン間近だと聞き、私の目から見て、彼は「かなりの社会的地位があるのだから、そうそう変なことはしないだろう」と安心しきっていました。

それから確かに10数年もの間、彼とは良好な交友関係が続いていました。

ところが、今から5年ほど前、突然奥さんと離婚してから、彼の様子が急変しました。

何か不気味な、私を彼の有利な方向へと誘導しようとするかのように、何か言いがかりをつけてきたり、他の友人たちと一緒にいると、私に対してマウンティングを仕掛けたりと、かつて知った彼のどす黒い本性が、徐々に現れ始めてきたのでした。

彼はしきりに、何かにつけて、私にしつこく付きまとうようになりました。

そして、私のアパートの玄関の合鍵を、彼のために作るよう要求してきたり、こちらもお金がないのにもかかわらず、お金の無心をしたりと、非常識な要求をするようになってきました。

私がそれを断りつづけると、彼は作戦を変えました。

彼は、先述の要求を通して、私も生活が楽ではないことを熟知したうえで、ビジネスの話を持ち掛けてきました。

私が気持ちが揺らいでいるところ、強引に話を決めてしまい、私はその仕事をやらざるを得なくなってしまいました。

次から次へと彼からあれこれ要求され、精神的に疲弊して私は、本業の仕事の方が危うくなりかけました。

要求が二転三転し、私はふと「これはあえて失敗させるように仕向けているのでは」と思うようになりました。

そこで、相談に乗れそうな弁護士さんを見つけて相談して、いろいろとアドバイスを受けました。

そのアドバイスに従って、私は「報酬は受け取らなくていいから、ビジネスの話はなしにする」旨、その同級生に伝え、以後関係を一切絶つことに決めました。

すると彼は、本性を露わにして、「どこにでも乗り込むぞ」と脅してきました。

「彼とは今後一切連絡を取らない」弁護士さんからの、このシンプルなアドバイスを守り通して、今はとりあえず平穏無事に生活しています。

後から聞いた話では、その後、他の友人とも共同経営の話を持ち掛けてはトラブルを起こしたそうで、よくよく話を聞くと、方々でトラブルを起こしているとのことでした。

問題の同級生は、ターゲットを見つけてはしつこく付きまとい、そのターゲットを嵌めて金品を搾取しようと常に画策しているとのことでした。

中学時代に感じていた不気味な本性とは、彼がターゲットを捕食して生き永らえようとする「サイコパス」であることが所以であり、その本性は全く変わりがなかったことに愕然としました。

38歳女 友達と徐々に音信不通にして縁切り

私は30代の女性です。

彼女は大学に入学した時からの友達で、在学中にずっと仲が良かったです。

勉強ができる人だったので、テスト前に色々教えてもらったりもしていました。

卒業してからも10年近く仲良くしていた、いわば自分の中で「親友」だと思っていた人です。

根本的に性格が似ているわけではなかったのですが、色んな物事に対する考え方がお互い似ていたりして、恋愛の話なども包み隠さず話せる親友でした。

20代後半で彼女の結婚が決まりました。

交際中から私も彼の話などよく聞いていたので、結婚が決まったということで、幸せになってほしいなと私もすごく嬉しかったのを覚えています。

しかし、私の中で縁を切ろうと思ったきっかけの事件が起きました。

もともと大学時代からお互いファッションが好きで、一緒に買い物に行くことも多かったですし、世間の色々なファッションについてよく自分の意見を言ったりしていました。

私と彼女では好きなファッションの系統は少し違っていたのですが、お互いのこだわりなどを尊重していました。

しかし、結婚式の招待状が送られてきて文章を見た時に唖然としました。

その文章とは、「結婚しても今まで通りに食事に行ったりマメに会おうね。

式の当日はおしゃれして来てね。

」別に私は自分がファッションリーダーだとも思っていませんでしたが、ファッションに対する私の考え方などは彼女も尊重してくれていると思っていました。

その私に対して、「おしゃれして来てね」とはなんなの?結婚式なんだから言われなくてもおしゃれして行くわ、バカにしてるの?と思いました。

それから私の中で彼女に対する気持ちが一気になくなり、10年近く仲良くしていたのももうどうでもよくなりました。

年賀状などが来ても返さない、メールが来てもそっけなく返すなど徐々にフェードアウトして、最終的に絶縁に至ります。

後悔していることは一つもありません。

あれから数年経った今でもセイセイしています。

縁を切りたい相手がいるけど躊躇しているという方がいたら、あれこれ考えずに、自分の思うままに直観で行動した方が良いと思います。

それか、縁を切ることで発生するメリットとデメリットを紙に書きだして、どちらを選ぶべきか冷静に分析してみると良いかもしれません。

34歳女 しつこい彼氏と連絡を全て断って縁切り

34歳で洋服の販売員をやっています。

束縛が酷くしつこく連絡をとってくる彼氏と縁切りしました。

もともと彼とは友人の紹介で出会ったのですが、正直第一印象はピンと来ず「このまま付き合うなんてことはないな」と思っていて、次回会うことも考えていませんでした。

でも、彼の方がすごく乗り気で積極的でした。

「連絡先を交換しよう」と言われてしぶしぶ交換しました。

その当日から怒涛の連絡攻撃でした。

「次会うこともないと思う」と正直に伝えたのですが、それでも彼が諦めてくれることもなくなし崩し的に付き合う事になりました。

付き合ってからも性格や好みが一致することがなく一緒にいても虚しいだけでしたので、半年経過した頃に「やっぱり別れよう」と告げました。

それでも彼は諦めてくれることはなく、またもやメールや電話をしつこくしてきました。

これは綺麗に別れられることはないな、と感じた私は徹底的に縁切りすることにしました。

まずメールや電話番号など彼に教えている連絡先を全て新しくしました。

そして共通の友達にも協力してもらって、彼に私の情報を教えないようにしてもらいました。

幸いなことに自宅の場所を教えたことはなかったので、引っ越しはせずに済みました。

また、神頼みではないですが近くの神社でこのまま縁切りが出来るようにお参りしてきました。

今思えばあんまり意味はなかったと思いますが、当時はそれほど彼と縁が切りたかったのです。

作戦が上手くいって彼から連絡が来ることはなく、その後も顔を合わせる事はなかったのですが、今でも時々あの時のことを思いだします。

最初になし崩し的に付き合ってしまったのが一番悪かったのではないかと後悔しています。

きっぱりと「あなたとは付き合う事はない」と伝えれば良かったです。

関係が深く長くなるほど縁切りは容易ではありません。

労力も必要になります。

関係が深くなる前に手を打つほうが相手にとっても自分にとっても最良だと思います。

35歳女長い精神病との戦いからの縁切り

軽く自己紹介させて頂きます。

私は、一児の母親として、9年間、今もシングルマザーとして、子供を育てています。

子供2歳の時に、人生に生きずまり精神的におかしくなり、精神科を受診そこで、診断されたのが、鬱病でした。

当日はあまり深刻には考えていませんでしたが、夜になると、決まって、不安になる、どうしていいかも分からないなどで、深刻に悩んでいました。

薬を処方され、2年間薬に頼り頑張りました。

しかし、ある日、深刻に物事が進まない、どうしたらいいのか分からない、時間が経つと元気を出して取り組めるのに、気分がおかしいと、又、精神科を受診しました。

この時の診断が、双極性気分障害でした。

鬱になったと思えば今度は、気分がよくなって元気になる、元気になりすぎて境目が分からない。

いきなりエネルギーを使うので、疲労が物凄くありました。

薬を服用していると落ち着きが、一定に保てる、そんな日々が続き、安定したと思ったら、今度は、誰かの声が常に、付きまとう、見たことないようなものが見えてしまう、誰かがいつも隣にいるような感覚に陥りました。

先生にもお話しました。

どう考えてもおかしいと伝えても先生には伝わらない、なんでだろう、そんな感覚が私を襲い、何度も先生には相談しているのに、一向に解決しない。

そこで言われたのが、統合失調症でした。

始めは、何を言っているのか分かりませんでした。

ただ、私の経験に耳を傾けてくれたらとばかりに話をしていたのを覚えています。

しかし、処方箋をとうして、回復と共に、自分の言っていたことや、行動が怖いくらいになったのをおぼえています。

離婚、子育てに疲れて自分を見失ってしまっていたのです。

そんな時に縁切りに出会いました。

なんとなく、怖いイメージがあったのですが、良縁を望む為に悪縁を切るという言葉に、この病気との付き合いにもきっと厄があってそのやくをうちきるために、いいかもしれないと、興味を持ちました。

この時、統合失調症発症して、ようやく今が見え始めた時でした。

縁切りのいろんな方法を調べましたが、やはり、シンプルな参拝にしました。

心情は晴れていました。

この底以下が、わたしにとってなかったし、それ以上にこの病気を克服して、普通でいいからと、おもっていました。

後悔していることはありません。

参拝後、普通に生活を、送れていることが、わたしの参拝の意味だったからです。

もし、私のように些細な幸せを望んでいて、縁切りしたいと思うなら、その時が、決められた時だと思います。

23歳男 しつこい同性の友達と最終的に音信不通で縁切り

九州地方に住んでいるKと申します。

今回は「昔から付き合いのある友達」との縁切りについて書きます。

私とその友達が出会ったのは小学生の頃で小さい頃からよく遊ぶ中仲で、小中高も一緒でした。

昔はそれほど何も感じてはいなかったのですが高校に入ってからぐらいからその友達は段々と人が変わっていきました。

具体的に話すと高校に入ってどうやらデビューしてしまったらしく会うたびに「この前サイトで出会った女とさあ・・・」「バイト先の女の子がどうのこうの」と異性の話ばかりするようになりました。

はたまた時には「宇宙がどうのこうの」など、私の全く興味のない話を永遠と続けるようになりました。

最初は自分も「へぇ」「ほぉ」と相槌を打ちながら聞いていたのですがだんだん面倒くさくなってきました。

なのであまり連絡をとらないようにしていきました。

すると次は、「次バイトいつやすみ?」「次の○○曜日遊ぼう」など次々にメールや電話が来るようになりしまいには、私が「ごめん用事だから無理」というと「えっ何の用事?」「それその日じゃないとダメ?」などと頭沸いてんのかってぐらいにしつこくなっていきました。

なので私は「あのさ用事は用事だろ、俺の時間は俺の時間・・お前には関係ないだろ、あのさ異常だよ?はっきしってウザい。

」といってしばらくの間連絡をたつことにしました。

これで、その友達との高校生編は終わりです。

次に社会人編に入ります。

あれから時は流れて社会人になって1年くらいが立とうとしていました。

自分は正社員でレジャー施設を運営する会社へと入社しました。

そんなあるころ、一通のラインメッセージが表示されました。

「久しぶり覚えてる?」自分はすぐわかりました。

「あー○○ね、久しぶり」すると今度会おうという趣旨の返信がかえって来ました。

私も、あれからだいぶ経ったし別にいいかという思いで「わかった」と送りました。

そして色々あったことなどの会話をしてその日は終えました。

それから数日後またライン「今度の○○日あそぼー」と来ました、前回の印象は悪くなかったので「わかった」とおくりました。

そしてそんな感じのことを繰り返すにつれ段々と給与や仕事のことの自慢話+こちらに質問をしてくるようになりました。

友達は期間工をしていたらしく私より遥かに高い給与を取得していましたので、会うたびに「今月○十万給料入ったわ、マジやべーww」や「この前これ買った」等のはなしが増えていきました。

そしてついに私の事をディスリ始めました。

「で、幾らもらってんの?「休憩時間どれくらいある?」「休みどれくらいある?」「へーそれだけ?やばっ」等だんだん腹が立ってきたので私は二度目の遮断をすることにしました、今回は【だんだんフェードアウト作戦】返信の数をだんだん減らし、仕事仕事仕事と言って合わないようにしていき最終的に完全無視しました。

そして電話番号も変えました。

それからというもの何年も連絡は来てません。

まーそうですよね電話番号変えたので(笑)なのでこれから縁切りをされる方にアドバイスをするとするならば、だいたいこういう人間はヤベーやつが大半なので何を言われても怒りを表面にださず軽く流しましょう。

そして完全にシャットアウトまでもっていく際は、「急にプツっと」切るのではなく、だんだんフェードアウトしていきましょう。

なぜなら逆上したらなにするかわからないからです。

それを踏まえてみなさんも縁切りのさいは慎重にやっていきましょう!以上です。

27歳男 彼女と完全に連絡を断って縁切り

私は現在27歳の男性会社員で配送関係の仕事をしているのですが、実は過去に交際していた女性と縁を切るために色々と頑張った経験があります。

その女性と出会ったきっかけは友人に誘われて参加した飲み会で、その際に色々と話していたら意気投合したことがきっかけで交際が始まりました。

交際が始まって1ヶ月くらいは特に問題は無かったのですが、交際期間が長くなってくるにつれて少しづつ思ってた人と違うなと感じるようになっていきました。

交際する前の彼女は優しくて気遣いのできる女性で、それが良いなと思って好意を抱くようになったことがきっかけで交際に発展していきました。

しかし実際に付き合ってみると普段から身勝手な言動がとにかく目立つ感じで、例えばデートの約束をすっぽかされたり特に約束してないのに一方的に彼女から呼び出されることが何度もありました。

また感情の起伏が激しいところがあって身勝手な言動について文句を言うと高確率で怒られるのですが、その際に物凄い剣幕で怒ってくるのでどちらかと言うと内向的な性格というのもあってとにかく怖かったです。

それ以外にも身勝手な言動に振り回されたりちょっとしたことで怒られることが良くあったので、交際が始まって半年ほどが経つ頃には別れたいと思うようになりました。

ただ彼女の性格を考えると別れたいと言ったら物凄く怒られそうな気がして怖かったので、最初は自分で何かをする勇気がありませんでした。

そこで縁切り神社と呼ばれるような所に行ってみたりしたのですが、当然それで状況が変わるようなことはありませんでした。

縁を切りたいのに怖くて何も出来ずに我慢するような状態がずっと続いていたので、まるで出口の無い迷路に迷い込んだような感覚でずっとこのままなんじゃないかという不安は常にありました。

それでもどうにか頑張って彼女と縁を切ろうと思って、仕事が忙しいなど何かと理由をつけて彼女と可能な限り距離を置くようにしました。

また彼女と話す時にはわざと彼女とは逆の意見を言ったりして、話が合わなず一緒に居てもつまらないと思われるように努めました。

その過程で物凄く怒られてボロクソに言われることも何度かありましたが、それでも我慢して彼女に嫌われるような行動を続けました。

そんな感じの生活を続けていたところ交際10ヶ月の時点でだいぶ彼女と距離が開いた感じがしたので、その時点で勇気を出して彼女に対して別れ話を切り出すことにしました。

私としてはこれで別れられるだろうという確信があったのでさっそく別れ話を切り出したのですが、彼女の反応は予想外のものであれだけ頑張ったにも関わらず別れるのは嫌だと言われてしまいました。

それでも引き下がらず話し合いを続けたところ、彼女が考えして欲しいと言ってきたのでその日はそこで話が終わりました。

ただ彼女の様子を見る限り別れるのは難しそうで、中途半端なことをしても解決できそうに無いなと感じたので、完全に縁を切るために少し強引なことをすることにしました。

具体的には彼女に黙って引っ越しをして、連絡先なども削除した上で着信拒否をすることにしました。

知人から居場所がバレることを考えて引っ越し先は誰にも伝えないなど対策はしていたのですが、これで本当に縁を切れるのか分からなかったので、しばらくはそれが気になって毎日ストレスでした。

そんな日々が1ヶ月くらい続いたのですが、その間に特に何もなかったので交際が始まってから約1年でついに彼女との縁を完全に切ることができました。

ようやく彼女との縁を切れてストレスから開放されたので、その時は晴れやかな気持ちで前向きに物事を考えられるようになりました。

今になって振り返ってみると大きな問題になる前に何かできなかったのかなど後悔することも少なからずありますが、そこは考えても仕方ないことだと思うのであまり考えないようにしています。

身近に縁を切りたい人がいて悩んでいる方も多いと思いますが、自分の経験から言うと縁を切るというのはなかなか大変なことだと思います。

ただ縁を切る大変さは一時期のことで済むので、縁を切りたい人との関係が続く辛さに比べればマシな方だと思います。

嫌な人と縁を切ることで前向きな気持ちになれるのはとても大きいので、もし縁を切りたい人がいて悩んでいるのであれば、自分の気持ちに正直になって必要な行動を取ることを心掛けてみてください。

18歳女 束縛彼氏と縁切り寺に願掛けして縁切り

もう何年も前の話ですが大学生のときに縁切り寺に行き、無事に縁を切りました。

縁切りした人は高校時代にお付き合いしていた彼だったのですが、その彼はバイト先の4歳年上の先輩だったので、初めは年上のリードしてくれる大人の雰囲気に私も夢中で楽しくお付き合いしていたのですが次第にその「リード」は、束縛や制限となり、「リード」とは程遠い雰囲気に…。

だんだんと付き合うのが苦痛になってきたので勇気をだしてお別れをこちらからお願いすると当たり前のように激怒し、公衆の面前で「お前のせいで死ぬ」や「最低女」と罵られました。

当時は「デートDV」「メンヘラ」などという表現がまだなかったか、私もよく知らなかったのでこのままではこの人はストーカーになるのでは、はたまたこの人は私が振ったせいで自殺してしまうのではないかと恐ろしくなり、別れられないでいました。

私も当時は高校生で、まだ子どもでしたので、毅然とした態度をとることもできず、また誰にも相談できず、私自身も衰弱して鬱になりそうでした。

今考えても、高校生がそんなことに気を揉んで数か月も過ごしていたなんて、かわいそうですし、きっと他にもこういう状況の女の子、たくさんいるのではないかと、心配になります。

そうしているうちに私は大学生になり、環境が無理やりにでも変わると、なんとなく冷静になれた自分がいて、「まだまだこれから私には楽しい未来があると信じよう」「きっと大丈夫、自分なりに行動を始めよう」と思い、まずは円滑に別れられるよう縁切り寺に願掛けに行きました。

なんとこの縁切り寺、鎌倉の東慶寺という神社なのですが、昔、この彼とデートでいったことがあり「俺のこと、願掛けにこないでよねw」と笑いながら言っていた神社だったのです。

当時は私がお世話になるとは思いもよりませんでしたが…このとき「縁切り寺というものがある」ということを知っておいて非常によかった!あのときから私をみていてくださったのかもしれません…。

この神社ですが私にとって非常にご利益があり、「初めてのサークルだから断れない」とか「授業についていかなくちゃいけないから今日は遊べない」などそれっぽい理由を並べやすくなり、私のほうが毅然とした態度をとれるようになると、彼も次第に離れていってくれました。

なんとなく運命を感じて「神様に守られている」と感じたことで、自分が変われたことが、スムーズな縁切りにつながったと思いました。

52歳女 縁切り神社にお願いして、パワハラ上司と縁切り

10年近く前のことですが、職場のパワハラ上司と悪縁を断ちたく、京都の有名な縁切り神社に、「縁切り」のお願いをしたことがあります。

当時私は小さな建設会社に勤務していました。

田舎の会社で、社員数は少なく、決してお給料も多くはなかったのですが、その分、勤めている人はみなのんびりしていていい人ばかり。

人間関係のストレスとはまったく無縁でした。

どこか刺激にかけるところもありましたが、不満はありませんでした。

ところが、ある日そんな社風の会社に似つかわしくない強烈な男の人がやって来ました。

その人が、私が「縁切り」をお願いしたパワハラ上司です。

この人がどういう経緯でわが社に来るようになり、またどうしていきなり上司になったかは知りませんが、「目が血走っていて、ちょっと怖そう」、そんな第一印象を抱きました。

そしてその勘は見事に当たっていました。

この上司は、会社に入るなり「俺が会社を変えてやる」と意気込み、今までの社内ルールは無視し、自分がルールと言わんばかりの横暴な振る舞いをするようになりました。

定時で帰ろうとしている人には「定時に帰るなんて、やる気があるのか」とか「仕事を何だと考えているのか」とか言い出しました。

また、少しでも私語をしようものなら、「会社では業務以外の会話は禁止」などと訳の分からないことを言います。

特に酷いと思ったのは、女性蔑視の傾向が強かったことです。

「女性に昇給は必要なし」とか「子供の用事で有休を取るのは社会人として失格」などと、とにかく言いたい放題でした。

このように横暴な人なので、他の人たちが結束して言うことを聞かなければ済む話なのですが、血走った大きな目でジロっと睨まれると、なぜか誰も何も言えなくなり、いつの間にか意見する人もいなくなり、社内は暗く重いムードに包まれるようになりました。

私もこの上司のせいで精神的に追い詰められ、もう爆発寸前でした。

「会社を辞めよう」と何度も思いましたが、長年勤めた会社だったし、経済的にも辞めるわけにいかなかったので、いろいろ調べて「縁切り神社」にお願いしてみることにしました。

その時の精神状態は「藁にも縋る思い」だったことに間違いはありませんが、ただ、「縁切り神社」に対してはまだ半信半疑なところがありました。

けれど、万が一の可能性を信じて、思い切って京都の有名な神社でそのパワハラ上司と縁が切れるようにお祓いを受けました。

その後、「縁切り」の具体的な効果はありませんでした。

パワハラに悩まされる日々が続きました。

なので、もう辞めようと覚悟をしました。

すると、どうせ辞めるのならその前に、一度その上司と向き合おうという気持ちがわいてきて、思い切って今の自分の気持ちを上司にぶつけました。

上司は、意外なほど素直に私の話を聞いてくれて、「新しい会社で、上司としてがんばらなくてはいけないという気持ちが先走り、空回りしていた」というようなことを話してくれました。

その後、ほんの少しですが、その上司の態度は改まりました。

そして、徐々にもとの明るいムードの職場に戻って行きました。

結局、その上司とはその後10年近く一緒に仕事をし、実質は縁が切れたわけではありませんでした。

けれど、あの「縁切りのお願い」をした後、不思議と勇気がみなぎり、私は上司に立ち向かうことが出来ました。

そしてそれ以来、私はちょっとだけ強くなり、今では「おかしいことはおかしい」と言える自分になり、精神的に解放されました。

こういう心の変化も、「縁切り」の効果の一種なのだなあと、実感しています。

28歳女 だらしがない父と縁切り

私は28歳の女です。

現在はエンジニアとして働いています。

今年になって実の父親と縁を切ることに成功しました。

縁を切った理由は父のだらしの無さに愛想が尽きたからです。

元々お金と女性関係にだらしがなかった父だったので、母はいつも大きなストレスを抱えていました。

子供ながらに「お父さんってどうしようもない人だな…」と思ったことは一度や二度ではありません。

しかし、去年頃から私の方にも直接的な被害が及ぶようになっていきました。

「5万円でいいから貸して欲しい」、「借りたお金はすぐに返す」などといったLINEが頻繁に送られてくるようになったのです。

はじめは渋々お金を貸していた私ではありましたが、どうやら父は私が貸したお金を娯楽に費やしていたようでした。

一度私の方から父に対してきつい言葉を浴びせたこともありましたが、父は開き直ってしまって反省の色が見られませんでした。

しまいには、「家族なんだから困ったときはお互い様だろ!」という始末です。

そのときから私は父と縁を切ることを決心し始めました。

とはいえ、私は父に対して感謝の気持ちもあります。

私が当時付き合っていた彼氏とトラブルになったときに間に入って問題を解決してくれたり、私が病気になって入院したときは仕事から真っ先に駆けつけてくれたこともありました。

父は私の名付け親でもあります。

今の私がいるのは父のおかげでもあることは間違いありません。

なので縁を切ることについては多くの葛藤がありました。

しかし、いつまでも私が父を甘やかしてしまうのは本人のためにもなりません。

私は心を鬼にして父から距離を置くことにしました。

とはいえ、父には何もいいませんでした。

父を目の前にしてしまうと決心が揺らいでしまうと思ったからです。

なので私は行き先を告げずに引越しをして、消息がわからないように連絡先を消すことにしました。

今父がどうしているのかはわかりません。

ただ、後悔は不思議とありません。

お互いのためにも良い選択だったと心から思っています。

36歳男 ストーカー化した彼女に別れさせ屋を使って縁切り

私は36歳の時に、マッチングサイトで知り合った3つ年下の女性と出会い付き合い始めました。

付き合い始めた当初は特に問題なかったのですが、1ヶ月も過ぎた辺りから彼女の束縛がきつくなり始めたのです。

同僚と飲みに行ったり、週末に友達と遊びに行く事にも難色を示し、他に女性がいるのではと疑う様になりました。

しかも疑い出すとヒステリックに喚くので、私も徐々に嫌気が差して行ったのです。

所が彼女は私を監視するためか平日でも毎日の様に家に来る様になり、心底うんざりさせられる様になりました。

なので付き合い始めて、2ヶ月半程が経った頃にもう一緒に居られないと別れを切り出したのです。

納得していなかった彼女は最初は電話やメールで、考え直す様に訴え掛けて来ました。

ですが私はやり直す気は一切なかったので、無視していたのです。

すると彼女は、マンション前で待ち伏せを始めて必死にやり直そうと訴え掛けて来ました。

私はそこでも断固としてやり直す気はないと伝えたのですが、彼女は引かずに最寄りの駅前や会社の近辺でも待ち伏せする様になったのです。

他にも郵便ポストに便せんにびっしりと謝罪の手紙を入れる様になる等、徐々に執念深さが怖くなって行きました。

このままでは刺される日が来るのでは、と恐れた私はきちんと別れる方法をネットで模索し始めたのです。

すると別れさせ屋という存在を見付ける事が出来たので、相談してみる事にしました。

相談してみると私に対する彼女の執着心を解かないと、別れるのは難しいという事でした。

そこでシンプルにより彼女にとって好みに近い男性を近付けて、執着心を解くという事だったのです。

どうしても彼女と別れたかった私は、プロである彼らに任せる事にしました。

すると本当に彼女が私に連絡して来る事も待ち伏せする事もなくなり、見事に別れる事が出来たのです。

もっとも私は、彼女とマッチングサイトで出会い10日程で直に会いました。

会ったその日に深い関係になり、その流れで付き合い始めたのです。

だからこそ彼女について良く知らないまま、付き合い始めた事自体がそもそも大失敗だっと思います。

ネットを使えば手軽に出会えるからこそ、付き合う相手は慎重に選ぶべきです。

27歳女 ヤバい外国人と強気の無視で縁切り

こんにちは私は27歳の女です。

縁を切りたかった人は終電電車で道を聞かれてお互い酔っていたので連絡交換をしてしまったネパール人の男性2人とです。

私は当時20歳、インドカレーとナン大好きで電車で行ける範囲の駅にあるインドカレー屋を仕事終わりによく巡っていました。

それまでに行ったインドカレー屋のスタッフはネパール人が多くよくおしゃべりをすることがあり、私の当時の職場の上司はネパール人でした。

なのでネパール人をはじめ、外国人などに抵抗はなく、むしろ気さくに話してくれ日本人とはちがう感性や会話スタイルでフレンドリーなところが好きで声をかけられたらよく答えていました。

そして今回声をかけてきたネパール人の2人の男性は終電でどの電車に乗るか、自分達の行きたい駅はその電車で行けるかということを片言の日本語と英語で聞いてきました。

私も同じ電車に乗る予定だったので一緒に乗ってあげるよ、というと2人はそれは安心だ!よかった、助かったと嬉しそうにしていました。

電車に乗ると席は終電なのでスカスカで三人で横並びに座り、話をしました。

2人はどうやらインドカレー屋を経営している店長と店長の機嫌取りのスタッフという感じでした。

私がカレー好きを伝えると2人はテンションがひどくあがってしまい電車の中で踊り始めました。

ぜひ、うちの店に来てくれ!という感じでした。

私も好きなので行ってみたいと言い、そこでフェイスブックのメッセンジャーの連絡先を交換し、お店の割引券とスタンプカードを貰いました。

2人の目的の駅に着いたので踊りながら歌いながら降りていく2人を見送りました。

そしてそのあとすぐにメッセンジャーにメッセージがきました。

英語とローマ字で書いた日本語がごちゃ混ぜになった文で正直何が書いてあるかわかりませんでしたが、話せて楽しかった!ありがとうという感じは伝わってきました。

ですがこの教えてしまったフェイスブックとメッセンジャーにこの後とても悩ませられ、恐怖を感じ、縁を切るきっかけとなったのです。

次の日の朝9:00に2人から連絡が来ていました。

店長は流ちょうな日本語が話せるようでおはよう、今日の気分はどう?今日、私のお店のカレー屋に来てくれる?という感じでした。

その日、私は用事があったので行くことができず断りました。

もう一人の一緒にいたスタッフからは相変わらず意味の分からないローマ字でハテナマークがたくさんありあまり読めなかったものの店長と同じようなことを言っているなということが読めたので同じように断りました。

その日の昼13:00にまた同じような連絡がきていて押しが強いなと思いましたが約束した以上、興味もあるので明後日の昼にお店に行くよと伝えました。

お店に行く日までに店長からはお待ちしておりますという連絡だけでしたがスタッフからは謎の写真がよく届くようになりました。

女の人同士がキスをしている写真などです。

その時は感性がかわっているなぐらいで約束通りお店に行きました。

お店は私以外のお客さんはおらず、とても暇そうなお店なわりにネパール人スタッフが5人ぐらいいて店長のおもてなしによっていろんな料理が運ばれてきました。

味は普通においしく私が好きな味でした。

そして誘われたのです、この後みんなで飲みに行きましょうと。

私はその時なんとなく怪しい雰囲気を感じ取りお会計を済ませすぐにお店を出ました。

そのあとからメッセンジャーにメッセージが狂ったようにきはじめ全く知らないネパール人からもメッセージが来る始末になってしまい、メッセージは主に夜、飲みに行こうという内容ではじめは丁寧に断り続けていましたが反応しないと性的な画像が大量に送られてくるようになり、その状態は3か月続きました。

ブロックしてもきりがない状態になってしまい、大きな恐怖を覚え始めました。

そして私は学生時代の青春がつまったフェイスブックをやめて縁を切りました。

交換したのがメッセンジャーのみで本当によかったと思いました。

今回はSNS上だけで済んだ話ですがSNSでも大量に来る恐怖のメッセージや気持ちの悪い画像など精神的にきました。

今後より外国人が増え日本のいいところを知ってもらいたい!普通ではなかなか話す機会がないので話してみたい、、好奇心は時に危険を呼ぶことがあるので好奇心旺盛な方はお気を付けください。

44歳女 愛情表現の乏しいつまらない彼氏を無視して縁切り

44歳でフリーターの女性です。

縁切りした男性との出会いはカラオケ店でした。

一人でカラオケに行き、彼氏ができない寂しさを紛らわすことが多く、週に2,3回は行っていたのです。

そんなある日、いつものようにカラオケルームに入ろうとしたら、ちょうど部屋から出てくる男性と鉢合わせになりました。

その男性も一人でカラオケにきていたようで、「一緒に歌おうよ」と誘われました。

外見は優しそうでお洒落でしたから、悪くはないと自分の部屋に入ってもらい、カラオケをすることにしたのです。

何を歌おうと迷っていると、デュエット曲をかけられ、「一緒にデュエットしようよ」と歌い出しました。

そんなノリのいい男性でしたから、すぐに好きになってしまい、付き合いが始まったのです。

最初の頃は自分に行動も考えも合わせてくれた優しい人でしたが、次第に笑顔もなく、会話もなくなりました。

一緒にいてもちっとも目を合わせてくれません。

しまいにはため息までつく始末。

デートも連れて行ってくれることなく、近所の安いハンバーガーショップだの公園のベンチに座っているだけでちっとも楽しくありません。

付き合っているのにエッチもろくにしない、キスもしてくれない彼氏に「本当に自分のこと愛してくれてるの?」と聞いたら「ああ」と言います。

それでも幸せと感じない私は「別れたい」と告げました。

本当は好きで別れたくないと思っていましたが、冷めた表情で「ああ」と言う彼氏に疲れてしまい、縁切りしたいと思ったのです。

ですが、別れたいと言った途端にメールが頻繁にくるは、電話が何度もくるなど、少しストーカー気味になってしまった彼氏に怖くなってしまい、「やっぱりこの人とは付き合ってはいけない」と強く思うようになりました。

それからはメールも電話も無視し、街で彼氏に会っても素早くその場から逃げるように去りました。

家に帰ってからは彼氏のことを考えないようにゲームをしたり、あのカラオケ店に行き、色々な楽しい歌を選び、思いっきり歌いました。

ですが、どんなにつまらないと感じた彼氏であっても、また会いたいなという感情が芽生えてしまい、その気持ちを振り切るのに時間がかかってしまいました。

縁切りは簡単にはできますが、その後の自分の気持ちと格闘し、スッキリと恋愛に前向きになるには大変です。

別れてから寂しい気持ちになりますので、別れる前に彼氏になってくれそうな男性を探しておくといいと思います。

20代後半女 束縛彼氏と完全着信拒否で縁切り

20代後半主婦です。

気が弱く尻にしかれるタイプです。

恋愛体質で恋は多いです。

今まで付き合った人は癖のあるタイプが多いのですが、もう二度と会いたくない。

できれば不幸になってほしいそう願う相手がいてその人との縁切りエピソードを綴らせていただきます。

出会いは大学で同じクラスになったことが出会いでした。

出身地も近いことで意気投合。

はじめての一人暮らしで不安な事も多く、恋愛体質な私が付き合うまでに1ヶ月もかからなかったと思います。

お互い一人暮らしだった事もあり、4日に1回のお泊まりが徐々に同棲に変わりました。

朝一緒に起きて学校に一緒に行く。

同じ家に帰り夕食をとる。

休みの日も一緒に出かける。

ずっと行動を共にしていました。

気があうこともあり、苦痛ではありませんでしたが、あたりまえが深まるにつれ彼からの要求が徐々に強く日常を制限されるようになりました。

当時私はアルバイトをしていましたが彼はアルバイトをしていませんでした。

彼の方が自由な時間が多くあり、一緒にいる時間が減ると、アルバイトに制限をかけるようになりました。

友達と遊ぶ予定も多く入れると、一緒にいる時間が減ると、苦言を言われるようになりました。

遊ぶ先に異性がいればもちろんですが制限されます。

友人のSNSのパトロールをしたり、携帯を勝手に見られたり、遊びに行く先がばれれば偵察に来てと、嘘をついて遊びに行く事もできなくなりました。

だんだん要求は激しくなりバイトを辞めさせられ、夜遅くまで起きて朝起きれない彼の生活リズムに合わせて生活するようになりました。

拒否する事もできましたが、機嫌が悪いと暴力に発展するようになりました。

別れ話を持ちかけると死ぬといい、別れられず軟禁に近かったと思います。

大学に通う事もできなくなり20単位ほど落として、私はこのままではダメだと目を覚ましました。

彼が自殺しようが、どうなろうが構わないと別れ話をして、あたけたため、無理やり連絡を断つため着信拒否をしました。

家の前に彼が立っていれば居留守をするやっとの思いで別れました。

ずっと一緒にいたから私がいなくて大丈夫かそんな思いもありましたが、徐々に私は普通の生活を取り戻しました。

彼には数ヶ月後同じ大学で彼女ができたようです。

新しい彼女には、自分は捨てられた。

今まで家事など全てしてやったのになど有る事無い事私の悪口ばかりを言っていたようです。

すこし、心配をしていた私は安心しました。

これで嫌いになれると。

その後彼は大学をギリギリの単位で卒業したと思います。

身の回りの世話をする女もいなくなりどんどん汚らしくなりました。

いま、何をしているのか全くわかりませんが恥ずかしいので私と付き合っていた過去を消してほしいくらい嫌いです。

彼との付き合いは時間の無駄だったと思っています。

情で付き合っていた時間早く別れればよかった。

ダメな男はかわりません。

少しでも嫌だと思ったらどんなに傷つけても大丈夫だから早く別れましょう。

30歳女 パワハラ上司と縁切りパワースポットに通って縁切り

私は、元公務員、30歳女性です。

公務員といえば、安定、女性が安心して働ける仕事、といういい話が思い浮かぶ人は多いと思います。

ですが、私は勤続8年、まるでそんなことはない地獄の職場でした。

なぜなら、公務員は人格破綻者ばかりです。

だって、首になんてならないから。

度を越えたパワハラ、モラハラはあたりまえ、ふつうの企業ならばとっくにいられないような仕事をしない〔ほんとうに日がな一日旅行サイトばかりみているおじさんとか。

女性はなぜかこういうさぼり系のひとはいません。

意地悪して気に入らない女を追い出す局になります〕ひとがのうのうと居座り、まじめなひと、気をつかうひとほど壊れていく職場です。

私が体験した職場は、2つともこんなひとたちばかりの仕事場でした。

そして、うちひとつの職場で、そのクソ女上司と出会いました。

付き合い自体は3年程度でしょうか。

女上司は、仕事ができる自分に酔っている、事務処理能力はそこそこでもとにかく全体をみることができない自己顕示欲のかたまりなひとでした。

みんな彼女をおそれて、へいこらしまくる地獄のような職場でした。

さらに、彼女が手柄欲しさに仕事を人員容量をこえて増やしまくった結果、休職者が2名でました。

もちろん、新人の私は彼女のパワハラと猥雑な業務の大量押し付けで休職寸前、出勤前に二度倒れるというありさま。

それでも周囲に迷惑をかけて、と日々罵倒され続けました。

周囲も、自分がターゲットになりたくないから長い物には巻かれろと私をいじめる側に。

結局、女上司は手柄を立てるどころか左遷されました。

周囲がそのとたんにころりと態度を変えたときはまあ、笑えましたね。

恨まないでね、とばかりにプレゼントや菓子折りもってくるものだから。

私の前にいじめられていたひとも同じ体験があるから笑える。

でも、私はあのクソ女が左遷されたくらいじゃ許せなかった。

だって公務員だもの、のうのうとしていられる。

しかも、パワハラが嘘のようになんだか会うたびにやにや話しかけてくる。

うらまないでね、なごきげんとりがみえみえ。

かといって、実際に復讐なんてできないし。

で、私はあらゆる縁切り、呪い系の行ける範囲のパワースポットに通うという行動をとりました。

恨みを込めて、毎週毎日。

何を思っていたか覚えていません、通っている道中や参拝先では、ただただ、無心でした。

作業といっていい。

祈りの場でだけ、ただただ、今まで受けた仕打ちと、クソ女に報いを、と祈りました。

病んでいたんでしょうね。

そうしたら、上司は、その翌年、私が倒れたのと同じ日に、なんと、以前恨みを買っていた関係者に襲われ、刺されてしまったのですよ!笑える。

なんという偶然。

で、強制的に上司とは縁切りできました。

まあ、最終的には私が体がもたず退職したんですが。

後悔があるとしたら、あの呪いの日々でしょうか。

いけるときだけとはいえ、体力を使った気がします。

そして、刺されたくらいが何なの?もっと不幸になってくれなきゃ、と思わずにはいられません。

甘いよ、縁切りの呪い。

30代女 職場のサイコパス同僚と辞職で縁切り

私は現在パートと自宅でネット副業をしながら自分が働きやすいスタイルで生活しています。

7年前までは個人病院で正社員として20年以上勤務していましたが、今から10年前くらいに入社した同い年のAさんという女性が今までの私の人生でいちばん最強の問題児だったのです。

初めの1年は同い年ということもあり会話も弾みAさんとは仲良く働いていました。

プライベートでも食事に行ったりカラオケに行ったりと、友達に近い関係だったと思います。

彼女は20歳のときに結婚したそうで二人いるお子さんもすでに高校生でした。

その職場は朝9時くらいから遅いときだと夜8~9時まで診療していたので、家事やご家族のお世話などもこなしつつこんな時間まで仕事をするなんて、頑張り屋だなと関心していました。

ところが2年目くらいになるとAさんも職場に慣れてきたのか少しずつ仕事をサボったり、旦那さんの愚痴を良く漏らすようになりました。

初めは同情するようにAさんの話を聞いていたのですが、その言動がさらにエスカレートして仕事中にスタッフルームに入り浸り、ソファに寝転びながらスマホを弄るという状態にまで悪化していました。

Aさんは院長に自分が鬱病なので仕事がしたくても体が動かないときがあると言って一日にトータルすると1時間も働いていない状態が半年以上続きました。

さすがに私もAさんのぶんも仕事をしなければならないのに、なんの配慮もしない医院側の対応とAさんの仮病としか思えない言動に振り回される日々に爆発寸前でした。

それでも仕事では割り切ってこなしていましたが、Aさんとは段々と言葉を交わさなくなりました。

そして数ヵ月後に院長から呼び出されて何かと思ったら、「Aさんがあなたから苛められて鬱病がひどくなったと訴えてますが、この病院で自殺者を出したくないのであなたにはもっと自分に合った職場を探して欲しい。

」と言われました。

その職場にはその時点で18年勤務して尽くしてきたので本当に驚きました。

18年勤務した人間より2年ちょっと勤務した人間の方の味方をするなんて。

そんな職場ならこちらから去ってやろうと決心しましたが、Aさんの態度には黙っているわけにはいきませんでした。

そこでAさんの旦那さんにその状況をお伝えしたところ、実は以前働いていた職場でも同じようなことをして辞めたそうでした。

そして早くして家庭を持ったので遊びたい年頃に遊べなかったぶん、いろいろな人と浮気もしているのだとか。

旦那さんも知っているのにAさんが仕事をしてくれないと生活が苦しいので強く言えなかったようでした。

その後旦那さんが然るべき医療機関にAさんを入院させてメンタルの治療をすることになり、Aさんは退職しました。

院長もその話を訊いて私の解雇を取り下げましたが、失望しかなかったので私も辞職しました。

Aさんというモンスターと信頼できない院長から離れられて、退職して本当に良かったと心から思ってます。

そして1年後くらいに再就職した職場で、同じ時期に入社した方から「もしかしてAさんという人知ってますか?」と訊かれ、私はビックリしました。

話を聞くと、その方が前に勤めていた職場にAさんが再就職したのですが社員がたくさんいるのでパートでしか採用できない状態だったそうです。

しかしAさんは正社員でなければ生活が苦しいので、その職場の院長に擦り寄って不倫関係になり他の社員を辞めさせるように仕向けたそうです。

それでその方も退職せざるを得なくなったそうで、Aさんのことをかなりバッシングしていました。

狭い業界なのでAさんの噂は広がることとなったようですが、とにかく私の人生から彼女を排除できたことは良かったです。

辞職はネガティブな選択というイメージがありますが、必ずしも全てがそうではないということを私はこの出来事で学びました。

20代男 ストーカー人妻から引越して縁切り

40代の中年サラリーマンです。

まだ、大学生だったころの話です。

東京の大学に通っていたころ、同級生(年は上)の女性と仲良くなりました。

話は合うし、下ネタなども平気で話す面白い人だったので、よく話すようになったのですが、そのうち肉体関係を迫ってくるようになりました。

「今度ハメようね」などというので冗談と思い、こちらも「いつでもOK牧場」と返していたのですが、冗談ではなかったようです。

よくよく聞いてみると彼女は人妻で、旦那とはセックスレスで子供もいないとのこと。

当時、私には彼女がいませんでしたが、外観的にはかなり太っていてタイプではなかったので、人妻とは付き合えないなどと理由をつけて距離を置こうとしました。

しかし、彼女はあまり勉学に熱心でないうえ(何をしに大学に来ているんだろうという感じ)、私が住んでいたアパートにも来るようになるし、これはヤバいと思うようになりました。

そこで、まず彼女に嫌われるよう、「年下が好きだ」とか「合コンを紹介して」と言ってみましたが、それでも電話やメールなどで反論してきて、効果はありませんでした。

ある日、彼女から来たメールを友人に見せると、「これ、ストーカーじゃん」と言われました。

その頃からだんだん怖くなり、本格的な対策を考えるようになりました。

幸い私は大学の単位をほとんど取り終えており、大学にあまり行かなくてもよい状態だったので、短期の契約社員の仕事を見つけ、遠方に引っ越すことにしました。

当然、住所も電話番号も変わり(当時携帯は持っていなかった)、会うことはなくなりました。

ただ、メールだけはしばらく来ましたけど…その後、大学を卒業し、他の学友から彼女のことを聞いたのですが、他の男性(妻子あり)に付きまとったりしていたそうです。

そして、旦那とは離婚したとのことでした。

大学も卒業したという話を聞かないので、途中で辞めたのかもしれません。

今になって思うのは、最初からハッキリ断っておけばよかったということです。

27歳女性 不倫関係を求めてくる既婚男性とSNS断ちで縁切り

社会人5年目、会社員の27歳女性です。

現在は関東で一人暮らしをしています。

私が縁切りをしたのは既婚男性でした。

彼とはSNSを通じて知り合い遊びに行く様な関係になりました。

そして自然と肉体関係も持つ様になったのです。

しかし、彼はその時既婚者であることを隠しており、私も失礼ながら彼の見た目から独身であると判断をして彼女や奥さんの有無を聞かなかったのです。

数ヶ月後彼の奥さんからSNSを通して連絡が入り、彼が既婚者であることを知りました。

彼を問い詰めると「嫁とは初夜からずっとレス、1人になることも考えている、言わなかったのは聞かれなかったから」と呆れる様な言い訳をされました。

彼から「大事にするし絶対にそっちに被害がいかない様にするから関係を続けて欲しい」と言われまだ情もあったのでレスに悩む彼をかわいそうに思い関係を続けることにしました。

しかし、大事にするといった舌の根も乾かぬうちに「共犯なんだから連絡は最低限で我慢しろ」「お金も時間もないからホテルしか行かない」「俺だって言いたいことあるけど、言わずに我慢している」など扱いが雑になってしまったことに気づきました。

その頃にはかわいそうという思いもすっかりなくなり彼にもう会わないし連絡も取らないと伝え離れました。

しかし時々くるSNSを通しての連絡には返してしまっていて、また会って関係を持つ様になりました。

また数ヶ月が経ち彼が出会い系サイトに登録して女性と会おうとしていたこと、そしてドタキャンされたこと(これには笑いましたが)を知り、糸が切れた様に彼に対しての執着の気持ちが失くなりました。

すぐにスマホを出させお互いのSNSをブロック、メールアドレスや電話番号も削除し一切連絡が取れない様にしました。

幸い共通の知人はいなかったため、縁を切ることが出来晴れやかな気持ちになりました。

どこで知ったのか一度だけメールが届きましたが、引っ越して他県に住んでいることもう会う気も連絡をとる気もないので2度と連絡しないでほしいことを伝えてそれ以来は連絡も来ていません。

一度情を持ってしまうと縁が切りにくいと思いますが、物理的に連絡が取れなくなると不思議と執着もなくなるものです。

縁切りで悩んでいる方はいっそその人のことは忘れスマートフォンも切ってどこかへ旅行に行くのはいかがでしょうか。

28歳で友人と縁切り

30代、女性です。

大学時代の友人と最近縁切りをしました。

彼女とは学部が同じ、ゼミも同じで学生時代はほとんど一緒にいました。

初めての彼氏に振られた時も、泣きながら電話する私の気持ちに寄り添い、ずっと話を聞いてもらいましたし、ヤケ酒ならぬヤケカラオケに一晩中付き合ってもらいました。

逆に彼女がゼミ仲間とうまくいかない時は、私が間に入って仲裁したり、仲直りのきっかけづくりをするなどして、お互いに頼り、頼られていました。

卒業後も関係は変わらず、彼女は留学へ、私は激務の営業職へと環境が変わっても、半年に一度は会い、お互いの近況を話しながらご飯をする仲でした。

そんな彼女のと関係が変わったのは、私が新卒で入った会社を辞め転職して3年が経った頃、彼女が留学から帰ってきて日本で就職をし始めた頃でした。

彼女はもともと海外志向が強く、英語も得意で、そのため留学していましたが、留学後の就職は難しく、大手の孫会社にやっと就職できたばかりでした。

今思えば、彼女もストレスがたまっていたのだと思いますし、私も仕事に慣れてきて少し横柄というか「私の方がよくわかる」と上から目線なことが多かったのだと思います。

彼女は就職したばかりの会社を辞めたいとお酒の席で私にこぼしていました。

その理由は、「日本の会社はブラックすぎる」ということでした。

話を聞いていると、確かにそういう面もありましたが、入社したばかりで華やかな企画の仕事が回ってこないことへの愚痴も多く雑用への愚痴も多くありました。

私は「最初はそんなもんだ」とよくいる先輩のような応答をしていたのですが、互いにだんだん熱が入り、言い方はキツくなりました。

そして、最後に彼女から「(私の名前)は正論かもしれないけど、言い方がネチネチしているよね、本当性格が悪い」と言われ、私はハッとしたのと同時に傷つきもう相談対応はやめよう、話を聞くだけにしないとと思いました。

(その場にいた友人からは、私の言い方もキツイがお互い様だったと言われました)それ以降なんとなく連絡を取るのがはばかられ、相手に誘われても仕事を理由に断るように、今や10年も会っていません。

27歳女 クズ男に自ら別れを宣言して縁切り

こんにちは。

27歳OLのみかちです。

大学進学とともに上京し、現在も東京で働いています。

私が縁切りしたのは3年間くらい片思いしていた男(以下A)です。

Aと知り合ったのは大学2年生の春頃。

当時の彼氏の自分勝手さに嫌気がさしていた私は、ネット上でメッセージのやり取りをしていたAと会うことにしました。

彼氏とのことを親身に聞いてくれる4歳年上のAはとても大人びて見え、まだ未成年だった私はすっかり惹かれていました。

しかしこのAという男、所謂遊び人の彼女を作らない男だったのです。

告白するも毎回曖昧な返事。

当時の私は可能性があると思っていましたが今振り返れば遊び人の常套手段です(笑)所謂友達以上恋人未満の関係が続きました。

そんなAに振り回されつつも片思い3年目に突入した大学4年生の春に、私にはとある趣味ができました。

その趣味に没頭していると、不思議なことにAのことなどどうでも良くなっていったのです。

その後私の態度が急変したと思った(冷たいと感じた)Aは常識ではない量のLINEや電話をよこしてきました。

私はただただドン引き。

しかし数年の付き合いで情もあったので、何度か遊びに出掛けたりする友達として関係は続きました。

そんなある時私に新たに好きな人が出来ました。

それなりに私の性格を知ってくれているAに片思いを相談したのですが、Aが私をあからさまに馬鹿にしてきたのです。

恐らくずっと追いかけてくれていた私が離れたことが面白くなかったのでしょう。

しかし私としては、私の告白にOKもNOも言わなかった(つまりはNOの意思表示をしていた)Aに文句を言う権利はないというのが本音です。

なんとか笑顔を作りながらその場に居ましたが、Aが言い放った一言で完全にプチンときました。

「お前頭お花畑だな(笑)」どれだけ人を見下しているんだと心の中でブチ切れた私は、自宅に帰った後「もう二度と関わるな」とAにLINEで告げ、電話番号もメールアドレスも着拒し削除、LINEはブロックからの削除で完全なる縁切りをしました。

その後私は引っ越しを繰り返したので家を知られることもなく、Aが今どこで何をしているのか知る術はありません。

あれだけ他の男に目もくれず一直線に大好きだったのに、最後は何の未練もなく縁を切れるものなんだと自分の冷たさに正直驚きました(笑)またずっと辛い片思いをしていた過去の自分をようやく解放してあげられた気分でした。

花の大学生時代ほぼ全てをAに費やしていたことは今でも後悔しています。

他に目を向けていれば絶対に素敵な人に巡り合えたのになーと。

人の気持ちを込めた告白に対して曖昧な返事をする人は誠実とは言えないので、同じような状況にいる方はすぐに見切りをつけるのが得策だと私は考えています。

27歳女 元カレの浮気相手をおまじないを使用し縁切り

はじめまして。

ゆきんこです。

私が縁切りをした人は、元カレの浮気相手。

元カレとは、バイトが一緒で浮気相手も同じ勤務先でした。

どうにかして、元カレを取り戻したい・・・浮気相手が消えてほしい・・・等といった思いが強くて、ネットで調べたら「おまじない」が即効で強力だと知りました。

時期は、もう曖昧になってしまいましたが、8年くらい前だったでしょうか。

おまじないに頼るしかない。

頼ってみようと思い決行しました。

その時にやったおまじないは「塩まじない」「人参に消えてほしい人の名前を彫り、1人で食べるやつ」「ろうそくを使用した呪文」「ただただ呟く呪文」「鏡を使用したおまじない」。

以上を、決行しました。

今思うと、結構怖いですね。

笑当時は、本当に浮気相手は消えてほしいし、元カレに対しては目を覚まして!って感じでした。

どの、おまじないが効果があったのか分かりませんが(←複数まとめてやってるから。

笑)、1~2ヵ月程してから浮気相手と分かれ、元カレとはよりを戻しました。

その時は、すごく嬉しかったです。

浮気相手は一切現れなくなりました。

ただ、数年後、私は元カレと別れました。

冷静になって考えたら、こいつとは一緒に居られない。

居たくない。

他にも理由はありますが・・・というわけで分かれました。

恋は盲目って言うじゃないですか?私も当時は、盲目だったのかなと思います。

後悔という後悔はありませんが、今考えると、おまじないする程でもなかったかなと・・・でも、当時はおまじないをして浮気相手との縁を切りたかったんです。

そして、現在またおまじないを決行しました。

「塩まじない」と「満月の力を借りたおまじない」です。

今回は、昔のような状況ではなく、冷静に考えて先の事も考え決行しました。

今回は、縁を切りたいとかではなく、実家から出て行ってくれという思いなのです。

これから、縁切りを行おうとしている方、先の事もよく考えて縁切りをしてください。

もしかしたら、自分に返ってくる可能性もあります。

おまじないですからね・・・本当に、この人と縁を切っていいのか?他に良い方法はないか?もう一度、冷静によく考えてみてください。

それでも、どうしても縁を切りたい。

自分に返ってきてもいいから縁を切りたい。

そう思うのなら、縁切りしてください。

後悔するかしないかは、あなた次第です。

41歳男、縁切り神社に行ってまで別れたかった彼女!

私は今、現在40代の会社員なのですが30代の時にお付き合いしていた彼女がいました。

お見合いパーティーで知り合いお付き合いすることになったのですが、いつも喧嘩ばかりをするようになったのでした。

ですので、私はそもそもお見合いパーティーに参加したのは恋愛は勿論のこと、結婚したくて参加したのです。

ですので、恋愛事態で上手くいかない人とは結婚なんて絶対に無理だと思い別れを彼女に伝えたのでした。

しかし、彼女は直ぐには納得が行かずなかなか別れることが出来ませんでした。

ですので、私は思い切って縁切り神社に行くことにしたのです。

何かを変えたくて、また変化を求めてです。

勿論、私の中ではもう別れることは当然のことでしたので、それをメインにお祈りに行きました。

すると、しばらくして彼女の方から別れを言ってきたのでした。

私は驚いたのですが、直ぐに承諾しました。

そして、私達はようやく別れることが出来たのでした。

今、振り返るとやはりその時に縁切り神社へ行ったのが良かったのかと思いました。

それ以降はその彼女とは会うことは2度とありませんでした。

また、幸いにも私はその後しばらくして、また新しい彼女をつくることが出来ました。

その彼女とはおかげさまで結婚することにもなりました。

今では結婚もして幸せに暮らしています。

もし、以前の彼女だったならば今ごろは恐らく既にもう離婚しているように思えます。

本当にあの時、縁切り神社へ行って良かったと思っています。

行ったからこそ何かの効果があったのか問題なくまた揉めることなく別れることが出来たので。

この先の人生では恐らくもう2度と行くことは無いと思いますが、もし行くことがあったならばその時にはまたしっかりとお祈りしたいと思います。

やはり、神様はいるのかも知れないと思いました。

縁切り神社とは本当に寂しいもので、また悲しい神社だとも思います。

本来ならば利用しないのが幸せなことだとも思いました。

23歳女 モラハラ婚約者に困り京都まで縁切り神社に行き縁切り

現在30代半ばの二児の母です。

わたしが縁切りにチャレンジしたのは今から12年前なのでまだ20代前半の頃のことです。

23歳の頃ですが、当時家電販売店で正社員として働いてた時に一つ下のバイトの男の子と出会いました。

とても気さくで人懐っこく面白い子だなぁと思い付き合いました。

彼は女性と付き合うのは初めてだったようで、とてもウブでそこも可愛かったですし、若いこともあってかトントン拍子で結婚の話に一気に進みました。

何度か彼の実家に行きましたが、お母様は離婚されてていないことをその時に知り、お父様は一流企業の社員で真面目で寡黙、兄弟も警察官と真面目な方、おばあさまも優しくして下ったのでわたしも結婚に前向きでした。

しかし彼は正社員でなくバイトのまま、定職につかず、車の免許を取っても乗り慣れていないのにヤン車に乗り、結婚式場の下見なのにふさわしくない発言の連発で不信感を抱くようになりました。

そして招待状を送った頃に新たなる事実がいくつか。

わたしの親の紹介で婚約者の彼は仕事につくのですが、実は不真面目な態度で困っていることがつたわってきたり、おばあさまがわたしの嫌味を言ってたこと、お兄様が引きこもりであること、一番恐ろしかったことはお母様が離婚した理由は彼が家庭内暴力を起こして逃げ出したとのことでした。

しかもそれを笑いながらいう彼に恐怖を覚えました。

それと同時に今まで気にしていなかった部屋の汚さ、不潔さ、執着心、束縛の態度が露呈しました。

親にそのことを話しても、今更婚約破棄はできないというのです。

もうわたしは無理だと思い、悩んでた頃に「縁切り」という言葉を見つけました。

どうすることもできなかったので。

そしてたどり着いたのは「縁切り神社」の存在。

京都にあると知り、わたしは次の休みの日に熱い夏でしたが一人新幹線で京都に向かい、神社へ。

安井金比羅宮というところです。

そして神社に行くと境内が狭いのにびっくり、そして縁切りしたいという絵馬のおどろおどろしさにびっくり。

わたしは効果あると思い、私もお札を買い、縁切りの穴に入りお札を貼って手を合わせてきました。

お守りも買いました。

他にも縁切りの井戸という、奥まったところですがタクシーを使い行き手を合わせ、家に戻りました。

すると今まで婚約破棄を反対してた両親がいきなり破棄を申し出る!と言い出し、彼の実家に行き、何か一悶着あるかと思ったらすんなり婚約破棄に。

執着心のある彼もあっさりと受諾。

メールも電話も変えて一切連絡なし。

こんなことであれば早く縁切りに行けばよかったと思いましたが、その後彼はホストになってギャルの女の子と歩いてるという目撃情報のみで一切今は彼の消息は知らず、縁切り神社と縁切り井戸の効果はバッチリでした!

26歳女 会社のお局に困り縁切り神社でお願いして縁切り

26歳女性です。

現在は、専業主婦をしています。

縁切りした人と出会った場所は、私の働いていた職場です。

事務をしていました。

私が縁切りしたいと思った人は、私の上司の女性でした。

その人から私は、仕事を教わっていました。

ただそのお局さんは、私のした仕事のミスや失敗を社員全員に聞こえるように怒ります。

お局さんは声を大きくして、私を見せ物のように立たせて怒ります。

その状況は、新人だった私には苦しく辛くここの会社に入ったことを悔やむくらいでした。

入社して1年が経った時、私は耐えられなくなりました。

毎日怒られ続け、そのお局さんのやった失敗もなぜか私の失敗にされられて、我慢の限界がきました。

人事部にも相談して改善を求めましたが、対応してくれませんでした。

その理由が、お局さんは古株だからあの人には誰にも言えないということでした。

その言葉を聞いて、あ然としました。

私は、人事に相談した次の日から、会社を辞めることを考えはじめました。

ただ普通に辞めるのも悔しいと感じていました。

インターネットで縁切りの神社を調べて、友達に付き添ってもらって行ってきました。

それもあってか、そのお局さんは旦那さんの転勤で会社を退職することになりました。

会社からお局さんが出ていってくれて、嬉しかったです。

縁切り神社は、効果が合ったと確信しました。

ですが、後悔していることがあります。

そのお局さんが辞めた後、私も辞めたのです。

人事部の言葉が引っかかり、ここの会社にいたくないと思ったのです。

ですが、なかなか仕事を辞めると正社員での働き先がなく、苦労をしました。

お局さんが辞めたのなら、私も踏ん張ってここの会社に居続ければよかったなと後悔をしました。

同じようなことで悩んでる方がいるのでしたら、我慢せずまずは会社に言いましょう。

それで、何もしてくれなかったら縁切り神社をオススメします。

効果があるか人によって違うかもしれませんが、何かに頼ることは悪くありません。

40歳男 勝手な解釈で悪者にされたので縁切り

現在40代になったばかりの男です。

非常に不愉快な思いをさせられたので、連絡を取らない様になりました。

怪我による影響であまり運動が出来ない状態なのですが、体は出来るだけ動かしたいと思い、スポーツのサークル(卓球)に入りました。

 そのサークルの管理者をしていた女性の方ですが、そのサークルは出来たばかりで経験者が少なく、自分がたまたま経験者であった事から「教えてもらいたい」という事で簡単な打ち方等を教え始めました。

 これであれば自分も軽い運動なので負担が少なく、楽しみながら出来る と思い、当初は楽しく続けておりました暫くして人数が増え、出来る人と出来ない人との差が出だし、出来ない人の中から「教えてもらいたい」という声が上がったので「自分でよければ」と言い、サークルとは別の日に初心者の方を中心に自分が教える事となりました。

 サークルの管理者の方も熱心で「ありがとうございます 助かります」と丁寧に対応しており、こちらとしても出来る範囲で協力できればと申してましたから、この時点では特に問題ありませんでした。

 ある時、多少経験がある程度の人が来た際、教える事はしないばかりか、非常に横着な態度や言動が見られ、非常に不愉快に感じておりましたが、その場で言うと雰囲気が悪くなるのも良くない と思い黙っていました。

 帰り際に私が近くにいるのを知らなかったのだと思いますが、私に対する事を「大した事がない」というような事を相手に言っていました。

 相手は「わかりやすかったです」と言っていただけに少し困惑気味の表情を見せていましたその後管理人から「今回も有難うございました」という様な内容の連絡がありましたが、その際に具体的な内容は伏せ「不愉快なことがあった」旨を先方に伝えました。

 先方は「申し訳ありません」と謝罪を伝えてきましたが、先方が謝る事でもないので「貴方が謝る必要は無いですよ」と伝え、その場で終わる筈でした。

 ところがその後、全く連絡が来なくなりました どうやら私が「教えた事をいう通りにしないのが気に入らないらしい」という間違った方に解釈され、一方的に悪者にされるという事になりました。

 露骨な対応を取られ、非常に気分が悪かったですこの件で嫌気が差し、こちらからも連絡を全くする事は無くなったので、電話帳からメールまで全て削除しました。
 体よく使われていた事も少なくなかったのでいい機会でした。

向こうから縁切りをするように仕向けるには

縁切りをこちらからするのは、気まずいというかたも多いでしょう。

そういう方は陰陽師が作成する縁切りの護符を注文されるといいでしょう。

どんな感じなのかについては『縁切りお守りの効果がありすぎた件』の口コミが参考になります。

具体的な行動というよりおまじないような方法ですので、マイナスになりにくいのがいいところだと思います。